フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

2015年 11月 30日 ( 2 )


2015年 11月 30日

羊歯色の靴下を履いて12月へ


f0330072_254480.jpg


試し履きをしながら足のサイズにぴったりになるように調整しつつ仕上げたら
大足の人のソックスのようになっちゃったね。確かに大きな足なんだけど。^^

カチューには、ゲージをとるために編んだスワッチがちょうどいいオーバーになってさらにいい笑顔!

f0330072_284491.jpg


今回の爪先の編み方は、爪先の形にフィットしてとても気持ちがいい。
混ざり糸のソックスの編み方とちょっと違うだけだけど、履き心地が違うのね。

羊歯色のソックスは、毛糸だま2015年春号の11ページに載っている編み方で編みました。
毛糸の太さや編み針のサイズ、出来上がりのサイズや長さは変更してるので見た感じが少々違います~。


f0330072_2122053.jpg


今日は雨。

f0330072_2125747.jpg


しかしながら、かっちゃんは、濡れた道路の上を元気に歩き始めた!
諦めの境地か、少し暖かいせいか・・・きっとただの気まぐれね。^^

f0330072_2135566.jpg


遠い空に薄い水色の空を見つけたときには、嬉しくなったね!
この水色は、イルカ色の毛糸の色に似てるかな。
イルカ色の毛糸で編み物をしたのは、一昨年の12月のことでした。

f0330072_214497.jpg


「今日のパンには大きな穴が開いていたのだ!12月はきっと見通しのいい月になるね!」U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-30 23:23 | 手しごと
2015年 11月 30日

Générations Bataclan バタクラン世代 -パリのテロ事件から2週間が経って


f0330072_121454.jpg
(モンマルトルの丘から眺めるパリの街 10月19日撮影)


11月13日のパリのテロ事件から2週間が経って、27日の金曜日には、パンテオンで追悼式が行われた。

>
式典で歌われた"Quand on n'a que l'amour" 愛だけがあるとき



27日のリベラシオン氏の一面には犠牲者の名前と年齢が掲載された。

f0330072_2292766.jpg


年齢を見てわかるように、若い人たちが多い。
この13日のテロは、1月のシャルリー・エブドの事件と違って、一般の人、
特に楽しむことが好きで、オープンで、コスモポリットな若い人たちが標的になった。
事件後に、そんな若者たちをバタクラン世代と呼ぶようになった。

f0330072_2332270.jpg
(バタクラン劇場 11月17日 20minutesの11月26日の記事から写真をお借りしました。)


バタクランは、多くの犠牲者がでた劇場の名前だ。
事件当日、アメリカのグループのコンサートを1500名の人たちが見に来ていて
そのうちの89人が亡くなった。
先日会ったフィフィ兄の話では、孫のエリオットの友だちもその中に含まれていたそうだ。
エリオットは私も彼が3歳の時から知っていて、今は20になっているだろうか。
その彼が小さい頃から一緒に育ってきた友人が犠牲になったと聞くと、怒りの気持ちが大きくなる。

今、市民たちは、下記で紹介している事件で妻を亡くしたアントワンヌ・レリス氏の手紙にもあるように、怒りの気持ちをどうやってよい方向へ向けていこうか、思案してるところだと思う。

時間が経つにつれ、少しずついろんなことがわかってきているが、犯人を捕まただけでは解決しない根の深い問題がたくさんあることに気づかされる。

この事件には、中東の情勢から、現在の社会のこと、若者の心理、インターネットの存在等々・・・いろんなことが複雑に絡んでいて
簡単に「武器を使うのはよくない」とか 「欧米のやり方がおかしい」とかいう言葉で片付けてしまうわけにはいかないのだなと
私自身、この事態をきちんと理解したいという思いで、フランス人と話をしたり、テレビの討論を見たりしながら考えている最中である。

24日の時点で、この事件で怪我をして病院に入院中の人は161人、そのうち26人は重篤な状態だそうだ。




* テロのことや、フランスの事情を知る手がかりとして、冷静で的確に書かれていると思われる記事をいくつか載せます。

☆ いままでと同じ生活をする、それがテロへの答え 【パリ同時テロ点景】11月25日付
テロ後のパリの日常について

フランス人記者が語るテロとの戦い「憲法9条のある日本は軍事介入とは距離を置くべき」11月26日付
フランスのル・モンド紙の東京特派員フィリップ・メスメール氏へのインタビュー記事

テロの温床「モレンベーク」を歩く(上)複雑に絡まる人間関係11月25日付
テロリストたちの多くが幼少時を過ごし、あるいはその後出入りしていた地域、ベルギーの首都ブリュッセル西郊のモレンベークの街から事件の原因を考える。

パリ同時テロが示すもの(下) 欧州の自由主義に打撃 11月25日付
テロ対策としてどんなことをしていくべきなのかを考える。

☆ “あなたたちは私の憎しみを得ることはできない”
13日のテロ事件で妻を亡くしたアントワンヌ・レリス氏の手紙の訳を載せているDominick Chen氏のブログ


11月17日の投稿にも2つの記事を紹介しています。→ "パリ"
[PR]

by echaloterre | 2015-11-30 23:18 | 書いておきたいこと・社会