フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 31日

赤い実の季節の始まりと赤いトマトのタルト


f0330072_6141382.jpg


姫りんごの実が赤くなり始めた8月の終わり

f0330072_6144293.jpg


マレへ行く道のサンザシの実は、すでにとても美しい赤い実になっている。

f0330072_6152648.jpg


食卓には、赤いトマトのタルト!!
ブリゼ生地の上にたっぷりのマスタードを塗って、その上にたっぷりのエメンタールチーズを乗せ
それから、真っ赤なトマトを乗せてオーブンへ。

f0330072_6181278.jpg


焼きあがったら、刻んだエシャロットをパラパラと

f0330072_6183125.jpg


バジルの葉も飾って、おいしいタルトの出来上がり。

エシャロットは、この滴のような形をしている小さな玉ねぎのようなもの。
日本で、お味噌を付けて食べるエシャレットとは別のものですよ~。^^

f0330072_6204877.jpg


おいしい夏から、おいしい秋へ!!嬉しい毎日です。U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-08-31 23:12 | 日常の特別
2015年 08月 30日

白いイヌタデは、オオイヌタデ!!


f0330072_22453937.jpg


アカマンマやエゾミソハギの間に、白いイヌタデが咲いている。

f0330072_224724.jpg


アカマンマよりも落ち着いた感じの可愛らしい花

f0330072_22473712.jpg


コンデジの限界に迫る!マクロ撮影。

この花が、シロバナサクラタデではないか・・・と教えてもらったのであるが
どうも花の付き方が違うようだ。

そうすると、シロバナイヌタデではないか。

シロバナハナタデというのもあるようだが、これは葉の形も違うようだ。

さて、みなさんのご意見いかに??

f0330072_22524681.jpg


マレで咲いているこの花の葉は細く(手前にわさわさと咲いているのは、セイヨウイラクサ)

f0330072_2256524.jpg


アカマンマの葉に黒い斑が入っているのに対して、白い花の葉には斑が入っていない。
アカマンマと呼んでいるものも、日本のアカマンマとは違うかもしれないな。

・・・

追記(8月31日)

更に調べたところ、これは、オオイヌタデであろう!ということがわかりました。

オオイヌタデ(大犬蓼)

このサイトの説明中の
「茎葉よく分枝して高さは0.8~2mになり、節はふくらむ。葉は長さ15~25cmの披針形で、先は長くとがる。托葉鞘は筒状で、普通ふちに毛がない。花序は長さ3~7cmと長くて先は垂れ下がり、淡紅色または白色の花をつける。」は、まさにぴったりです。

タデ科の仲間 ← このサイトもタデ科の花の写真が並んでいて、わかりやすいです。

f0330072_23154875.jpg

[PR]

by echaloterre | 2015-08-30 23:01 | 植物の名前
2015年 08月 29日

Salicaire commune エゾミソハギ


f0330072_23113577.jpg


今年、たくさん咲いて、我が島の夏を彩ってくれたのはエゾミソハギ。
仏名は、Salicaire commune、学名は、Lythrum salicaria

f0330072_23115469.jpg


ミソハギだろうと思っていたけれど、よく調べてみたら、エゾミソハギであった。
花びらが、ミソハギよりもツンとしているようだ。

f0330072_23125179.jpg


色も、ミソハギが紫に近い色をしているのに対し、エゾミソハギは濃いピンク。

f0330072_23134369.jpg


エゾミソハギという名前だけあって、北海道にはたくさん咲いているようだ。

f0330072_2319829.jpg


島のこの一帯は、かっちゃんが跳ね回るのに最高の遊び場ね。U^I^U*

f0330072_23154627.jpg


この夏も、またたくさん植物の名前がわかって嬉しい季節である。
[PR]

by echaloterre | 2015-08-29 23:07 | 植物の名前
2015年 08月 28日

輝く下のマレ② 土手の道


f0330072_18491257.jpg


土手に出ると、ダリアの咲く島が見える。

f0330072_05205.jpg


土手を挟んで川のある側が上のマレ、その反対側は下のマレ。

f0330072_450388.jpg


上のマレには、大きな川が2本流れていて、その間に1200ほどの島がある。

f0330072_451270.jpg


島へは、渡しのような舟で行く。

f0330072_4573051.jpg


島と島との間の流れは水路と言ってもいいかな。

f0330072_041454.jpg


旅人のtamayamさんと土手を歩いていて、話しかけてきたフランス人のマダムが「ここは、フランスのヴェニスよ」と言っていた。
そういう風に言う人もたくさんいる。

f0330072_2343679.jpg


ポプラや柳が大きく育ち、水が穏やかに流れるマレ。

f0330072_22524714.jpg


フランス人でも、この地の素晴らしさを知らない人が多い。

f0330072_22585570.jpg


下のマレの散歩を終えて、大きな通りに戻ると、そこにはモクゲンジの木々。
モクゲンジの木をきっかけに、ブログでおしゃべりをするようになったtamayamさんとの散歩はでは、植物の話が尽きなかった。^^

f0330072_2321198.jpg


今日もtamayamさんの写真をお借りしました。
記念になるいい写真をたくさん撮ってくださってありがとうございました♪

マレやマレの植物などについてtamayamさんも記事になさっています。
ぜひ、ご覧下さいね♪ →「マレに隣接した暮らし」
[PR]

by echaloterre | 2015-08-28 23:58 | 日常の特別
2015年 08月 28日

輝く下のマレ① "モネの小道"


f0330072_1830176.jpg


旅人tamayamさんと何度となく歩いた下のマレ。

f0330072_18312645.jpg


特に、私が"モネの小道"と呼んでいるこの道は、いつになく輝いて、そんなマレをtamayamさんの写真とともにご案内♪

f0330072_3553634.jpg


案内係は、ご存知カシューとりんご姫。^^

f0330072_4121053.jpg


毎年いちばんに赤くなる蔦の葉

f0330072_414825.jpg


きれいね~

f0330072_431828.jpg


水面もカモも美しい。

f0330072_35984.jpg


エゾミソハギも輝きながら揺れている。

f0330072_4252884.jpg


私のコンデジではどうしてもうまく捉えられない水面の光り

f0330072_41662.jpg


見事に撮ってくださっているのは、嬉しい限り。

f0330072_48865.jpg


土手の道に出る少し手前で出会った青いトンボ。
港の辺りでも時折見かけ、名前を知りたかった。
おそらく"チョウトンボ"であろうとtamayamさんが教えてくださった。
この美しい青いトンボ、どなたか詳しい方がいらしたら、ぜひ教えてください♪

続きの土手散歩、下のマレ散歩の後編、少々お待ちください。^^
[PR]

by echaloterre | 2015-08-28 23:26 | 日常の特別
2015年 08月 27日

鮮やかな日曜日


f0330072_518854.jpg


8月23日の日曜日、日本からの旅人tamayamさんと歩く街。
私も観光客になった気分で風景や人やものがいつもと違って見えてくる。
今日は、tamayamさんが撮ってくださった写真で、街散歩です。

f0330072_52182.jpg


市場にはシーズンの野菜がたくさん並び、特にこの coeur de bœuf クール・ド・ブフ 牛の心臓 と呼ばれるトマトの形は旅人の目を引く。
おもしろい形だものね。

f0330072_5235541.jpg


昼食にと旅人が選んだのは、チキンの丸焼きならぬ、チキンの開き焼き?!

f0330072_5245487.jpg


食べやすいようにとお店のおじさんが、テンポよく切ってくれる。
市場には、このチキンのおいしい香りが漂って、吸い寄せられるようにお客さんがやってくる。
この匂いを嗅いだらかっちゃんは食べたくて大騒ぎになるので、市場には連れてこないようにしているのだ。U^×^U*

f0330072_527514.jpg


その後、街の小さな通りを歩き、街のちょうど中心の方へと少し坂になっている道を歩く。

f0330072_528357.jpg


街のいちばん高いところに現れたのは、そう、カテドラル。
屋根の修復後で、きれいな大聖堂が見られましたね。

f0330072_5323857.jpg


壮大なカテドラルの高い天井

f0330072_533565.jpg


ステンドグラスも大きく聖書の中の物語がそこに広がっている。

f0330072_533542.jpg


望遠でしっかり撮ると、細かいところまで見ることができて、素晴らしいな。
ひとつのステンドグラスにも、色や形、組み合わせ…いろいろと興味深いことが見えてくる。

f0330072_5361523.jpg


午後は、下のマレを散策し、家に戻っていつもの姫りんごにただいま!
この姫りんごの木は、みなさんに親しんでいただいて、木も喜んでいるに違いない。^^

f0330072_5375111.jpg


さて、お楽しみのタルト! 私はいつも甘そうで敬遠していたけれど、旅人の選択は正しかった!
フルーツの味がそのままの軽くておいしいタルトであった!
tamayamさん、ありがとうございました。
白ワインとタルト、これまた合うのですよ。^^

次のお散歩は、日曜の午後の下のマレへ参りましょう♪
[PR]

by echaloterre | 2015-08-27 23:16 | 日常の特別
2015年 08月 26日

tamayamさんと一緒にマレの舟散歩


f0330072_20121762.jpg


tamayamさんが我が町に到着したのは、8月22日土曜日のこと。
日曜日からお天気が崩れるかもしれないという予報だったので、何を置いてもまずマレへ!!
tamayamさんを乗せて舟を出港すると、かっちゃんはいきなり川に飛び込んで、歓迎の儀式?!

舟に座ってるtamayamさんの目線からは、かっちゃんがすぐ目の前!
いきなり泳ぎだしたかっちゃんに、さぞかし驚かれたことでしょう。^^

今日はご本人のご許可をいただいて、tamayamさんの美しい写真でマレを舟で散歩しましょう。

f0330072_20203190.jpg


「tamayamさん、マレへようこそ!あたしが泳ぐ船長、カシューです!」U^I^U*

f0330072_20211942.jpg


島では、ちょうどのっぽのひまわりが咲いて、暑い日らしい景色ね。

f0330072_20312559.jpg


「ヒヨドリソウがいっぱいね」
そうだ、この花の名前はヒヨドリソウだった!忘れていた花の名前や知りたかった花の名前をいくつか教えてもらえて
さらに植物への興味も湧く舟散歩。

f0330072_20335111.jpg


普段は行かないマレの奥の方へも舟を進めると

f0330072_20342369.jpg


ブラックくんがいた!ブラックくんは、かっちゃんと違って静かに船長の仕事をこなしているね。

f0330072_2035779.jpg


どこの島でもダリアがたくさん咲いている。

f0330072_2035403.jpg


マレの奥の方は、道路や街からも遠くなりほんとに静かだ。

f0330072_20363296.jpg


穏やかなマレの風景を、こんなに美しく撮っていただいて嬉しい限り。

f0330072_203795.jpg


エゾミソハギの咲く我が島も、いつもとは違う島に見えるな。

f0330072_20375818.jpg


お客さまが見える!というときには必ずつくるズッキーニとヤギのチーズのタルト。
ちょうどズッキーニの収穫の季節で、マレの野菜を味わってもらうことができた。

f0330072_20385671.jpg


暑いマレから家に戻って、乾杯の冷えたメントゥサロンの白ワインのおいしかったこと!
船長と船頭は無事、任務を果たし!お客様は喜んでくださり、よかったよかったと思いながら過ごした夜であった。

*tamayamさんのブログでもフランスの旅の様子を紹介なさっています。珍しい花や美し景色の写真も出てくると思いますよ。
Yamyam町一丁目
[PR]

by echaloterre | 2015-08-26 23:10 | マレ仕事・マレ遊び
2015年 08月 25日

ホップのある下のマレの散歩道


f0330072_21481212.jpg


「これ、ホップじゃない?」
「あ、ほんとだ~」

いつもの下のマレの散歩道で、ホップがあることに気が付いてくれたのは、tamayamさん

8年くらい前にtamayamさんのブログに初めて伺ったきっかけは、
マレに行く道の街路樹になっているモクゲンジについて調べているときにtamayamさんのブログに出会ったことだった。

f0330072_2152588.jpg


そのtamayamさんが、この夏の終わりに我が町を訪ねてきてくださった。

f0330072_21544068.jpg


植物や蝶、トンボなどに詳しく、美しい写真もブログで拝見していて
きっとマレの自然は気に入ってくださるだろうと思っていた。

f0330072_2156945.jpg


興奮しているかっちゃんとも仲良くなってくださって、かっちゃんも
「tamayamさん、こっちこっち~」そんな感じでおしゃべりをしていましたね。^^

f0330072_21574422.jpg


この下のマレを散歩したのは、23日のこと。

f0330072_21593264.jpg


その前日には、舟でのマレ散歩で、いつもよりマレのいろんなところへ行ったので

f0330072_2203594.jpg


次回から数回、その時のことや、街散策のことなど、tamayamさんの美しい写真をお借りしながら、

f0330072_2214478.jpg


夏の終わりの我が町の風景をいつもとは違う視線で、ご紹介しましょうね。
[PR]

by echaloterre | 2015-08-25 23:44 | 日常の特別
2015年 08月 24日

Paulownia impérial 我が町の桐の木


f0330072_1758575.jpg


フランスで桐の木を初めて見たと思っていたのは、昨年11月、パリでのこと。
ところが!我が町にも桐の木があったのである。
モクゲンジが何本か並ぶ広場の近くの駐車場に、以前からこれは何の木かな・・・と思っていた木が実は、桐の木であったのだ。

f0330072_1822168.jpg


名札には、桐の仏名Paulownia impérial と学名Paulownia imperialis Siebold&Zucc
そして、Scrophulariaceae ゴマノハグサ科と書かれている。

何だろうとずっと前にこの木に近づいてみたときには、名札がなかったように記憶しているが
今回は、この名札を見つけることができた。
ゆっくり近づいて見る気になったのは
植物好きの あの方!と一緒だったからである。^^
[PR]

by echaloterre | 2015-08-24 23:56 | 植物の名前
2015年 08月 23日

その後の courge de Sicile シチリアヘビウリの花


f0330072_7253477.jpg


8月4日に白いレースのような花を咲かせていたシチリアヘビウリ。
21日に見に行ってみると、大きくなってヘビらしく?なってきていた。

f0330072_7265517.jpg


これで30センチくらいかな。
どこまで長くなるかしら。

f0330072_727385.jpg


他にもいくつかべべができていた。生長が楽しみである!
[PR]

by echaloterre | 2015-08-23 23:23 | 植物のアルバム