フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 14日

薄紫に染まる桐の広場

f0330072_00304335.jpg


メインの通りから小さい通りを抜けて
ふっと目を上げたら
薄紫の木々が小雨降る空の下に広がっていました。



f0330072_00292265.jpg


21本の桐が植わっている広場です。



f0330072_00283415.jpg


桐の花の色は
もう少し濃い紫のようなイメージを持っていたけれど
かなり薄い紫なんだな。



f0330072_00271644.jpg


藤の花の色に近いかもしれませんね。



f0330072_00255828.jpg


少し上を向いて咲きたいな
そんな花の気持ちが見えるような咲き方です。



f0330072_00244375.jpg


蕾の方が色が濃く見えますね。



f0330072_00235233.jpg


桐について話す度に、必ずと言っていいほど書いていますが
フランスで初めて桐の木を見たのは

そして、その翌年、つまり昨年になって
実は
我が町にもこの桐の広場があったことに気が付いたのです。


f0330072_00231079.jpg


21本もの桐の木が植わっている広場というのは
フランスでも珍しいかと思います。

枝をたっぷりと広げて
花を咲かせている木々たちを見るのは、とても嬉しくて
胸もお腹もいっぱいになるような気がしました。



f0330072_00211974.jpg


5月7日に見たときは
青空の下でしたが、まだ花が咲き始めたばかりでした。



f0330072_00223878.jpg


青空の下の桐の広場もいいけれど
今日の小雨降る空の下のこの広場は
最高によかったな~。

桐を見るなら
こんな空の下で!とお薦めします。^^


f0330072_00571439.jpg






[PR]

by echaloterre | 2016-05-14 01:05 | 植物のアルバム


<< バラの季節の始まり      ソラマメの花開く >>