フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 45 )


2015年 12月 06日

<パリ 10月の旅> レ・アール界隈


f0330072_805531.jpg


再開発中のレ・アールを眺めて

f0330072_814310.jpg


サントゥスタッシュ教会の横を通っていくと

f0330072_8221100.jpg


毛糸やボタンなどのお店、la droguerieの前に行きつく

f0330072_8312100.jpg


今や、日本にもお店が5店舗もできているのよね。
並べられている毛糸のグラデーションが美しく、お客さんとお店の人との話を聞きながら店内を行ったり来たりするけれど
結局Rocoちゃんも私も、これ!と決めることができず、そのままお店を出た。^^

f0330072_818489.jpg


近くには、リボンのMOKUBAのお店もあって

f0330072_8183436.jpg


たくさんのリボンが吊るされたり、並んでいたね。

f0330072_8194841.jpg


この辺りには、キッチン用品のお店も並んでいる。

f0330072_8204311.jpg


10月の半ばは、ハロウィンの飾りつけだったけど、今はクリスマスらしく飾られてるでしょうね。

f0330072_8212441.jpg


扉の取っ手には、louche ルシュ お玉ね。

f0330072_823402.jpg


このしゃもじ、へらを使うには、大きな大きなお鍋が必要!

f0330072_825502.jpg


パリの街では、歩く歩く!

f0330072_827627.jpg


ルーブルの裏手を歩いて、セーヌの左岸へ渡って・・・
ああ、この日のお昼には、何を食べたんだったかしら・・・^^;

f0330072_8313447.jpg


おいしそうね~といいながら、トロペジェンヌのお店の前も通ったのでありました。
10月は遠くなりにけり~♪
[PR]

by echaloterre | 2015-12-06 23:53 |
2015年 11月 10日

<パリ 10月の旅> 輝いていた毛糸屋さん


f0330072_848579.jpg


秋や冬の少し暗い日の街で、毛糸屋さんというものはなんと輝いていることだろう。

f0330072_849492.jpg


10月のパリの街で

f0330072_8501017.jpg


何度となく前を通ったこの毛糸屋さんはひときわ輝いていた。

f0330072_8504834.jpg


この毛糸屋さんの存在を知らずにこの通りを歩き始め、ふっと目の前に現れたときの驚きと喜び♪

f0330072_852298.jpg


前を通る度に足を止め、中を眺め、時々入って毛糸をじっと眺めたり

f0330072_8524964.jpg


お店では、マダムが一人で働いていて、とぎれることなくお客さんがやってきて

f0330072_8533184.jpg


いろいろと相談したり、丸いテーブルに作品を広げてレッスンを受けていたり。

f0330072_855766.jpg


静かに賑わっていた。最後にお店の前を通った時には、マダムの他にもう一人女性が働き始めたようだった。

f0330072_8561020.jpg


近くの花屋さんにも、目を引く花束や花がいろいろあったな。

10月、我が町やパリを一緒に歩いた日本からやってきた友だちのROCOちゃんとは、編み物仲間♪
毛糸屋さんに行ったり、一緒にお茶をしながら編み物をしたり
ちょっとした編み物アトリエ合宿のような楽しい日々であった。^^

f0330072_859483.jpg


日本から持ってきてくれた本を参考にして、時にすっきりとわかならい文を一緒に読み解いたり
おしゃべりをしながらの編み物をするのは、とてつもなく楽しいことで
寒い地方の人たちが、暖かい部屋でこうやって冬を過ごしていた気持ちがよくわかったのである♪

f0330072_912588.jpg


毛糸は、我が町のお馴染みの毛糸屋さんでたくさん買って、さて何ができるやら~、いくつかの毛糸は靴下になる予定で、どんな靴下になるのやら~
と、お互いに楽しみにしているのである♪

f0330072_931241.jpg


私がとても気に入ったのは、ラクダの毛と絹が混ざった毛糸。
とっても手触り肌触りがよくて、これは首もとにあってほしいと思う心地よさなので
マフラーかネックウォーマーになる予定である♪

あー、編み物って楽しいわね~。^^
[PR]

by echaloterre | 2015-11-10 23:46 |
2015年 11月 04日

<パリ> バスティーュ広場からヴォージュ広場へ


f0330072_059497.jpg


バスティーユ広場の colonne de Juillet コロンヌ・ド・ジュイエ(7月革命記念柱)を見上げてから、ヴォージュ広場へ向かう。

f0330072_14226.jpg


何度もパリへ行っているのに、訪れていない有名な場所というものがまだまだたくさんあって、この広場もそのひとつだ。

f0330072_145546.jpg


アンリ4世が造らせて、ルイ13世の時代に完成した広場だそうで、そのルイ13世の像が立っている。

f0330072_19484.jpg


広場を囲んでる煉瓦造りの建物には

f0330072_11029100.jpg


ゴーチエやユーゴーが住んでいた家もある。

f0330072_1113135.jpg


柵の向こうからユーゴーが

f0330072_1115612.jpg


「次回はゆっくり訪ねにおいで」と声をかけてくれた。いい声であった。^^

f0330072_112385.jpg


この建物にはそれぞれたくさんの逸話があるようだ。

f0330072_1145046.jpg


ハープの音に多くの人が聴き入っていた。

f0330072_115746.jpg


画廊の絵がユトリロの絵に似ているなと思ったら、Maurice Utrilloとユトリロのサインが入っていた。

f0330072_1152381.jpg


10月の日曜日の午後、パリ散歩はまだ続く。
[PR]

by echaloterre | 2015-11-04 22:54 |
2015年 11月 03日

<パリ> Faidherbe通りの蚤の市 et モニックさんのお店


f0330072_2010880.jpg


さて、パリ。地下鉄に乗って11区へ。

f0330072_20104111.jpg


降りたのは、Faidherbe Chaligny駅。その日は、Faidherbe通りの蚤の市。
パリへ行くと寄るようになったモニックさんのお店、La Croix et La Manièreの住所をパリへ発つ前に確認していると
この通りの蚤の市の日と重なることがわかって、その日に合わせてお店に行くことにした。
今回のパリへの旅、こんな風な小さな偶然が重なってそれも楽しむ旅になった。^^

f0330072_20164462.jpg


通りに並ぶテントのお店の他、日曜日にもかかわらずいくつかの店舗もお店を開けていた。

f0330072_20191224.jpg


古いバイクのお店の前には

f0330072_20182446.jpg


看板娘の茶色のコッカスパニエル。大人しくみんなに撫でられていたね。

f0330072_20202966.jpg


モニックさんのお店では、モニックさん自身がビニール素材に刺繍をしている最中だったので
「ちょっと見てもいいですか?」と聞くと
「あー、これはもうすぐ出来上がるから、発表するときに見てね!」と言われてしまったよ。^^;
刺繍をしている手元をちょっと見たかっただけなんだけどね♪

f0330072_20224667.jpg


この冬は、編み物中心の手仕事にするので、刺繍のものは買わずに
以前から気になっていた生地を少しだけ。
Rocoちゃんがおまけでもらった小さな刺繍の本を、おまけのおまけでりんご姫がもらいました。Merci!!^^

11月は、パリの旅のお話とともに進みます♪


*パリの中心にあったメㇽスリーのDes Fils et une Aiguilleは、パリ郊外へお店が移転しましたよ。
またあそこへと思ってらっしゃる方は、どうぞお気をつけください。
新しい場所は、電車では行きにくい場所のようですが、いつかのぞきに行きたいと思っています。

CHIRACHI なるもの
[PR]

by echaloterre | 2015-11-03 20:06 |
2015年 10月 30日

パリで見たハロウィンのショーウィンドとオレンジ色のものたち


f0330072_851093.jpg


キャンドルや紙ナフキンのお店、カスパリのウィンドーはすっかりハロウィン。

f0330072_8514432.jpg


毛糸屋さんにも大きなかぼちゃが飾られて

f0330072_852736.jpg


市場の花屋さんではベニバナが目についた。

f0330072_8522959.jpg


植物園ではマユミのオレンジ

f0330072_8525151.jpg


そしてたくさんのかぼちゃたち!

日本のハロウィンは、年々にぎやかになってきてるようですね。
こちらは、地味に静かに・・・そんな感じに思えますが、そうでもないのかな・・・w

f0330072_8534950.jpg


カスパリのお店のそば、サンジェルマン・デ・プレ教会の裏手、ドラクロワ記念館の前の立派な桐の木には
今回も会いに行った。

f0330072_856798.jpg


木は芸術だな、と思わせてくれる。

f0330072_8564562.jpg

[PR]

by echaloterre | 2015-10-30 23:49 |
2015年 10月 30日

パリの紅茶屋さん


f0330072_2142826.jpg


パリに行くと必ず寄るようになったサンジェルマンのクスミティでは、今回、ラプサンスーションとスィートラヴを量り売りで買ったのであった。

f0330072_21441915.jpg


試飲させてもらったスウィートラヴは、クリスマスティのようにスパイスが効いてるけど、それよりは少し軽めの感じで
"中国紅茶と甘草・スパイス・ガラナ種子・ピンクペッパーの滑らかでスパイシーなブレンド。 朝鮮人参とガラナが体に活力を与え、スパイスが消化を助けます。" だそうだ。

f0330072_2143557.jpg


たまたまパリ滞在が重なって会うことのできたスェーデン帰りのsnooさんのお土産のビスケットや

f0330072_2145275.jpg


手作りのりんごのコンポ―トが紅茶ととってもよくあう♪
クスミティでは、売上の一部をピンクリボン月間として、がん研究に寄付するという活動に今年初めて取り組んでいる。
お店を出るときには、「メルシー、サンキュー、ありがとうございました。」と3か国語での挨拶。日本人客も多いのよね。

f0330072_21461152.jpg


snooさんとお茶をしたドゥ・マゴでの時間はとてもいい思い出♪
ドゥ・マゴの紅茶は、DAMMANN ダマン のものでしたね。

f0330072_21484226.jpg


もう一軒、5区にあるLa route du théは、お茶屋さんの雰囲気がたっぷり。
「日本茶が大好きだよ」という少し年齢の高いムッシューたちがお客さんとして多いよう。
以前、眺めていたい紅茶として記事に書いたヤグルマギクの入った紅茶は、パリに住んでいたreinaさんが奨めてくれたものでした。

f0330072_21545287.jpg


秋に紅茶、欠かせませんね。^^
[PR]

by echaloterre | 2015-10-30 21:57 |
2015年 10月 23日

サンジェルマン・デ・プレ


f0330072_19345753.jpg


ドウ・マゴのカフェから見えるのは、サンジェルマン・デ・プレ教会。
思いがけず、偶然お会いすることができた
長年のブログのお友だちとの短くも貴重な時間♪



[PR]

by echaloterre | 2015-10-23 19:33 |
2015年 10月 22日

パリの街角


f0330072_15110048.jpg


カフェのテラスから臨む何気ない夕方の街角。
今度の日曜日からは冬時間。
秋深まるパリでの休日♪




[PR]

by echaloterre | 2015-10-22 23:09 |
2015年 10月 21日

セーヌを渡って


f0330072_05375503.jpg


右岸から左岸へセーヌを渡って

f0330072_05461353.jpg


遅めのお昼は、ムール・オ・フリット♪




[PR]

by echaloterre | 2015-10-21 23:35 |
2015年 10月 20日

パリの毛糸屋さん


f0330072_14555210.jpg


美しい色とりどりの毛糸が並ぶお店。
曇り空の下で、毛糸屋さんは輝いている♪

f0330072_15005806.jpg






[PR]

by echaloterre | 2015-10-20 23:53 |