フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 06日

着物に触れる日 <皐月>

f0330072_23194660.jpg


5月の着物に触れる日には
桐の箪笥からビーズのバッグを取り出してきました。
2年前にも記事にしたことがありましたが
手にするたびに、素晴らしいなと思う工芸品です。


f0330072_23200900.jpg


薄いピンク色のバックの裏側の刺繍


f0330072_23202474.jpg


白いバッグの裏の刺繍


f0330072_23203977.jpg


小さな金具の細工も丁寧に仕上げてあることがよくわかります。
何度見ても、いつ見ても手仕事っていいなという思いになります。


この2つのバックの入っている箱と並んで引き出しに入っている箱には


f0330072_23205770.jpg


結城紬のポーチが入っています。
子どもの頃、水戸に親戚がいたので時々遊びに行っていましたが
その頃に母が買ったもののようです。
使わずにしまってあったわけですが、そうです!
これは普段でもポーチとして使えばいいのです。

そんなことを思いながらポーチを開けてみると


f0330072_23212268.jpg


型崩れしないように入れられていた詰め物に目が行きました。
新聞紙をふわっと畳んで薄紙で覆っている物です。
すぐ見えるところには、銀座の小松ストアーの小さな広告が載っています。

これは開いて見たくなりますね。


f0330072_23214222.jpg


開きました!
昭和48年の新聞でした。
1953年ですね。

f0330072_23215783.jpg


サンケイ新聞の生活欄のようです。
昔から"高級"なものは記事になりますね。


f0330072_23221041.jpg


フランスの育児に関する記事も載っていました。
昭和48年、りんご姫は8歳でした。
いつかフランスで暮らすなんていうことはちっとも考えてなんかいなくて
家の周りの野原で元気に遊んでいた頃です。

こんな新聞が、このポーチの中に畳まれてるということを
2016年5月6日まで知らずにいて
たった今、この新聞を読むおもしろさ!!


長く生きれば生きるほど、こういう楽しみは増えるわけですね。

今度の日曜日は日本では母の日ですね。
フランスの母の日は、5月の最終日曜日です。

子どもの頃には、母の日と言うとカードに必ず「長生きしてね」と書いていたように覚えています。
なぜだろう。
あの頃は、みんなそういうふうに書いていたのかな。

先日、使っているメールアドレスのひとつにOutlookからメッセージが届きました。


**************************
受信トレイからお母さんと通話しましょう
母の日にお母さんと一緒にいられなくても、感謝の気持ちは伝えられます。 Outlook.com で Skype 通話を使用すると、受信トレイから直接通話できます。

***************************


このメッセージを見たとき
おや、これは天上の母ともスカイプでなら直接通話ができそうね!
と、笑いながらつぶやいてしまいました。

普段は、"毛糸電話"で天上の母と話をしていますが
母の日は、是非ともスカイプで直接、映像付きで会話をしたいものです。^^


その時には、
今、マレや街で咲いている花やこの季節の景色を見せてあげたいな。

f0330072_23223318.jpg


キンポウゲ畑はもうすぐ刈ってしまいますよ~

f0330072_23241076.jpg


カラーにはたくさん蕾が付いて


f0330072_23244015.jpg


次々に花が開いていってますよ~


f0330072_23251571.jpg


マレのリラは野性的でしょ。

f0330072_00552308.jpg


白いリラも綺麗ね。

f0330072_00583120.jpg


マレはとってもいいところよ。


そして、犬や猫が好きだった母に
かっちゃんの笑顔も見てもらいましょう。^^

f0330072_00592317.jpg


もちろん今でも天上から見ていてくれているに違いないけれど。^^

f0330072_01124109.jpg




[PR]

by echaloterre | 2016-05-06 23:37 | 日常の特別


<< セイヨウハナズオウとカテドラル      快晴の空色 >>