2014年 04月 18日

キングサリ Cytise faux ébénier


f0330072_334568.jpg


キングサリ 漢字では、金鎖。仏名Cytise faux ébénier 学名 Laburnum anagyroides


長いこと黄色い藤だと思っていた花の本名はキングサリ。
キバナフジと呼ばれることもあるそうだが、藤とは異なる。

f0330072_385475.jpg

4月16日 下のマレにて撮影


藤の花が咲いたと思うと、このキングサリも少し遅れて咲き始めるのだ。


f0330072_3134649.jpg


今日は久しぶりに曇り空。

f0330072_3142637.jpg


公園のプラタナス並木が緑色に見えるようになってきた。

f0330072_3152747.jpg


カラーの花も咲き始め

f0330072_316455.jpg


セイヨウハナズオウは花盛り

f0330072_317222.jpg


ユリノキとマロニエの葉がわさわさと茂り、それぞれ花の準備も始まっている。

f0330072_318447.jpg


ひときわ華やかなのはツツジたち。

f0330072_3185069.jpg


ハンカチノキを見上げると

f0330072_3193313.jpg


少しくたっとして疲れているように見える。

f0330072_3201454.jpg


花がかなり開いているから、そろそろハンカチの役目は終わりなのかもしれない。
そろそろハンカチ落としが始まるかな。

f0330072_321913.jpg


芍薬はなかなか開かない。
開くための力をぎゅーっと貯めてるのかもしれないね。

f0330072_3221149.jpg


「なんか最近、あたしの出番が少ないような気がするな・・・」

Bonne nuit. A demain.
おやすみなさい。また明日。
[PR]

by echaloterre | 2014-04-18 22:59 | 植物の名前


<< 空にうさぎが跳ねる      マレの春仕事 31 クロウタド... >>