2015年 09月 12日

赤い実、青い実


f0330072_21401528.jpg


公園のヨーロッパイチイ(欧羅巴一位、学名 Taxus baccata)の赤い実が秋を告げている。
日本で、オンコとも呼ばれるイチイ(一位、櫟、学名 Taxus cuspidata)とは実は同じに見えるが、葉が少し違うよう。
オンコの葉はまっすぐらしい。

f0330072_21322717.jpg


秋を代表するマロニエの実。このライトグリーンのイガイガの中にマロンが入ってる。
マロンと呼ばれるけれど、これは食用の栗ではなく、食用の栗は châtaigne シャテーヌ と呼ばれるもので
日本の栗のように毬に包まれている。

f0330072_2134068.jpg


ライトグリーンといえば、オセージオレンジの実。
この実の名前がオセージオレンジだとわかったのは、2010年のこと。もう5年前のことである!
学名 Maclura pomifera
仏名 Oranger des Osages オランジェ・デ・オサージュ
英語では、Osage-orange, hedge-apple, Horse-apple などと呼ばれているようだ。
今でもこの実を見る度に、怪獣の卵!と思ってしまうのは、最初にこの実を見たときと変わらないな。

f0330072_21412497.jpg


公園の木々には、黄色い葉が目立ち始め、落ち葉がはらはらと舞う姿を見ることもある。

f0330072_21393010.jpg


散歩する人たちの装いも秋らしくなった。

f0330072_21414847.jpg


「あたしは、雨で濡れた道で歩くのは本意ではありませんが・・・努力して、公園まで歩きましたよー」U^×^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-09-12 23:26 | 植物のアルバム


<< 姫りんごの秋の装い      今日も真っ黒カシュー >>