フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

2015年 02月 20日 ( 1 )


2015年 02月 20日

手紙回帰


f0330072_8441131.jpg


フランスで暮らすようになって初めの頃は、よく手紙を書いていたのに
その後、ネット環境がよくなるとともにメールで済ますことが多くなったり
いろんな忙しさにかまけて、手紙を書く回数はかなり減っていた。

慌ただしい時期にクリスマスカードや年賀状を書く気にもなれず
毎年唯一書いていたのは、年が明けてから少し落ち着いた頃の寒中見舞い。
頂いたカードや手紙に返事を書くのもこの季節に書くことが多い。

ゆっくりした気持ちで、どうしてるかな~と相手を思いながら手紙を書くのは楽しい。
自分の字で書く手紙は、やはりその思いが届くような気がする。

治療が完了したことを伝えたくて、長らく手紙を出していなかった伯父夫婦に寒中見舞いを送ったら
返事が返ってきた。
高齢の親戚たちの訃報も書かれていて、私自身も寂しい思いになったけれど
伯父夫婦も寂しい思いになっているのがよくわかった。
伯父の字で、最後に「またお便りください」と書かれていて、少々胸の詰まる思いがした。
その伯父は母の2番目の兄で、きっと私からの手紙は、亡くなった母のことも思い出しながら読んでいるんだろうな。
これからは、季節ごとに便りを書こうと思ったら、なんだか私も嬉しくなった。
返事を書かなくちゃと気にするだろうなという思いが、あまり手紙を書かなかったひとつの理由でもあるのだが
これからは、そんなことは思わずにたくさん便りを書こう。


f0330072_8443913.jpg


実家の庭に咲いていたスノーフレークと春蘭を鉢植えにして託した友人の誕生日が今日で
そのお祝いにカードを送ったら
「あの花たちは今年も元気に咲いてます」と連絡をもらった。
鉢植えを渡したのは、もう10年前になる。嬉しいな。

f0330072_845230.jpg


同じ年頃の友人とは「お互いに身体に気を付けようね」と声を掛け合う。
そういう年齢になったのだなとしみじみ思う。

さて、あの方、あの人に、次に出す手紙にはどんなカードを選ぼう、どんなカードを添えよう・・・
待っててね。 ^^


f0330072_9152948.jpg


今日は曇り空の街

f0330072_91696.jpg


カテドラルのそばで

f0330072_9164343.jpg


白や黄色のクロッカス

f0330072_9171641.jpg


そして、沈丁花も見つけた。

f0330072_91825.jpg


文化会館の扉のト音記号のように、少しうきうきした気分になる。

f0330072_9182140.jpg


お菓子屋さんには、犬の形をしたメレンゲのかわいいお菓子。

f0330072_91918.jpg


チョコレートの鼻が艶々してて、かっちゃんのお鼻にそっくりだった。

f0330072_920160.jpg


「むむ、また一歩春が近づいてきましたよ!」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-20 23:42 | 日常の特別