フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 06日

着物に触れる日 <如月>


f0330072_1274450.jpg


桐の箪笥にずっと仕舞ってある母の着物をとりだしてみた。

f0330072_1283523.jpg


梅の花の柄。

f0330072_1285788.jpg


菊も一緒。

f0330072_1291791.jpg


これは羽織であった。
この下にどんな着物を着ていたんだろう。
きっとこの柄の中にある色の一色の着物を着ていたんだろうな。
母の着物姿は数えるほどしか見たことがないけれど
着物に触れると母の姿が思い浮かび、彼女の考えていたこともわかるような気がする。

f0330072_1312136.jpg


今日は母の誕生日。
それでちょっとだけでも着物を見たいなと思ったのだけど
毎月一度は、着物に触れてみようかなという気持ちになった。

対岸公園の梅の花ももうすぐほころびそうだ。

f0330072_1325855.jpg


冬から春へと変わろうとする空気や木々の様子が溢れている。

f0330072_1324435.jpg


お向かいさんのミモザはもう一歩で満開だな。

f0330072_1335093.jpg


空にはさざ波のような雲。

f0330072_1342264.jpg


今日の姫りんごはひと際にこやかに見えた。

f0330072_1345917.jpg


「あたしが着物を着るのはお正月だけ…でも着物ってきれいね♪」U^Ⅰ^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-02-06 22:22 | 日常の特別


<< Fjord-Look の靴下      シデコブシ、咲き始める >>