カテゴリ:書いておきたいこと・思い出( 4 )


2016年 05月 29日

ゾウのはな子の思い出

f0330072_20150289.jpg

井の頭公園の動物園のゾウのはな子が
69歳で旅立ったというニュースを読んで

まだ生きていたんだなと思ったのと、
そうか…
と寂しい気持ちになったのは

子どもの頃に
家族で井の頭公園によく行って、
はな子にも会ってたはずだからだと思う。
              

古いアルバムに貼ってあるこの写真のゾウは、はな子に違いない。

f0330072_20152242.jpg

写真を撮っている影の人は、きっと母だろう。
ゾウの写真も、はな子だからこそこうやって写真に撮ったのだろうと思う。

私も弟もこの時、生まれて初めてゾウやラクダを見たのかもしれない。

f0330072_20153540.jpg

なんだかとてもおしゃれに見える子供服である。

f0330072_20154512.jpg

昭和44年ごろの東京の公園のベンチに座る
小さな姉弟。
この赤いバスケットのことはよく覚えてる。

 
はな子、69歳までよくがんばった。
大きな役割を背負わされて日本へやってきたんだね。
いくら大きな背中としっかりした足があっても
その役割は重かったね。

ゾウ舎で横たわってるときは
微かに覚えてる故郷の景色や仲間たちのことを思い出していたかもしれないな。

動物園の存在に全面的に反対するわけではないけれど
動物は動物らしく
その動物があるがままのところで暮らせたらいいね。
人間も人間らしく、そのままに。
でも、人間らしくがどういうことかさえ
わからなくなっている世の中かもしれない。
自然が自然らしくあれば
人間も人間らしくいられると思うんだけどな。


今朝は
カッコウの声が
マレの方でよく響いていた。
雨に濡れた木々や葉がそうさせたのかもしれない。

姫りんごには、返り咲きの花がいくつか咲いている。

f0330072_20155505.jpg



[PR]

by echaloterre | 2016-05-29 20:40 | 書いておきたいこと・思い出
2015年 11月 13日

八ヶ岳の麓の紅葉 2015


f0330072_718824.jpg


八ヶ岳の麓に住むはたけ番さんが、今年はかつてなく見事な紅葉だと美しいノムラモミジの写真を送ってきてくれた。

それは5年前、2010年の11月、日本へ行った際に八ヶ岳までぶ~んとはたけ番さんに会いに行ったのであった。

東京では、イチョウの黄葉がとても眩しく、八ヶ岳や箱根では紅葉がとても美しかった。
あれから5年、モミジはさらに大きくなってこの秋も真っ赤になったのだな。

穏やかで静かで楽しい時間、おしゃべりの場面や出かけた先の様々な景色は今でも覚えている。
時が流れる間には、いろんなことがあるけれど、こうした嬉しい時間を思い出すことは、
通りを歩いていて、ふっと明りの付いた温かい部屋の窓をのぞくように、気持ちがほっとするものだな。


f0330072_7342753.jpg


また八つの風に吹かれに、はたけ番さんに会いに!行ける日を楽しみにしながら
大事な思い出のアルバムに、今年のこの赤い紅葉を加えておこう♪ ^^
[PR]

by echaloterre | 2015-11-13 22:15 | 書いておきたいこと・思い出
2015年 03月 03日

遠い桃の節句


f0330072_956573.jpg


47年前と思われる桃の節句。

桃の花と白酒と、ご馳走は何だろう。

昭和の香りがぷんぷんするな。
[PR]

by echaloterre | 2015-03-03 09:58 | 書いておきたいこと・思い出
2015年 02月 28日

ミモザの思い出

f0330072_8432275.jpg


南仏の町のコメディ広場からエスプラナードを通り抜け
大きな美術館の前を通りすぎてすぐの角を曲がる。
小さな通りを歩き始め、ふっと上を見上げると
高い塀の上にミモザの枝が広がっていて、そこに小さな黄色の花を見つける。

あ~、春だなと思いながら、突当りを右に曲がって
少し先の塀から溢れている竹を見て歩き、右手の大きな緑の扉を開けて4階まで上る。

そのアパートの一室の窓からは、遠くに山も見えていたな。

春になると、そんな南仏の町の風景を思い出す。

そろそろアーモンドの花も咲きだすかな。
エスプラナード広場にも、大きな大きなプラタナスが何本も植わっていて
大きな噴水を見下ろすように枝が広がっていた。
あの町は白くてきらきらと輝いてる町だった。

f0330072_8512953.jpg


この町では、ミモザの木が植わっているのを見たことがない。
今咲いているのは、南仏の町では見られなかった椿や

f0330072_8532062.jpg


ビバーナム ティナス Viburnum Tinus と思われる花。

f0330072_8545724.jpg


f0330072_8552213.jpg


先日、ボイラーの点検・清掃に来てくれたムッシュー・モランが
ミモザの苗をもらったから植えてみると言っていた。
果たして、来年の春には黄色い花がつくだろうか。

f0330072_8563662.jpg


フランスでは、3月の第一日曜日は「おばあちゃんの日」。
花束や鉢植えの花を選んでいる人たちがたくさんいた。
いよいよ花の季節です。

f0330072_859812.jpg


「日曜の朝市で元気なミモザの花束があったら、お雛様のために買ってきてね。
それから、おいしいものもね!」 U^I^U*
はいはい。 ^^
[PR]

by echaloterre | 2015-02-28 23:41 | 書いておきたいこと・思い出