2016年 03月 20日

春分の日


f0330072_22142560.jpg


フランス人たちは、春分の日になると「春だー!」と言いだす。
昨日は「冬の最後の日」。
1月からすでに小さな春を感じるりんご姫は
「いやいや春はもうずっと前から顔を出しているのですよ」
とつぶやくのがしばしばだ。

f0330072_2216478.jpg


しかし、確かに!
フランスでは、春分の日には、しっかりと景色も天気も春らしくなっているのである。
あの暗くて日の短い長い冬がしっかりと終わったという気持ちになるのである。
フランス人たちが今日から「春だ!」と言いたくなる気持ちもわかるようになった。

f0330072_22175856.jpg


日本ではお彼岸のお中日。
お墓参りに行く時季ね。

f0330072_22185173.jpg


お墓参りに行くようなつもりで
マレの白いヒヤシンスを両親の写真の前に供えた。
今や、両親のお墓は、私にとって故郷そのものになった。

f0330072_22201937.jpg


またいつか、ゆっくりと手を合わせに行こう。
ヒヤシンスの香りの中でそう思う春分の日であります。

f0330072_22212975.jpg


「さあ、ゆっくりとマレに行きましょう♪」 U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-03-20 22:24 | 日常の特別


<< 原種系のチューリップ Anci...      ポルトガルキャベツの花の蕾 >>