2015年 11月 26日

太陽を求めて 下のマレ散歩


f0330072_924895.jpg


鳥たちがよく鳴きます。姫りんごの赤い実を食べに来ます。

f0330072_932430.jpg


姫りんごの実を食べに来るのは、メルル(クロウタドリ)。遊ぶように枝から枝へ飛んでいるのは、ルージュゴルジュ(ロビン)やシジュウカラ。

f0330072_944358.jpg


毎年思うけれど、藤の葉は遅くまで青いままなのだな。

f0330072_952552.jpg


下のマレの入り口には、たくさんの小さな水たまり。

f0330072_955894.jpg


セイヨウシロヤナギの枝の影が美しい水面。

f0330072_963650.jpg


ローズヒップの実の赤さも美しい。

f0330072_97660.jpg


たくさんのヤドリギに宿られた木を見上げていたら、鶴の鳴き声が聞こえた!

f0330072_975478.jpg


まだ南へ渡っていない鶴たちがいたんだなと思いながら、1,2・・・と数を数えて
45くらいまで数えてもうすぐ終わりというときに、後ろから歩いてきたハンチングを被ってるムッシューが
「数えてるのかい?ずいぶん遅い季節の渡りだね」と声をかけてきて、ちょっとおしゃべりをしたので
結局正確な鶴の数は、わからずじまい。

f0330072_983345.jpg


そして、もう一度鶴の方を見ると、みな太陽に吸い込まれたように見えなくなった。
鶴たちも暖かい太陽を求めて、南へ向かって行ったんだな。

f0330072_911218.jpg


かっちゃんの足元の青い草に勢いをもらって、また歩きだす。

f0330072_912824.jpg


モネの小道から見えるカテドラルはシルエット。

f0330072_9123895.jpg


ヤドリギもまあるいシルエット。

f0330072_913678.jpg


この辺りは、ヤドリギ横丁とでも呼んであげようかな。

f0330072_9133874.jpg


ゆるやかに流れてる川の向こう岸には、暖炉用の薪が積んであるのが見えた。

f0330072_9142672.jpg


太陽に低く照らされた道

f0330072_9145526.jpg


影にも温かさが感じられる。

f0330072_915214.jpg


我々の影ものんびりして見えるね。

f0330072_9155844.jpg


まっすぐに伸びた銀色のポプラは太陽の方を向いている。

f0330072_9164745.jpg


舟を漕ぎだすムッシューの竿は、ゆっくりと舟を進めている。

f0330072_9172723.jpg


さっき見たポプラは、土手から見ると黒いシルエット。

f0330072_918418.jpg


ムッシューの島はどの辺にあるんだろう。

f0330072_9182926.jpg


水面にも雲が映り、ますます空が広く見える。

f0330072_919181.jpg


カテドラルに目を向けたら、同時にこの間見た柿の木が目に入った。

f0330072_9194745.jpg


実が減ってるね。

f0330072_9201221.jpg


あの辺りの我々の島の野菜たちは、寒さに耐えてるかな。

f0330072_921160.jpg


おや、猫たちの会議が始まった??みんなで餌を食べてるのね。

f0330072_9213997.jpg


明日か明後日、晴れ間があったら、畑に行こう。

f0330072_9221924.jpg


夜になって、マレの方から昇ってくる満月が見えた。

f0330072_9225013.jpg


f0330072_928963.jpg


いい月だな。

f0330072_9233325.jpg


「あたしの目も、まあるくて満月みたいでしょ?」U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-26 23:53 | 植物のアルバム


<< 霧降る日      marron マロン色の毛糸でも >>