フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日常の特別( 201 )


2016年 06月 01日

6月からは・・・

f0330072_19114983.jpg

2016年6月から
カシューとりんご姫は
ここにいます。





f0330072_19113895.jpg

[PR]

by echaloterre | 2016-06-01 19:00 | 日常の特別
2016年 05月 31日

5月の終わりに

f0330072_19095605.jpg

雨が降り続く今年2016年の5月です。

今から11年前の5月の終わりにこの町で暮らすようになり
ブログを始めたのは、その翌年。
もう10年もブログを続けていることになります。

カシューが我が家にやってきたのは
8年半前。

f0330072_19103655.jpg

小さくて毛が短かったけど
筋肉はすでにしっかりついています!

f0330072_19104620.jpg

マレで穴を掘ったり

f0330072_19105677.jpg

走ったり

f0330072_19111326.jpg

大きくなったけど
マレでのかっちゃんの活動はあの頃と同じ!
U^I^U*

ブログ11年目も
静かに穏やかに
変わらず続けていこうと思います。

毎日のように写真をたくさん載せているので
2年も経てば、画像の容量がいっぱいになり
今回もまたブログを移動します。

新しいブログの準備が整い次第
お知らせいたします。

f0330072_19101555.jpg

6年前のカシューとりんご姫

船上の船長さんと船頭さんとして
マレ活動も日々の生活も前進!!

これからもどうぞよろしくお願いします♪






[PR]

by echaloterre | 2016-05-31 19:30 | 日常の特別
2016年 05月 31日

壁物語(2)

f0330072_18110784.jpg

バラがのぞくこの塀の向こうは

f0330072_18112695.jpg

司教の館

f0330072_18113839.jpg

その少し先 振り返ると

f0330072_18115227.jpg

カテドラルがこのように見えるところから

f0330072_18120517.jpg

Promenade des Remparts 城壁の散歩道 が始まります。

f0330072_18121516.jpg

この城壁は、ガロロマン時代
4世紀の中ごろに建立されたもので

f0330072_18122770.jpg

当時の町の周りを囲んでいたものです。

f0330072_18124020.jpg

その後、
どの部分がいつ頃どのように修復されてきたか等は不明ですが

f0330072_18125004.jpg

その城壁の一部がこうして残っているというのは
中世の人々の暮らしを知るためにも
すばらしいことです。

f0330072_18130448.jpg

この道は、普段は地元の人の散歩道

f0330072_18133009.jpg

シーズンには観光客も多く通ります。

f0330072_18131420.jpg

この散歩道は、モクゲンジや桐、ニシキギなど
興味深い木々も植えられています。


f0330072_18135875.jpg

石の他に煉瓦も使われていますね。

f0330072_18141381.jpg

石を積むというのも芸術です。

f0330072_18143106.jpg

あまり完璧に修復していない

f0330072_18144717.jpg

そういうところは
フランスの"詫び、寂び"ともいえるかもしれません。

f0330072_18152161.jpg

石や煉瓦のひとつひとつに物語があるのだな。

f0330072_18153852.jpg

10分も歩かないうちに

f0330072_18155616.jpg

散歩道の終点です。

f0330072_18161267.jpg

突当りの左右には

f0330072_18164385.jpg

町の上方と

f0330072_18170216.jpg

町の下方へ向かう小道になっています。
ここは、ガロロマン時代から
町の上と下を結ぶ抜け道、近道だったそうです。

フランスには小高い丘の上に作られた町が多いですが
我が町のカテドラルも丘のいちばん高いところに建っているわけです。

f0330072_18150374.jpg

写真は、5月23日に撮ったものです。
この日も、
老いたゴールデンレトリバーと飼い主のおじいさんを見かけたのでありました。

この散歩道を観光化のために
もっと整備しようという地元の人たちの話もあるようですが
このままの静かな姿を残す方が
真の観光のためにもいいんじゃないかなと
個人的には思います。

f0330072_18134416.jpg

23日は、まだ桐の花が咲いていましたが
今日、31日は、もう散ってしまっていることでしょう。

f0330072_18172709.jpg

町の上と下を結ぶ小道の壁に終わりの藤が咲いていたのは、
26日のこと。

f0330072_18173927.jpg

今日は雨の中で
タチアオイの蕾が大きくなり

f0330072_18175089.jpg

ご近所のクレマチスが明るく咲いています。




[PR]

by echaloterre | 2016-05-31 18:48 | 日常の特別
2016年 05月 30日

壁物語(1)

f0330072_19480765.jpg

カテドラルの周りのセイオウハナズオウの木々は
もうすっかり葉に覆われています。

f0330072_19482140.jpg

町の建物は、たいていが石作り。
その石の壁の傑作とでもいうのがこのカテドラルだな
そんな気持ちで何度も
この壮大な山のような石の塊を見上げてきました。

f0330072_19484565.jpg

フランスでいちばん大きいとされるこのカテドラルの正面は
大きすぎてカメラに全体が収まりません。

f0330072_19483202.jpg

このカテドラルは
11世紀のロマネスク様式の教会が基礎になっていて
その教会から、2世代3世代とかけて人々が石を積み上げ
13世紀にほぼだいたいができあがったようです。

f0330072_19485595.jpg

屋根を支える柱も高く美しく

f0330072_19491148.jpg

クリプト(地下聖堂)へ向かう入り口の上の彫刻は
芸術品以外の何物でもありません。

f0330072_19492225.jpg

いちばん奥にある聖母子像の後ろのステンドグラスは
16世紀のもの。

f0330072_19493423.jpg

その聖母子像側から見る天井

f0330072_19501505.jpg

南側の入り口の傍にある聖母像の後ろのステンドグラスは
15世紀のものです。

f0330072_19502670.jpg

柱の麓には、
もう消え入りそうになっている部分も多いですが
それぞれ彫刻が施されています。

f0330072_19503676.jpg

南側の入り口からは
石の芸術といえる門の向こうに広場が見えます。

f0330072_19504970.jpg

この石をひとつずつ積み上げていった作業を
想像すると
終わりの見えない作業の長さの前に汗を流す人たちの
表情が見えてきます。

f0330072_19522237.jpg

石作りの家々の奥に石造りのカテドラル

f0330072_19523507.jpg

一般の人たちには、そう簡単にはいろんな情報が入らない時代
この大きなカテドラルが
崇高なものに見えた人もいるでしょうし
押しつぶされるように重く感じた人もいるでしょう。
石の温かさと冷たさと
その両面が建物全体にも感じられるように思います。


f0330072_19525742.jpg

次の壁物語では
カテドラルのすぐそばを通る城壁の散歩道の壁をじっくり歩くことにしましょう。

f0330072_19530947.jpg

グレーの世界に色が現れると
ハッと
そして
 ホッとしますね。


写真は、5月26日に撮影したものです。


f0330072_01123962.jpg

「毎日毎日、雨が降っています。
今日は一日中、ザンザンと降っています。
大雨注意報も出ていて
あーあ、当分畑には行けそうにありません・・・
退屈です・・・」 U^×^U*





[PR]

by echaloterre | 2016-05-30 23:37 | 日常の特別
2016年 05月 25日

草の上で踊ろよ踊ろ♪

f0330072_00064032.jpg


草の上は気持ちがいいねーー



f0330072_00070633.jpg


思いっきり足もあげて踊っちゃうよー



f0330072_00065489.jpg


右に左に身体を振って



f0330072_00071840.jpg


草に背中を撫でられてるみたい!


f0330072_00073089.jpg


なんて気持ちいいんだろうー



f0330072_00074223.jpg


もうどこがどこだかわからないけど!
思いっきり踊っちゃおう♪



f0330072_00075354.jpg


久しぶりの青空が嬉しかった火曜日
かっちゃんは、その喜びを身体で表現したのでありました。U^I^U*



f0330072_00081547.jpg


いつもの公園のプラタナス並木が見える
対岸公園での出来事でした。


f0330072_00080399.jpg




[PR]

by echaloterre | 2016-05-25 23:30 | 日常の特別
2016年 05月 12日

Bunnykins バニキンズ

f0330072_20291071.jpg


まんまる満月のようなパン・オ・レザン。
おいしそうでしょ。

でも
今日の主役はこのパンではなく
周りを走ってるうさぎたち。

そう
Bunnykins バニキンズのお話です。

ブログを通して知り合った方々の中にも何人か
このバニキンズシリーズの食器をご存知で
持ってらっしゃることを知った時は
とても嬉しかったです。

今日は
我が家のバニキンズ勢揃い!


f0330072_20292121.jpg


山へ


f0330072_20293342.jpg


海へ


f0330072_20294336.jpg


宇宙へも
でかけるバニキンズ♪


f0330072_20295795.jpg


マグカップや


f0330072_20300819.jpg


ミルクピッチャーもあります。


f0330072_20301981.jpg


食器の裏に記されているロゴもかわいいのです。
うさぎたち、働き物ですね。^^

バニキンズのシリーズは
イギリスの陶磁器メーカー、ロイヤルドルトン社のものです。

この温かみのある絵とクリーム色の食器は
朝食に使っていて、いい一日の始まりを感じさせてくれます。

バニキンズについて紹介されているサイトを見つけました。

バニキンズについて

そこから一部を抜粋して記しておきましょう。

「イングランドの名陶ロイヤルドルトンが約80年前から製作しているバニキンズシリーズ。
世界的にはピーターラビット以上の人気があるかもしれないコレクターズアイテムです。
バニキンズは、1934年にバーバラ・バーノン修道女によって生み出されました。
バーバラのお父さんは、ロイヤルドルトン社の役員でした。
新しい子ども用食器シリーズを開発しようとしていた彼は、
バーバラが子どもの頃から描き続けていた個性的でユニークなうさぎのイラストこそ、新製品にぴったりだと思ったのです。
こうしてバニキンズは誕生しました。
その後約80年を経て世界中にファンを持つようになったバニキンズは、
今ではコレクタークラブもある人気のコレクタブルズとなりました。」


f0330072_20303241.jpg


よく使うのは、この2枚。


f0330072_20304775.jpg


バニキンズの家族にネズミたちも加わって
賑やかな場面です。


f0330072_20310713.jpg


「ねずみちゃんたちに、うわぎちゃんたち!!
一緒に追いかけっこをして遊びましょう♪」 U^I^U*






[PR]

by echaloterre | 2016-05-12 20:50 | 日常の特別
2016年 05月 06日

着物に触れる日 <皐月>

f0330072_23194660.jpg


5月の着物に触れる日には
桐の箪笥からビーズのバッグを取り出してきました。
2年前にも記事にしたことがありましたが
手にするたびに、素晴らしいなと思う工芸品です。


f0330072_23200900.jpg


薄いピンク色のバックの裏側の刺繍


f0330072_23202474.jpg


白いバッグの裏の刺繍


f0330072_23203977.jpg


小さな金具の細工も丁寧に仕上げてあることがよくわかります。
何度見ても、いつ見ても手仕事っていいなという思いになります。


この2つのバックの入っている箱と並んで引き出しに入っている箱には


f0330072_23205770.jpg


結城紬のポーチが入っています。
子どもの頃、水戸に親戚がいたので時々遊びに行っていましたが
その頃に母が買ったもののようです。
使わずにしまってあったわけですが、そうです!
これは普段でもポーチとして使えばいいのです。

そんなことを思いながらポーチを開けてみると


f0330072_23212268.jpg


型崩れしないように入れられていた詰め物に目が行きました。
新聞紙をふわっと畳んで薄紙で覆っている物です。
すぐ見えるところには、銀座の小松ストアーの小さな広告が載っています。

これは開いて見たくなりますね。


f0330072_23214222.jpg


開きました!
昭和48年の新聞でした。
1953年ですね。

f0330072_23215783.jpg


サンケイ新聞の生活欄のようです。
昔から"高級"なものは記事になりますね。


f0330072_23221041.jpg


フランスの育児に関する記事も載っていました。
昭和48年、りんご姫は8歳でした。
いつかフランスで暮らすなんていうことはちっとも考えてなんかいなくて
家の周りの野原で元気に遊んでいた頃です。

こんな新聞が、このポーチの中に畳まれてるということを
2016年5月6日まで知らずにいて
たった今、この新聞を読むおもしろさ!!


長く生きれば生きるほど、こういう楽しみは増えるわけですね。

今度の日曜日は日本では母の日ですね。
フランスの母の日は、5月の最終日曜日です。

子どもの頃には、母の日と言うとカードに必ず「長生きしてね」と書いていたように覚えています。
なぜだろう。
あの頃は、みんなそういうふうに書いていたのかな。

先日、使っているメールアドレスのひとつにOutlookからメッセージが届きました。


**************************
受信トレイからお母さんと通話しましょう
母の日にお母さんと一緒にいられなくても、感謝の気持ちは伝えられます。 Outlook.com で Skype 通話を使用すると、受信トレイから直接通話できます。

***************************


このメッセージを見たとき
おや、これは天上の母ともスカイプでなら直接通話ができそうね!
と、笑いながらつぶやいてしまいました。

普段は、"毛糸電話"で天上の母と話をしていますが
母の日は、是非ともスカイプで直接、映像付きで会話をしたいものです。^^


その時には、
今、マレや街で咲いている花やこの季節の景色を見せてあげたいな。

f0330072_23223318.jpg


キンポウゲ畑はもうすぐ刈ってしまいますよ~

f0330072_23241076.jpg


カラーにはたくさん蕾が付いて


f0330072_23244015.jpg


次々に花が開いていってますよ~


f0330072_23251571.jpg


マレのリラは野性的でしょ。

f0330072_00552308.jpg


白いリラも綺麗ね。

f0330072_00583120.jpg


マレはとってもいいところよ。


そして、犬や猫が好きだった母に
かっちゃんの笑顔も見てもらいましょう。^^

f0330072_00592317.jpg


もちろん今でも天上から見ていてくれているに違いないけれど。^^

f0330072_01124109.jpg




[PR]

by echaloterre | 2016-05-06 23:37 | 日常の特別
2016年 05月 04日

5月人形と新緑


f0330072_18121623.jpg


兜飾りに


f0330072_18125509.jpg


何体かの人形


f0330072_18144254.jpg

50年前に弟のために両親が揃えた5月人形です。

実家を整理した時に
弟がいらないと言ったので
私が引き取ったのであります。
弟には息子が二人、つまり私にとっては甥っ子が二人いるので
彼らのための5月人形があって、そちらの方に気持ちが言っていたのでしょうから
弟の気持ちもわかり
そうかといって
捨てる気持ちにはなれず
すぐにもらってくれそうな友人も見当たらなかったので
それならば
とりあえず
フランスに持って行こう!

持ってきてしまった5月人形。

いいものですね~。
こうやって端午の節句にために
整えて飾る。

季節ごとの行事を滞りなく済ませていく。
昔から伝わってきていることには意味があるし
生活や心のリズムにも大事に思えます。

この兜飾りや人形は
いずれは
こちらの友人たちにもらってもらおうと思っています。


f0330072_18221309.jpg


公園は、まさに新緑の季節。
日本では今日、5月4日はみどりの日でしたね。


f0330072_18255186.jpg


ツツジも色鮮やかに咲いています。


f0330072_18291369.jpg


マロニエ、ユリノキ、ポプラも元気いっぱい。


f0330072_18310190.jpg


公園の正面の門にしっかり絡まっているフジはこんもりとしてきました。


f0330072_18321255.jpg


ポプラの前に立つ2本のヨーロッパナラの木は
生命のシンボル、まさにそのものです。


f0330072_18333050.jpg


辺りがどうも赤いなと思ったのは


f0330072_18342456.jpg


大きなブナの影に入っていたからでした。


f0330072_18351351.jpg


桂の並木


f0330072_18354132.jpg


プラタナスの並木、
ともにルネッサンスの季節といいたくなります。


f0330072_18365499.jpg


カテドラルの麓の別の公園でも緑が青々として
その中に見える赤い木は、セイヨウハナズオウです。


f0330072_18375059.jpg


マロニエの葉のべべたちのなんと勢いのいいこと。


f0330072_18381653.jpg


緑も人も輝く季節。


f0330072_18392887.jpg


木々や花、植物たちを、美しい風景や光景を、愛でること
それが大きな生きる意味でもあるなと確信する毎日です。


f0330072_18404404.jpg

「5月人形は、あたしのためのお人形??」 U^I^U*
そうね、あーたには、ひな人形より5月人形が合ってるわね。^^







[PR]

by echaloterre | 2016-05-04 18:45 | 日常の特別
2016年 05月 03日

5月の写真カレンダー


f0330072_18435052.jpg


Nickさんの写真カレンダー、5月は菜の花と西駒。
菜の花畑の向こうに見える木々は、梨の木かな。

毎月楽しみにしているNickさんの写真をご紹介するのもすでに5回目。
花の季節へと移っていくのは嬉しいけれど
時が経つのはほんとに早いですね。


f0330072_18484566.jpg


山と渓谷のカレンダーは「シャクナゲ咲く屋久島・永田岳」
屋久島へ行ったのは、33年前のこと!
まだ春浅い3月のことでした。
海の傍では暖かいのに、山の上はまだ寒く
悪天のために宮之浦岳の頂上へは行くことができなかったのでした。
でも、山を降りる際に歩いたトロッコ径から見えた輝く海の姿はとても美しく
いい思い出もたくさん残っています。

屋久島や北海道の利尻島の利尻岳など
島にある山に登る醍醐味は、頂上から海が見える、海を見ながら山道を下る
そういうところにもあるかな。

f0330072_18545065.jpg


秩父のカレンダーは、実の山の山ツツジ園。
秩父の山もこれからいい季節ですね。
この時季には、雲取山や川苔山、蕎麦粒山などにも登ったな。
だいぶ昔のことになったので詳細を忘れていることに気が付かされます。

f0330072_18581059.jpg


手刷りの和紙のカレンダーには、柏餅の絵!
思わず口の中に、粒あん、こしあん、味噌餡の柏餅が現れそうです。^^

f0330072_18591234.jpg


今月は、Nickさんの写真を暖炉の上のコーナーに飾ってみました。
暖炉は閉じられていて、使ってはいませんが
こういうコーナーがあるのはいいものですね。

f0330072_1932326.jpg


外では
マレの入り口にある大きな白樺の葉が風に揺れて輝いています。
白樺の葉は裏が白いので、輝きも特別です。

カレンダーも外の景色も眩しい季節です。

[PR]

by echaloterre | 2016-05-03 19:05 | 日常の特別
2016年 04月 25日

祈りの重なり、光りの重なり


f0330072_1462369.jpg



f0330072_1465315.jpg



f0330072_147112.jpg



f0330072_1472718.jpg



f0330072_1475550.jpg



f0330072_1481077.jpg



f0330072_1484494.jpg



f0330072_149195.jpg



f0330072_1491962.jpg



f0330072_1493599.jpg



f0330072_1495941.jpg



f0330072_1501529.jpg



f0330072_1503262.jpg



f0330072_1515179.jpg



f0330072_152184.jpg



f0330072_1523699.jpg



f0330072_1525256.jpg

[PR]

by echaloterre | 2016-04-25 22:42 | 日常の特別