フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 30日

白いイヌタデは、オオイヌタデ!!


f0330072_22453937.jpg


アカマンマやエゾミソハギの間に、白いイヌタデが咲いている。

f0330072_224724.jpg


アカマンマよりも落ち着いた感じの可愛らしい花

f0330072_22473712.jpg


コンデジの限界に迫る!マクロ撮影。

この花が、シロバナサクラタデではないか・・・と教えてもらったのであるが
どうも花の付き方が違うようだ。

そうすると、シロバナイヌタデではないか。

シロバナハナタデというのもあるようだが、これは葉の形も違うようだ。

さて、みなさんのご意見いかに??

f0330072_22524681.jpg


マレで咲いているこの花の葉は細く(手前にわさわさと咲いているのは、セイヨウイラクサ)

f0330072_2256524.jpg


アカマンマの葉に黒い斑が入っているのに対して、白い花の葉には斑が入っていない。
アカマンマと呼んでいるものも、日本のアカマンマとは違うかもしれないな。

・・・

追記(8月31日)

更に調べたところ、これは、オオイヌタデであろう!ということがわかりました。

オオイヌタデ(大犬蓼)

このサイトの説明中の
「茎葉よく分枝して高さは0.8~2mになり、節はふくらむ。葉は長さ15~25cmの披針形で、先は長くとがる。托葉鞘は筒状で、普通ふちに毛がない。花序は長さ3~7cmと長くて先は垂れ下がり、淡紅色または白色の花をつける。」は、まさにぴったりです。

タデ科の仲間 ← このサイトもタデ科の花の写真が並んでいて、わかりやすいです。

f0330072_23154875.jpg

[PR]

by echaloterre | 2015-08-30 23:01 | 植物の名前


<< 赤い実の季節の始まりと赤いトマ...      Salicaire commu... >>