フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 04日

イタリアの明るい色の毛糸たち


f0330072_2294242.jpg


いつもの毛糸屋さんに行って、マダムといろいろ話しながら、今度はイタリアの毛糸で編んでみることにした。

ひとつのメーカーは撤退するらしく、今後このお店には入荷しないとのこと。
そう言われると、前から気になっていたし、一度は編んでみたいじゃない~!
選んだのは、赤と黒の混ざり糸。
混ざった部分と赤の色だけが出る部分だけを編んで2つゲージを作ってみた。

もう一つのメーカーPlassardのグラデーションの糸は、オレンジ、赤、茶系の色のグラデーション。
Plassardは、フランスのメーカーだけど、この糸はMade in Italyと書かれている。
いつか段染めの毛糸を編んでみたいと思っているのだけど
どうも実際に段染めの毛糸を手にすると、編んでみようという気にならず
それよりもこういうグラデーションの毛糸の方に魅かれてしまう。


この糸は、夕焼け色かな。
以前、夕焼けをイメージして編んだものがあった。
母が残してくれた毛糸でChauffe-épaules ショフ・エポールを編んだのでありました。
それは、2010年の秋のこと。もう5年前!!
まだか髪の毛が短かった頃である。今や、10年でなく、5年ひと昔と言えちゃう。

この楽しい混ざり糸のおかげか、ゲージを編むのが好きになってきましたよ♪

イタリアは暖かいのに、いろんないい毛糸がたくさんあるのね。とマダムに言ったら
「イタリアの人たちね、編み物好きなのよ。たくさんの人たちが編み物してるのよー」と教えてくれた。
なるほど!とたんに思いがイタリアへ飛んだのであった。^^

f0330072_245140.jpg


今日のカチューは、マロン色のオーバーを着ています。
ずいぶん前に作ったソーイングケースは、刺繍のために作ったのに編み物で大活躍している。

f0330072_246378.jpg


主に必要なはさみと綴じ針、少しのあまり糸が収まってとても便利。
あとは、かぎ針が一本うまく収まるようにしたらもっといいかな。
この表のバラの刺繍は、刺繍を始めた最初の頃に図案を見つけてとても気に入って、楽しく刺したのであった。
それは、2013年の9月のことであった。
ほんとに時間が経つのは早いな。

f0330072_253465.jpg


朝は、姫りんごの背景が霧で覆われていることが多くなった。

f0330072_25455100.jpg


「カチューにはたくさんオーバーができたようですが、あたしには何もないのですか~??」U^×^U*
あれ、知らないの?かっちゃんにも何か編んでること知ってるでしょ??さて、何ができるのかな。^^
[PR]

by echaloterre | 2015-12-04 23:25 | 手しごと


<< 12月の街      12月の鶴 >>