2016年 05月 04日

5月人形と新緑


f0330072_18121623.jpg


兜飾りに


f0330072_18125509.jpg


何体かの人形


f0330072_18144254.jpg

50年前に弟のために両親が揃えた5月人形です。

実家を整理した時に
弟がいらないと言ったので
私が引き取ったのであります。
弟には息子が二人、つまり私にとっては甥っ子が二人いるので
彼らのための5月人形があって、そちらの方に気持ちが言っていたのでしょうから
弟の気持ちもわかり
そうかといって
捨てる気持ちにはなれず
すぐにもらってくれそうな友人も見当たらなかったので
それならば
とりあえず
フランスに持って行こう!

持ってきてしまった5月人形。

いいものですね~。
こうやって端午の節句にために
整えて飾る。

季節ごとの行事を滞りなく済ませていく。
昔から伝わってきていることには意味があるし
生活や心のリズムにも大事に思えます。

この兜飾りや人形は
いずれは
こちらの友人たちにもらってもらおうと思っています。


f0330072_18221309.jpg


公園は、まさに新緑の季節。
日本では今日、5月4日はみどりの日でしたね。


f0330072_18255186.jpg


ツツジも色鮮やかに咲いています。


f0330072_18291369.jpg


マロニエ、ユリノキ、ポプラも元気いっぱい。


f0330072_18310190.jpg


公園の正面の門にしっかり絡まっているフジはこんもりとしてきました。


f0330072_18321255.jpg


ポプラの前に立つ2本のヨーロッパナラの木は
生命のシンボル、まさにそのものです。


f0330072_18333050.jpg


辺りがどうも赤いなと思ったのは


f0330072_18342456.jpg


大きなブナの影に入っていたからでした。


f0330072_18351351.jpg


桂の並木


f0330072_18354132.jpg


プラタナスの並木、
ともにルネッサンスの季節といいたくなります。


f0330072_18365499.jpg


カテドラルの麓の別の公園でも緑が青々として
その中に見える赤い木は、セイヨウハナズオウです。


f0330072_18375059.jpg


マロニエの葉のべべたちのなんと勢いのいいこと。


f0330072_18381653.jpg


緑も人も輝く季節。


f0330072_18392887.jpg


木々や花、植物たちを、美しい風景や光景を、愛でること
それが大きな生きる意味でもあるなと確信する毎日です。


f0330072_18404404.jpg

「5月人形は、あたしのためのお人形??」 U^I^U*
そうね、あーたには、ひな人形より5月人形が合ってるわね。^^







[PR]

by echaloterre | 2016-05-04 18:45 | 日常の特別


<< 立夏の候の花たち      マロニエの花咲く! >>