<   2015年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

ミモザの思い出

f0330072_8432275.jpg


南仏の町のコメディ広場からエスプラナードを通り抜け
大きな美術館の前を通りすぎてすぐの角を曲がる。
小さな通りを歩き始め、ふっと上を見上げると
高い塀の上にミモザの枝が広がっていて、そこに小さな黄色の花を見つける。

あ~、春だなと思いながら、突当りを右に曲がって
少し先の塀から溢れている竹を見て歩き、右手の大きな緑の扉を開けて4階まで上る。

そのアパートの一室の窓からは、遠くに山も見えていたな。

春になると、そんな南仏の町の風景を思い出す。

そろそろアーモンドの花も咲きだすかな。
エスプラナード広場にも、大きな大きなプラタナスが何本も植わっていて
大きな噴水を見下ろすように枝が広がっていた。
あの町は白くてきらきらと輝いてる町だった。

f0330072_8512953.jpg


この町では、ミモザの木が植わっているのを見たことがない。
今咲いているのは、南仏の町では見られなかった椿や

f0330072_8532062.jpg


ビバーナム ティナス Viburnum Tinus と思われる花。

f0330072_8545724.jpg


f0330072_8552213.jpg


先日、ボイラーの点検・清掃に来てくれたムッシュー・モランが
ミモザの苗をもらったから植えてみると言っていた。
果たして、来年の春には黄色い花がつくだろうか。

f0330072_8563662.jpg


フランスでは、3月の第一日曜日は「おばあちゃんの日」。
花束や鉢植えの花を選んでいる人たちがたくさんいた。
いよいよ花の季節です。

f0330072_859812.jpg


「日曜の朝市で元気なミモザの花束があったら、お雛様のために買ってきてね。
それから、おいしいものもね!」 U^I^U*
はいはい。 ^^
[PR]

by echaloterre | 2015-02-28 23:41 | 書いておきたいこと・思い出
2015年 02月 27日

3月へ向かう下のマレ


f0330072_7575679.jpg


青空に春を感じて外に出たら、風は冷たかった。

f0330072_7584057.jpg


下のマレでも静かな春の足音が聞こえる。

f0330072_7592628.jpg


木瓜もやっと元気に開き始めた。

f0330072_80916.jpg


太陽の光はまだ弱々しいけれど、明るい。

f0330072_81897.jpg


そろそろヤドリギが主役の季節は終りね。

f0330072_814020.jpg


かっちゃんの前方にはカモの夫婦。

f0330072_82191.jpg


土手につく頃には、空がグレーの雲に覆われてしまった。

f0330072_845459.jpg


でも、水路には、明るい空が映ってる!

f0330072_84330.jpg


「ねずみちゃーん、そんなところに隠れてるの??」

f0330072_854830.jpg


かっちゃんはねずみちゃんを見ながら、りんご姫母さんは土手に咲く小さな花を見ながら

f0330072_8201469.jpg


思わず頭から転げ落ちそうになった~ ^^

f0330072_865838.jpg


3月もこんなお天気が続くかな。

f0330072_873570.jpg


雲のある空も素敵だけど、畑日和が続きますように。

f0330072_882386.jpg


「畑日和が続くように、ちゃんと起きて待機することにします!」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-27 23:57 | 植物のアルバム
2015年 02月 26日

2月の終わりのお顔


f0330072_804525.jpg


3月がもう目の前。
明るいお顔のお人形たちの季節。

雨で静かな一日。笑顔も静かに季節を移動していくのであります。

f0330072_812083.jpg


「また何かおいしいものが食べられるかな… 桃の節句の夢を見てます。」U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-26 23:57 | 日常の特別
2015年 02月 25日

×・- ゲルダさんの SPRING FLOWERS ③ -・×


f0330072_7512522.jpg

Gerda Bengtsson " DANISH Floral Charted Designs" pp.10-11


前回から、あまり進んでいませんが・・・進んでいます。^^

本に載っている図案では、横長になるのですが
左右を少しカットしてだいたい24cm四方の正方形に仕上げます。
マレの水仙もチューリップも花が開くまでには、まだ時間がかかりそうなので、開花とこの刺繍の完成が同じ時期になるかな。

f0330072_7554680.jpg


すっきりと晴れる日がなかなかやってきません。今日も小雨の中のお散歩です。
公園の4種類の椿がきれいに咲いていました。

f0330072_7564563.jpg


f0330072_7572441.jpg


f0330072_7573888.jpg


f0330072_7575337.jpg


冬から春へ、ここでは椿の季節がとても長いのであります。

f0330072_7584776.jpg


「春本番が来たら、起こしてね!
久しぶりにコメント欄、開け~ゴマ!」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-25 23:50 | 手しごと
2015年 02月 24日

ちっちゃい春


f0330072_83411.jpg


カシューの散歩公園でパクレットの花が咲きだした。
Pâques パック(復活祭)の頃に咲くのでpâquretteパクレットと呼ばれているのだけれど
今年の復活祭は、4月5日。まだまだ先だ。
最近は、真冬以外はいつでも見られるようになった。と、毎年のように書いて何年になるかな・・・

f0330072_87134.jpg


足元に咲く花を見つけるのはかっちゃんの役目ね。

f0330072_88333.jpg


日向は暖かくて、重いオーバーはそろそろ脱ぎたくなる。

f0330072_89123.jpg


牡丹の初々しい新芽たちは次々と起き始めた。

f0330072_895472.jpg


ヒメオドリコソウもひっそりと咲きだした。

f0330072_811730.jpg


予報では雷雨と言っていたのに青い空。

f0330072_8113560.jpg


怪しげな雲も現れたが、かっちゃんが大声で吠えて追い返してしまった。^^

f0330072_812875.jpg


「しっかりとした春がやってきてほしいものです!」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-24 23:24 | 日常の特別
2015年 02月 23日

×・- マリーテレーズさんのパンジーとスミレ -・×


f0330072_8473156.jpg


Marie-Thérèse Saint-Aubin マリーテレーズ・サントバンさんのこのパンジーとスミレの本を手に取ったのは
いつも行く街の手芸屋さんの小さな本棚。
隠れるように置いてあった。
確か、高校生の時だったと思うけれど、家庭科の授業で刺繍したのがスミレの図案だったなと思い出した。

マリーテレーズさんの本の中で、最初に気になったのはVoyagesだったと思う。
繊細な絵のようなこの刺繍は、どういうふうに刺しているんだろう。そう思った覚えがある。

f0330072_8545793.jpg


今年は花の図案をどんどん刺繍していこうと年の初めに思ったので
まず我が家にお呼びしたのは、パンジーとスミレの本。
本の説明を読んだり、試しに少し刺してみたら、いろんなちょっとした工夫で葉っぱらしさがでるのだなと解って嬉しくなった。
じっくりじっくり楽しみます。


f0330072_951021.jpg


春は一歩進んで二歩下がる

f0330072_954158.jpg


そんな感じでとりあえずは前へ進んでいるようで

f0330072_961612.jpg


牡丹の赤く美しい新芽を見つけた。

f0330072_965671.jpg


晴れるのかと思ったら急に霰が降ってきたり、風が強く吹いたり
春は気まぐれから始まるのね。^^

f0330072_98162.jpg


「今日は仰向けで春を待ってみました♪」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-23 23:28 | 手しごと
2015年 02月 22日

春は空から柳から


f0330072_10191156.jpg


夕方、港から土手コースのマレ散歩に出かけたら
空と水面の雲、ほんわりと黄色くなってきている柳に春を見つけた。

f0330072_10221783.jpg


港では、かっちゃんの走る後ろ姿

f0330072_10225393.jpg


水を飲んでいるときの背中

f0330072_10233150.jpg


そして、その笑顔の中に春がいた。

f0330072_1024340.jpg


近くで見ると柳は、木全体が膨らんでいるように見える。

f0330072_10244865.jpg


我が島には、しっかりと川底の土が盛られている。

f0330072_10252717.jpg


土手は穏やかな空気に包まれていて

f0330072_10261121.jpg


歩くペースは、自然とゆっくりゆっくり。

f0330072_10272386.jpg


カモたちも、のんびり浮かんでる。

f0330072_1028855.jpg


そのうち何度も何度も立ち止まって、遠くを見たり、空を見上げたり。

f0330072_1029487.jpg


夕方、港から土手を歩き出すと、太陽は右手から差し、影は川の上に伸びる。

f0330072_10303483.jpg


日曜日は散歩している人も多い。

f0330072_10311278.jpg


スーッと横に伸びる雲

f0330072_10314468.jpg


向かう方向にもその雲が伸びている。

f0330072_10321747.jpg


空に伸びてるポプラにも春が宿っていた。

f0330072_10325726.jpg


さっきの雲が少し膨らんだ。

f0330072_10332848.jpg


足元にはプリムラやスノードロップ

f0330072_10341625.jpg


マレから姫りんご通りに戻る頃には

f0330072_10345099.jpg


さっきの雲がうろこ雲に変わっていた。

f0330072_10351970.jpg


流氷が溶けていく姿はこんな感じかな。

f0330072_10355084.jpg


建物が切り取る空の道

f0330072_10363393.jpg


春を告げる雲と一緒に歩いた日曜日。

f0330072_10372843.jpg


そして、夜7時ごろ、そろそろ夕食の時間だと思っていると、鶴の声が聞こえた。
空耳かと思ったけど、窓の外を見たら、北上する鶴の群れが見えた。
お帰り!と声をかけてから、カメラを撮りに行って窓辺に戻ると、もう姿はよく見えなかったけど空を撮ってみた。
右下の方にぼんやりと黒い点のようなものが見える気がする。北上中の鶴の点です。^^

f0330072_10402694.jpg


「鶴たちも、春を感じた日曜日だったんだね。ほらね、寝て待ってると春は向こうからやってきてくれるんだよ♪」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-22 23:23 | 雲のアルバム
2015年 02月 21日

×・- ゲルダさんの SPRING FLOWERS ② -・×


f0330072_6441033.jpg

Gerda Bengtsson " DANISH Floral Charted Designs" pp.10-11


春の花たちが姿を現し始めました。
影絵を見るような楽しさに似ているなと思いながら針を運びました。
リネンの地の色の花たち。
明るい色で染まっていない分、花たちも春の明るさを楽しみに待っているように思えます。

f0330072_6474623.jpg


左の白い水仙の刺繍は、SPRING FLOWERSと同じくゲルダさんの図案のフレメの刺繍です。
春が待ち遠しくなってきました。


f0330072_6543867.jpg


今日は色のない空。

f0330072_65613100.jpg


「つまらないな・・・雨も降ってきちゃったし、夕方にはみぞれになっちゃうし・・・

f0330072_657369.jpg


春は寝て待て!だな。」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-21 23:41 | 手しごと
2015年 02月 20日

手紙回帰


f0330072_8441131.jpg


フランスで暮らすようになって初めの頃は、よく手紙を書いていたのに
その後、ネット環境がよくなるとともにメールで済ますことが多くなったり
いろんな忙しさにかまけて、手紙を書く回数はかなり減っていた。

慌ただしい時期にクリスマスカードや年賀状を書く気にもなれず
毎年唯一書いていたのは、年が明けてから少し落ち着いた頃の寒中見舞い。
頂いたカードや手紙に返事を書くのもこの季節に書くことが多い。

ゆっくりした気持ちで、どうしてるかな~と相手を思いながら手紙を書くのは楽しい。
自分の字で書く手紙は、やはりその思いが届くような気がする。

治療が完了したことを伝えたくて、長らく手紙を出していなかった伯父夫婦に寒中見舞いを送ったら
返事が返ってきた。
高齢の親戚たちの訃報も書かれていて、私自身も寂しい思いになったけれど
伯父夫婦も寂しい思いになっているのがよくわかった。
伯父の字で、最後に「またお便りください」と書かれていて、少々胸の詰まる思いがした。
その伯父は母の2番目の兄で、きっと私からの手紙は、亡くなった母のことも思い出しながら読んでいるんだろうな。
これからは、季節ごとに便りを書こうと思ったら、なんだか私も嬉しくなった。
返事を書かなくちゃと気にするだろうなという思いが、あまり手紙を書かなかったひとつの理由でもあるのだが
これからは、そんなことは思わずにたくさん便りを書こう。


f0330072_8443913.jpg


実家の庭に咲いていたスノーフレークと春蘭を鉢植えにして託した友人の誕生日が今日で
そのお祝いにカードを送ったら
「あの花たちは今年も元気に咲いてます」と連絡をもらった。
鉢植えを渡したのは、もう10年前になる。嬉しいな。

f0330072_845230.jpg


同じ年頃の友人とは「お互いに身体に気を付けようね」と声を掛け合う。
そういう年齢になったのだなとしみじみ思う。

さて、あの方、あの人に、次に出す手紙にはどんなカードを選ぼう、どんなカードを添えよう・・・
待っててね。 ^^


f0330072_9152948.jpg


今日は曇り空の街

f0330072_91696.jpg


カテドラルのそばで

f0330072_9164343.jpg


白や黄色のクロッカス

f0330072_9171641.jpg


そして、沈丁花も見つけた。

f0330072_91825.jpg


文化会館の扉のト音記号のように、少しうきうきした気分になる。

f0330072_9182140.jpg


お菓子屋さんには、犬の形をしたメレンゲのかわいいお菓子。

f0330072_91918.jpg


チョコレートの鼻が艶々してて、かっちゃんのお鼻にそっくりだった。

f0330072_920160.jpg


「むむ、また一歩春が近づいてきましたよ!」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-20 23:42 | 日常の特別
2015年 02月 19日

我が町も近代化?! 街にショッピングセンター!


f0330072_7345066.jpg


この数年、ずっと工事中だった街の一角に"大型"ショッピングセンターがオープンしたのは昨日のこと。

f0330072_7364216.jpg


街全体の面積に比べたら、かなり大きな部分を占めているけれど
2階建ての低層の建物で、東京やパリなどのデパートやらショッピングセンターに比べたら小さいな。

f0330072_7392183.jpg


まだオープンしていないお店もあるからか、今一つ活気に欠ける。
それでも訪れる人の数は我が町としては多く、みな興味津々の表情をしているね。

f0330072_740323.jpg


habitatやZARA、MANGOなどのお店が入って、ちょっとおしゃれな感じ。

f0330072_7415074.jpg


フランスのたいていの町にあるスーパーのモノプリもやっと我が町に来てくれた。

f0330072_7442745.jpg


いちばん人が入ってたのは、このカフェ。

f0330072_7453687.jpg


車やバスなどで遠くから来ている人もいるだろうから、ちょっとひと休みしたくなるものね。

f0330072_7471733.jpg


建物の一部は住宅になっていて、その部分は6階建てになっている。
この写真は、常設市場のすぐ脇から撮ったもの。ここだけ見てると中世の街とは思えない。

中心街のはずれで、カシューの散歩公園のすぐ近くのこの場所。
昨日は、かっちゃんと一緒に周りをぐるっと散歩してみたのであった。

f0330072_7503216.jpg


かっちゃんは、ZARAには全く興味がないようだ。^^*

そして、今日はいくつかお店に入ってみた。かっちゃんは、もちろんお留守番。
だいたい予想通り、そして、町の住民たちの中でもそういってる人が結構いるように
まあ、このショッピングセンターがなくても支障はないわね・・・
少しだけ期待していたモノプリも、街で働く人たちが帰宅時にちょっと買い物するのにいいかな・・・という感じかな。

ただ、このショッピングセンターができたことで、若い人が以前より多く街に来るだろうし
人の流れも少し変わって、もともとあるこの近くのお店に少し活気がでるかもしれない。

ひとつ嬉しいのは、フラットな石畳。かつての石畳はでこぼこしていて、歩きにくいのだ。
この新しいフラットな石畳は、実に歩きやすい。車椅子を使う人にとっても優しいね。

さあ、このショッピングセンターがどんなふんに"進化"していくのか、時々のぞくことにしよう。


f0330072_7581117.jpg


午前中は少し日差しが暖かく明るく感じた木曜日。

f0330072_759436.jpg


プラタナスや

f0330072_7592780.jpg


ポプラや菩提樹やナラ

f0330072_80492.jpg


そして、街路樹のサルスベリ

f0330072_804513.jpg


みんな、春に向けてぎゅーっと力を蓄えてる。

f0330072_814982.jpg


「あたしも、ぎゅーっと・・・小さくなってるのは、午後はちょっと寒くなったから!」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-02-19 23:33 | 日常の特別