2016年 05月 30日

壁物語(1)

f0330072_19480765.jpg

カテドラルの周りのセイオウハナズオウの木々は
もうすっかり葉に覆われています。

f0330072_19482140.jpg

町の建物は、たいていが石作り。
その石の壁の傑作とでもいうのがこのカテドラルだな
そんな気持ちで何度も
この壮大な山のような石の塊を見上げてきました。

f0330072_19484565.jpg

フランスでいちばん大きいとされるこのカテドラルの正面は
大きすぎてカメラに全体が収まりません。

f0330072_19483202.jpg

このカテドラルは
11世紀のロマネスク様式の教会が基礎になっていて
その教会から、2世代3世代とかけて人々が石を積み上げ
13世紀にほぼだいたいができあがったようです。

f0330072_19485595.jpg

屋根を支える柱も高く美しく

f0330072_19491148.jpg

クリプト(地下聖堂)へ向かう入り口の上の彫刻は
芸術品以外の何物でもありません。

f0330072_19492225.jpg

いちばん奥にある聖母子像の後ろのステンドグラスは
16世紀のもの。

f0330072_19493423.jpg

その聖母子像側から見る天井

f0330072_19501505.jpg

南側の入り口の傍にある聖母像の後ろのステンドグラスは
15世紀のものです。

f0330072_19502670.jpg

柱の麓には、
もう消え入りそうになっている部分も多いですが
それぞれ彫刻が施されています。

f0330072_19503676.jpg

南側の入り口からは
石の芸術といえる門の向こうに広場が見えます。

f0330072_19504970.jpg

この石をひとつずつ積み上げていった作業を
想像すると
終わりの見えない作業の長さの前に汗を流す人たちの
表情が見えてきます。

f0330072_19522237.jpg

石作りの家々の奥に石造りのカテドラル

f0330072_19523507.jpg

一般の人たちには、そう簡単にはいろんな情報が入らない時代
この大きなカテドラルが
崇高なものに見えた人もいるでしょうし
押しつぶされるように重く感じた人もいるでしょう。
石の温かさと冷たさと
その両面が建物全体にも感じられるように思います。


f0330072_19525742.jpg

次の壁物語では
カテドラルのすぐそばを通る城壁の散歩道の壁をじっくり歩くことにしましょう。

f0330072_19530947.jpg

グレーの世界に色が現れると
ハッと
そして
 ホッとしますね。


写真は、5月26日に撮影したものです。


f0330072_01123962.jpg

「毎日毎日、雨が降っています。
今日は一日中、ザンザンと降っています。
大雨注意報も出ていて
あーあ、当分畑には行けそうにありません・・・
退屈です・・・」 U^×^U*





[PR]

by echaloterre | 2016-05-30 23:37 | 日常の特別


<< 壁物語(2)      畑が畑らしくなっていく >>