フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:表現されたもの、本・映画など( 3 )


2016年 05月 23日

コクリコ、ポピー、赤いケシ

f0330072_18155497.jpg


土曜日に
青い空を仰いで咲くコクリコを見上げていたら
思い出した。



f0330072_18163250.jpg
Kit* Summer Wild Flowers by DERWENTWATER DESINGS
Design* Rose Swalwell


イギリスのRose Swalwellさんの図案 Summer Wild Flowers に
刺繍のコクリコの花があったことを。
図案には、poppy ポピーと記されている。

この刺繍は
2014年の12月の終わりに記事にして以来、
ずいぶん長いこと引き出しにしまいっ放しだ。
この夏には
ぜひ、仕上げたいものです。



f0330072_18234520.jpg


そして
時々手に取って読んでいる須賀敦子さんの本の中の
『塩一トンの読書』に
「麦畑のなかの赤いケシの花」というエッセイがあることにも気が付いた。


映画『眺めのいい部屋』や『サン・ロレンッオの夜』の話に続いて
須賀氏の義母の言葉について書かれている。

≪金色の麦畑に赤いケシが咲いてて、と私は姑にどこかで見た風景の話をしたことがある。
夢みたいにきれいだった。すると、農家の出の彼女は、何やら変な顔をして私を見た。
いやあね、ケシの咲いた麦畑がきれいだなんて。そう彼女は言った。
私たちにとっては恥なのよ。あれは雑草にすぎないのだから。≫


風に吹かれて種が飛んで地に落ちて
花を咲かせるケシの花。
マレの畑にも、毎年どこかから種が飛んできて
思わぬ場所に花を咲かせる。

でもあるとき、マレの仲間が言った。
「コクリコが咲くっていうことは、除草剤を撒いてないってことだね。」
そう言われたとき
私にとっては、赤いコクリコの花が咲く畑が自慢に思えた。
「除草剤を使ってないBIOの畑なんですよ」
と、コクリコがみんなに説明してくれているのだ。


雑草の赤いケシが
恥の印になったり、自慢の種になったり・・・
時と場所によって見方は変わるものである。

今だって、コクリコが畑にたくさん咲いてしまったら
それは困ったことだけど
赤い花びらを風にひらひらさせてる花が
畑の片隅に咲いているのはいい眺めである。

当のコクリコは
そんなことは何も考えずに
風を受けて、ただひらひらと揺れているだけだけれど。
堂々と空を仰いでいる姿も
雨にしょげてる姿も
とても魅力的だ。



f0330072_21573609.jpg


今日のあのコクリコは
雨の中。


そういえば
昨年の6月に訪れた南仏プロヴァンスのリュベロンの小さい村にも
コクリコがたくさん咲いていた。



f0330072_23113256.jpg


そういえば、そういえば・・・



f0330072_23115444.jpg


赤いコクリコの花から
いろんな思い出が湧いてくる。






[PR]

by echaloterre | 2016-05-23 23:18 | 表現されたもの、本・映画など
2016年 05月 20日

5月の肩透かし - 小雨の小満の日に

f0330072_17031185.jpg



毎年こうだったかというと、そうではないかもしれないけれど
5月はいつもこう。


どんより空が続いた冬が終わり
3月末にサマータームに移行し
日が長くなるのがはっきりとわかってきて
日差しが強くなると
さあ、夏へ向かうぞ!
と気持ちが高揚して
サンダルとサングラス、日焼け止めを用意する。

そして、時には半袖で汗をかき
冷たいものが食べたくなり
よし、夏だ!!

と思うと、おや、寒いぞ
夏は逃げていっちゃったのかな
と不思議に思うわけだ。


こちらの暦には
氷の聖人たちのお通りとでもいうべき時期があって
その頃までは遅霜が降りることもあると言われているので
昔から、こういう空の調子だというのはきまっているのだろう
けれども
どうも、毎年5月の空には肩透かしを食らわされている気がする。

おそらく
日本の5月の空と混同して、私の身体に沁みこんでいる5月の気候が
この町の実際のそれとはちょっとずれてるんだな。



今日は、小満。

『日本の行事・暦』のサイトによると
小満とはこのような日。

≪5月21日頃(2016年は5月20日)。
および芒種までの期間。
太陽黄径60度。
立夏から数えて15日目頃。

陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満といわれています。

ようやく暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始め、紅花が盛んに咲き乱れます。
梅の実がなり、西日本では、走り梅雨がみられる頃。田植えの準備を始める頃でもあります。≫



確かに万物の成長する気が長じて天地に満ち始めている!
日本の暦は、我が町の季節ともよく重なっている。

少々寒くとも
植物たちは、上手に肩透かしを予想しながら
毎年、気温に合わせるかのように少しずつ開花の時期をずらして
うまく空の調子に合わせている。


上の写真は
少し開き始めたピラカンサスの花たち。
小さくて硬い緑の蕾から
ゆっくりゆっくりと膨らんで小さな花をたくさん咲かせる。
夏の終わりには真っ赤な実になり目立つので
多くの人がピラカンサスだと気が付くけれど
この美しい白い花がピラカンサスだということを知ってる人は
少ないかもしれない。

私も、この道を四季を通じて何度も通っているうちに
この花がピラカンサスだと気付いたのだったな。



普段より、文をたくさん書きたくなったのは
天気がぐずぐずして
少々風邪気味のようで
大人しくしようと
じっくりと本を読んでいるからであります。

さて、何の本を読んでいるのか・・・
その答えは
もう少し先のお楽しみ♪

f0330072_17050906.jpg



[PR]

by echaloterre | 2016-05-20 17:47 | 表現されたもの、本・映画など
2016年 01月 11日

暦のこと、着物のこと


f0330072_0564998.jpg


紅白の絞りのカメリアの蕾を見たのは、1月5日のこと

f0330072_0572647.jpg


10日には、上を向いて美しく咲いていました。

f0330072_0575278.jpg


風が吹いて、ふわーっと蝋梅の香りがしてきたのは、5日のこと。

f0330072_058395.jpg


10日には、風がなくても優しい香りがしてきました。

植物たちも毎日少しずつ時を重ねて変化しているのがわかる今日は、1月11日。鏡開きの日です。

f0330072_10345.jpg
<1月1日撮影>



暦、特に日本の暦を身近に感じ、暦に合わせた料理や食べ物のことを興味深いなと思って、
自分なりに作って食べたりするようになったのは
畑を耕すようになってから、そして、病気の治療後から特にその思いが強くなったように思えます。

先人たちが、その日を大事に扱い、繰り返して行われてきた行事などには
人間の生きる知恵のようなものがたくさん詰まっているように思います。
それをひとつひとつ、きちんと祝ったり、執り行いながら季節を過ごして、一年を過ごす。
そして、それを繰り返して年を重ね、思い出も重なっていく。
その思い出がまた、次の世代に継がれていく。


ブログで知り合った鎌倉にお住いのMikiさんに、数日前
「先日幸田文さんの孫である青木奈緒さんの「親から子、孫にへ きものの愉しみ」という番組がありました。
季節を着る愉しみ、着た人の歴史を着る愉しみ、小物を組み合わせて変わる表情を愉しむ… しまっておかずに着こなしたいですね。」と
青木奈緒さんが、視点・論点で話された内容を教えてもらいました。

視点・論点 「親から子、孫へ きものの愉しみ

このアーカイブに書いてある内容を、長いですが下記に写しました。


 

≪二〇一六年が始まりました。新しい年を迎える表現は、明けまして……という挨拶のほかにも、年始、年頭、初春など、数々あります。時というものは一度過ぎたら二度と戻ってはこないものですから、一年の初めだけでなく、日々新たなのですし、私たちは刻々と、いつも新しい時と向き合っています。

それでも毎日は朝夕のくり返しですし、曜日も月も季節もめぐり、干支も十二年に一度でめぐります。時は過ぎて行くばかりではなくて、めぐるものでもあります。そうした感覚から、「年が改まる」「年立ち返る」という表現も生まれるのでしょうか。単に新しい年の初めというだけでなく、改まる、立ち返るということばには、一度立ち止まって思いを新たにする、旧年に思うように運ばなかったことがあれば、その点を改め、そして、これまでつづいてきたお手本となるもの、基本となることを再確認して、今一度居ずまいをただして気持も新たに始めるという意味がこめられているように思います。

その意味でお正月に着るきものは、常普段とは気持の上で少し違う、改まった感覚があります。今日、私が着ている梅の小紋は、祖母の幸田文が私がまだ小さかったころに先行き着るようにと用意してくれたものです。毎年、一月、二月の梅の時季にはずっと着ていて、また季節がめぐって、今年もまた梅の柄が小さいのを頼りに身につけてみます。時は過ぎて行くものですから、もう今年あたり着納めでしょう。

祖母はこのきものとは色違いで、赤地に白梅の小紋も一緒に用意してくれていました。地色が赤でより派手ですから、もっと若いころに着ていましたが、祖母が色違いで支度してくれた本来の意図は年齢による差ではなく、着る日の天気でした。寒さの底と言われる一月、二月、どんより曇りがちの日には暖かみのある赤地を、気温が低くても陽ざしの明るさに春が感じられるようであればすっきり白地を着たらいい、その日の天気で着るきものを選ぶようにと教えてくれたのです。

祖母自身、ある賞の授賞式に着て行くきものを色違いで二枚用意していたことがありました。祖母のきものには高価な訪問着はほとんどなく、何か祝い事とか、改まった席へ呼ばれたときは、白生地をその都度季節にふさわしい色に染めて、切りおろし、つまりまっさらなきものを用意して伺うことを身上としていました。授賞式当日の天気まではわかりませんから、どんな天気でも対応できるようにほとんど無地に近いきものですが、二枚、色違いで用意しておいたのです。

祖母は花柄が着たいと言った私に早いうちからいくつか、雰囲気がまったく異なる反物を支度しておいてくれました。濡れ描きの花のきものはそのうちのひとつで、白地に淡いピンク、オレンジ、黄色、藤色で大輪の花が描かれ、花の周囲を明るい緑の葉が彩っています。にごりのないやさしい色あいに魅了され、私は大輪の花を全身にまとう日を夢見て幼い日を過ごしていました。
やがて大人の寸法のきものを着られるようになって、実際に支度をととのえてくれたのは母の青木玉でした。きものは仕立てておきさえすればいつでも袖を通すことができますが、きもののほかに帯や小物類が必要です。濡れ描きにはあまり主張しない織り帯を選んで、なるべくコントラストをつけないとりあわせをした方がいいというのがこのときの母の意見でした。ずいぶん根気よく母と一緒に帯探しをした覚えがあります。

それというのも、帯ときものは、両方がぴたりとあうと、それぞれ単体で見ているときよりより佳く、お互いの力を引き出しあって、見違えるほどぐっと立ち勝った表情を見せることがあるのです。そんなとりあわせを見つけたときの満足は、きものならでは。きものという衣装の力強さ、色の繊細さを感じることができます。

もちろん、きものと帯のとりあわせは答えがひとつと限ったことではありません。黒地の花柄の友禅も祖母が私に選んでくれたきものの一枚ですが、小さいころの私はこのきものの色彩を大層強いように感じて、しりごみしていました。「これはいいきものになるよ」と言ってたのしみにしていたのは、むしろ祖母だったかもしれません。私が袖を通したときには祖母はすでに亡くなっていたのですが、初めのうちにしめていた帯は赤の綴れに金で菊の刺繍がしてある母の若いころのものをコントラストをつけて、その後は祖母の白い箔置きの帯でおとなしくまとめて着ています。子どものころ強いとばかり思っていた黒の友禅のきものも、帯次第で案外おとなしく着られるのは意外な発見でした。
こうしたきもののやりくりで役に立ってくれるのは、やはり家にある祖母や母のきものや帯です。何よりも空で考えずに実際に試してみることができますし、その上で新たなものを求めるにしても、自分の希望をよりはっきりとさせることができます。

母のきものとのつきあい方は、もちろん祖母ゆずりなのですが、似ているようで祖母と母にも差があって、一枚のきものでもあわせる帯の好みは違っていることがあります。全体に祖母の方が気性の立った着方をしていることが多く、母はどちらかといえばやさしく、色彩感覚もやわらかです。そうしたきものと帯のとりあわせや、全体の好みは一朝一夕で身につくものではなくて、手間っかき、暇っかきなのがきものの感覚の伝授なのでしょう。

ここ数年、私はだんだんに祖母が着ていたきものを着始めるようになりました。亡き人のきものを着るということは、その人の内側にすっぽりと入りこみ、包まれるような感覚を覚えるものです。目の中にはそのきものを着ていたころの祖母の姿、あるいはその後に着ていた母の姿が残っていますから、私がすぐに着心地良く着られるとは限りません。傍から見て似あうかどうかの問題ではなく、自分ときものの感覚的な折りあいです。

きものは人生の折々の日を彩る道標のようなものかもしれません。いつか祖母が歩いた道を母がたどり、また時を経て、私が歩く。私ひとりの時は刻一刻と過ぎ去って、二度ともとへは戻らないものですが、祖母、母、私の世代間で見れば、大きくめぐっています。祖母から母へ、そして私へ、きものの愉しみは尽きることなくつづいているように思います。≫


気になっている箪笥の中の母の着物のことを考えながら、この文を読みました。
着物も暦と同じように、日々を丁寧に行き、年を重ねていくためのとても大事なものだなと
着付けを習ったことなどないのに、やはり自分で袖を通したくなりました。

"きものは人生の折々の日を彩る道標のようなものかもしれません"
きっと、そうに違いありません。

今までは、着物を別の形のものへ変えようといろいろ考えていましたが
まずは、とにかく空気にあてて、着てみようという気持ちに変わりました。
もう少し気候のいい時季になったら、袖を通すことだけでもしてみたいと思います。

"亡き人のきものを着るということは、その人の内側にすっぽりと入りこみ、包まれるような感覚を覚えるものです。"
この感覚は、母が着ていたワンピースを着たときに味わっていますが、着物を着てみたらどう感じるでしょう。
普段は、自分の内側に亡き母を感じることがしばしばですが、着物を着たときに感じる自分の思いがどんなものか、楽しみになりました。

私にとっては、暦も着物も生きる道しるべなんだろうとはっきり感じながら
鏡餅を開き、餡子と一緒に食べた静かな時間は、この上もなく幸せな時間でした。


f0330072_1295029.jpg



* 追記 

青木奈緒さんが、視点・論点で「きもの今昔」「月に想う」「幸田文の世界」のタイトルで語った内容も
アーカイブスに収められています。ご覧になりたい方は、どうぞ。→

[PR]

by echaloterre | 2016-01-11 22:54 | 表現されたもの、本・映画など