<   2015年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

羊歯色の靴下を履いて12月へ


f0330072_254480.jpg


試し履きをしながら足のサイズにぴったりになるように調整しつつ仕上げたら
大足の人のソックスのようになっちゃったね。確かに大きな足なんだけど。^^

カチューには、ゲージをとるために編んだスワッチがちょうどいいオーバーになってさらにいい笑顔!

f0330072_284491.jpg


今回の爪先の編み方は、爪先の形にフィットしてとても気持ちがいい。
混ざり糸のソックスの編み方とちょっと違うだけだけど、履き心地が違うのね。

羊歯色のソックスは、毛糸だま2015年春号の11ページに載っている編み方で編みました。
毛糸の太さや編み針のサイズ、出来上がりのサイズや長さは変更してるので見た感じが少々違います~。


f0330072_2122053.jpg


今日は雨。

f0330072_2125747.jpg


しかしながら、かっちゃんは、濡れた道路の上を元気に歩き始めた!
諦めの境地か、少し暖かいせいか・・・きっとただの気まぐれね。^^

f0330072_2135566.jpg


遠い空に薄い水色の空を見つけたときには、嬉しくなったね!
この水色は、イルカ色の毛糸の色に似てるかな。
イルカ色の毛糸で編み物をしたのは、一昨年の12月のことでした。

f0330072_214497.jpg


「今日のパンには大きな穴が開いていたのだ!12月はきっと見通しのいい月になるね!」U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-30 23:23 | 手しごと
2015年 11月 30日

Générations Bataclan バタクラン世代 -パリのテロ事件から2週間が経って


f0330072_121454.jpg
(モンマルトルの丘から眺めるパリの街 10月19日撮影)


11月13日のパリのテロ事件から2週間が経って、27日の金曜日には、パンテオンで追悼式が行われた。

>
式典で歌われた"Quand on n'a que l'amour" 愛だけがあるとき



27日のリベラシオン氏の一面には犠牲者の名前と年齢が掲載された。

f0330072_2292766.jpg


年齢を見てわかるように、若い人たちが多い。
この13日のテロは、1月のシャルリー・エブドの事件と違って、一般の人、
特に楽しむことが好きで、オープンで、コスモポリットな若い人たちが標的になった。
事件後に、そんな若者たちをバタクラン世代と呼ぶようになった。

f0330072_2332270.jpg
(バタクラン劇場 11月17日 20minutesの11月26日の記事から写真をお借りしました。)


バタクランは、多くの犠牲者がでた劇場の名前だ。
事件当日、アメリカのグループのコンサートを1500名の人たちが見に来ていて
そのうちの89人が亡くなった。
先日会ったフィフィ兄の話では、孫のエリオットの友だちもその中に含まれていたそうだ。
エリオットは私も彼が3歳の時から知っていて、今は20になっているだろうか。
その彼が小さい頃から一緒に育ってきた友人が犠牲になったと聞くと、怒りの気持ちが大きくなる。

今、市民たちは、下記で紹介している事件で妻を亡くしたアントワンヌ・レリス氏の手紙にもあるように、怒りの気持ちをどうやってよい方向へ向けていこうか、思案してるところだと思う。

時間が経つにつれ、少しずついろんなことがわかってきているが、犯人を捕まただけでは解決しない根の深い問題がたくさんあることに気づかされる。

この事件には、中東の情勢から、現在の社会のこと、若者の心理、インターネットの存在等々・・・いろんなことが複雑に絡んでいて
簡単に「武器を使うのはよくない」とか 「欧米のやり方がおかしい」とかいう言葉で片付けてしまうわけにはいかないのだなと
私自身、この事態をきちんと理解したいという思いで、フランス人と話をしたり、テレビの討論を見たりしながら考えている最中である。

24日の時点で、この事件で怪我をして病院に入院中の人は161人、そのうち26人は重篤な状態だそうだ。




* テロのことや、フランスの事情を知る手がかりとして、冷静で的確に書かれていると思われる記事をいくつか載せます。

☆ いままでと同じ生活をする、それがテロへの答え 【パリ同時テロ点景】11月25日付
テロ後のパリの日常について

フランス人記者が語るテロとの戦い「憲法9条のある日本は軍事介入とは距離を置くべき」11月26日付
フランスのル・モンド紙の東京特派員フィリップ・メスメール氏へのインタビュー記事

テロの温床「モレンベーク」を歩く(上)複雑に絡まる人間関係11月25日付
テロリストたちの多くが幼少時を過ごし、あるいはその後出入りしていた地域、ベルギーの首都ブリュッセル西郊のモレンベークの街から事件の原因を考える。

パリ同時テロが示すもの(下) 欧州の自由主義に打撃 11月25日付
テロ対策としてどんなことをしていくべきなのかを考える。

☆ “あなたたちは私の憎しみを得ることはできない”
13日のテロ事件で妻を亡くしたアントワンヌ・レリス氏の手紙の訳を載せているDominick Chen氏のブログ


11月17日の投稿にも2つの記事を紹介しています。→ "パリ"
[PR]

by echaloterre | 2015-11-30 23:18 | 書いておきたいこと・社会
2015年 11月 29日

カメリアの花咲き始める日曜日


f0330072_8354214.jpg


冬枯れの景色の中で、ぽっと開き始めた白いカメリア。

f0330072_8364479.jpg


小雨が時折り降る風の強い日曜日。

f0330072_8372270.jpg


白樺に残っている葉は、ぺんぺん草を鳴らす時のような音を立てている。

f0330072_8381084.jpg


街の上に広がる雲の中に開いた穴がカメリアの花ように見える。

f0330072_838535.jpg


この駐車場に並んでいるプラタナスはごつごつと踊っている。

f0330072_8393056.jpg


落ち葉がたくさんにならないように、樹が大きくならないようにこんな風に剪定してるんだな。

f0330072_840447.jpg


端っこにあるプラタナスは大きく伸ばしっぱなしだ。

f0330072_840318.jpg


公園の中の菩提樹もごつごつで並んでいる。

f0330072_8412761.jpg


公園には見回してみると250本くらい菩提樹があると思われる。

f0330072_8421413.jpg


菩提樹越しに見える空もグレーの空。

f0330072_843513.jpg


イチョウの上にも

f0330072_8432937.jpg


ハンカチノキの上にも

f0330072_8435178.jpg


生命力のシンボルとされるセイヨウナラの木の上にもグレーの空が広がってる。

f0330072_8443678.jpg


そして視線を下すとカメリアのたくさんの蕾に気が付く。

f0330072_8451386.jpg


これから赤やピンク、八重や一重のカメリアがゆっくりと咲いていくんだな。

f0330072_8455682.jpg


今日は少しだけ温かくなって12度まで上がった。

f0330072_8462450.jpg


イチイのアーチは一年中緑色。

f0330072_8465528.jpg


かっちゃんの足元のツゲの葉もね。

f0330072_8472537.jpg


やはり見上げずにはいられないプラタナス並木の上もグレーの空。

f0330072_8475715.jpg


空の川の水が枝の間の水路に流れ込んでいくようだ。

f0330072_8483114.jpg


小さな実は、水路を行く小舟かな。

f0330072_849896.jpg


モクゲンジの並木は、シャカシャカとリズムに乗って歌っていた。

f0330072_8495761.jpg


すでに10月から飾っているイーラーショユの刺繍の赤は、グレーの世界の中に明るさを添えてくれている。
お天気のいい日の撮ったこの写真は、眩しく見えるね。

f0330072_8511429.jpg


「道路が濡れていましたが、今日はちゃんと歩きましたよー」U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-29 23:34 | 植物のアルバム
2015年 11月 28日

羊歯と羊歯色の毛糸


f0330072_823019.jpg


カシューの散歩公園でセイヨウシデの足元をふっと見たら、羊歯があることに気が付いた。
羊歯の色っていい色ね。

f0330072_825879.jpg


今まで、マーカーなるものを使わずに、必要な場合は毛糸で印をつけて代用したりしていたのだが
今年の編み物へのやる気は違う!^^ というばかりに。マーカーを買ってみた。
返って、手にあたって邪魔だなと思うことも多いけれど、まあ、少し仲良くしてみようじゃないかと
段を数えるためなどに使うことにした。

f0330072_8283126.jpg


ちょっとぐずぐずの二目ゴム編、集中して編んでないことがすぐわかっちゃいますね。
アキレス腱から踵への部分が、いろいろ楽しめる靴下編み、ますます色々編んでみたくなる!

f0330072_8302390.jpg


姫りんごが眩しく輝いてると嬉しいね。

f0330072_8304572.jpg


「そろそろおやつの時間じゃないですかーー??」U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-28 23:21 | 手しごと
2015年 11月 27日

霧降る日


f0330072_923121.jpg


朝、窓を開けると真っ白な世界と冷たい空気

f0330072_9235279.jpg


大きな白樺も白い世界に消えそうだ

f0330072_925310.jpg


冬の初めに何度かある霧降る日

f0330072_926349.jpg


遠くのポプラの木々が更に遠のいていく

f0330072_9264894.jpg


墨絵のように描かれたいつもの公園

f0330072_927172.jpg


霧は水滴になって木から落ちてくる

f0330072_9283124.jpg


枯れない芝生の眩しい緑、バラたちはすっかり剪定されてしまった

f0330072_9295320.jpg


菩提樹に残る黄色と茶色の葉

f0330072_930212.jpg


ベンチの色

f0330072_9305098.jpg


空の川にみんな溶けてにじんでいきそうだ

f0330072_9312986.jpg


冬枯れの景色

f0330072_931578.jpg


いいものだ

f0330072_9321769.jpg


川霧の中を鳥たちが泳いでいる

f0330072_9331011.jpg


水より空気の方が冷たいんだな

f0330072_9343557.jpg


川霧も空の川に合流する

f0330072_9351051.jpg


木々も霧の中を泳いでる

f0330072_9355714.jpg


のびのびと泳いでる

f0330072_936324.jpg


かっちゃんのおやつの草にも水滴がたくさん

f0330072_937717.jpg


冷たいから今日は草を食べないのね

f0330072_9381940.jpg


藤はまだ色を残している

f0330072_9384818.jpg


そうだ、マグノリアは常緑樹

f0330072_9391254.jpg


プラタナスの並木は寒そうだ

f0330072_9394317.jpg


固まっている像には、ビーズの付いたレースが光ってる

f0330072_9402526.jpg


あー、寒い寒い! さあ、走って家に帰ろう! U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-27 23:21 | 植物のアルバム
2015年 11月 26日

太陽を求めて 下のマレ散歩


f0330072_924895.jpg


鳥たちがよく鳴きます。姫りんごの赤い実を食べに来ます。

f0330072_932430.jpg


姫りんごの実を食べに来るのは、メルル(クロウタドリ)。遊ぶように枝から枝へ飛んでいるのは、ルージュゴルジュ(ロビン)やシジュウカラ。

f0330072_944358.jpg


毎年思うけれど、藤の葉は遅くまで青いままなのだな。

f0330072_952552.jpg


下のマレの入り口には、たくさんの小さな水たまり。

f0330072_955894.jpg


セイヨウシロヤナギの枝の影が美しい水面。

f0330072_963650.jpg


ローズヒップの実の赤さも美しい。

f0330072_97660.jpg


たくさんのヤドリギに宿られた木を見上げていたら、鶴の鳴き声が聞こえた!

f0330072_975478.jpg


まだ南へ渡っていない鶴たちがいたんだなと思いながら、1,2・・・と数を数えて
45くらいまで数えてもうすぐ終わりというときに、後ろから歩いてきたハンチングを被ってるムッシューが
「数えてるのかい?ずいぶん遅い季節の渡りだね」と声をかけてきて、ちょっとおしゃべりをしたので
結局正確な鶴の数は、わからずじまい。

f0330072_983345.jpg


そして、もう一度鶴の方を見ると、みな太陽に吸い込まれたように見えなくなった。
鶴たちも暖かい太陽を求めて、南へ向かって行ったんだな。

f0330072_911218.jpg


かっちゃんの足元の青い草に勢いをもらって、また歩きだす。

f0330072_912824.jpg


モネの小道から見えるカテドラルはシルエット。

f0330072_9123895.jpg


ヤドリギもまあるいシルエット。

f0330072_913678.jpg


この辺りは、ヤドリギ横丁とでも呼んであげようかな。

f0330072_9133874.jpg


ゆるやかに流れてる川の向こう岸には、暖炉用の薪が積んであるのが見えた。

f0330072_9142672.jpg


太陽に低く照らされた道

f0330072_9145526.jpg


影にも温かさが感じられる。

f0330072_915214.jpg


我々の影ものんびりして見えるね。

f0330072_9155844.jpg


まっすぐに伸びた銀色のポプラは太陽の方を向いている。

f0330072_9164745.jpg


舟を漕ぎだすムッシューの竿は、ゆっくりと舟を進めている。

f0330072_9172723.jpg


さっき見たポプラは、土手から見ると黒いシルエット。

f0330072_918418.jpg


ムッシューの島はどの辺にあるんだろう。

f0330072_9182926.jpg


水面にも雲が映り、ますます空が広く見える。

f0330072_919181.jpg


カテドラルに目を向けたら、同時にこの間見た柿の木が目に入った。

f0330072_9194745.jpg


実が減ってるね。

f0330072_9201221.jpg


あの辺りの我々の島の野菜たちは、寒さに耐えてるかな。

f0330072_921160.jpg


おや、猫たちの会議が始まった??みんなで餌を食べてるのね。

f0330072_9213997.jpg


明日か明後日、晴れ間があったら、畑に行こう。

f0330072_9221924.jpg


夜になって、マレの方から昇ってくる満月が見えた。

f0330072_9225013.jpg


f0330072_928963.jpg


いい月だな。

f0330072_9233325.jpg


「あたしの目も、まあるくて満月みたいでしょ?」U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-26 23:53 | 植物のアルバム
2015年 11月 25日

marron マロン色の毛糸でも


f0330072_720645.jpg


マロン、栗色の糸でもソックスを編んでいます。
栗色といっても、グレーと茶色と少し淡いピンクが混ざったような色。
イタリアの糸で、
毛とアクリル、アルパカ、ポリエステル、レーヨンの混紡。
いろんなものが混ざった糸です。

f0330072_7222250.jpg


今日は雨。
姫りんごの実にしがみついている雨粒がよく見える。

f0330072_72384.jpg


そうね、かっちゃんは、濡れた道路は歩きたくないのよね。

f0330072_7234675.jpg


毛糸を買いに行った日は、晴れてたね。お日さまが恋しいね~。
「毛糸の国からこんにちは♪ 」
いつも晴れ晴れとした顔のカチューからの挨拶です。^^

f0330072_7242358.jpg


「あたしは、やっぱりこの季節は、冬眠するしかないな・・・」 U^×^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-25 23:14 | 手しごと
2015年 11月 24日

凍てつく日


f0330072_8335720.jpg


雨戸を開けると、姫りんごが凍ってるように見えた。

f0330072_8343055.jpg


今日は太陽が行方不明。

f0330072_835550.jpg


空の川にも氷が張ってしまった。

f0330072_8354221.jpg


それでも、"サマータイム"は花を咲かせ

f0330072_836146.jpg


香りを放っていた。

f0330072_8363374.jpg


その他のバラは剪定され

f0330072_8371051.jpg


花壇の土は、きれいに掘り起こされてチョコレートのようにおいしそうだ。

f0330072_8392096.jpg


落ち葉も丁寧に取り除かれ、庭師たちの働きぶりはすばらしい。

f0330072_840288.jpg


-4℃〜4℃の一日。ネックウォーマーをし、さらに厚いマフラーを巻いて出かけた。

f0330072_841150.jpg


街では、のんびりとクリスマスの飾りを整えている。

f0330072_8414087.jpg


地味な飾りで、毎年ほぼ同じだけど、それがとってもほっとするんだな。

f0330072_8421562.jpg


ショコラティエの店先の飾りも

f0330072_8424454.jpg


毎年同じようで、変わり映えがしないけれど

f0330072_8431685.jpg


なんだか心があったかくなるんだな。

f0330072_8434314.jpg


この場所は、今年初めてクリスマスを迎える。

f0330072_8441934.jpg


こんな凍てつく日、サンタの助手は何してる?? ^^

f0330072_8444958.jpg


「寒い時は、当然ですが、家でぬくぬくしてますよ。トナカイになって走り回るには、まだちょっと早いからね♪」 U^I^U*
[PR]

by echaloterre | 2015-11-24 23:33 | 日常の特別
2015年 11月 23日

銀色に輝くものたち


f0330072_10154399.jpg


姫りんごの実が赤く光っている日

f0330072_10162188.jpg


公園に行くとプラタナスが銀色に輝きながら踊っている。

f0330072_1017547.jpg


鈴のような実と

f0330072_1017264.jpg


ヤドリギも一緒にね。

f0330072_10174720.jpg


かっちゃんは、踊りながらお絵描きしたの??^^

f0330072_10181710.jpg


今日の空の道は

f0330072_10184442.jpg


噴水の水が大きく湧き上がるように見える。

f0330072_10191931.jpg


空の川

f0330072_10195375.jpg


空の噴水

f0330072_10205379.jpg


銀色の飛沫

f0330072_10214117.jpg


川にはグレーの白鳥、今日は特別に銀の白鳥と呼んであげよう。

f0330072_1024734.jpg


背中に日が当たって温かいなと思いながら、長く伸びる影を見たら、かっちゃんの足が伸びて立ちあがってるように見えた!
立ちあがるオオカミのようよ!U^I^U*

f0330072_10223733.jpg


カテドラルの銀色のファサードには揺れる木の影。

f0330072_10255340.jpg


新しくできた道には、新しいクリスマスのイルミネーション。

f0330072_10262191.jpg


雨戸を閉めるときに、マレの木々の向こうに見えた満ちていく月も薄く銀色に輝いていた。
[PR]

by echaloterre | 2015-11-23 23:13 | 植物のアルバム
2015年 11月 22日

冬が来る前に!!


f0330072_8352217.jpg


青空が出たと思って外に出ても、港へ着けばこの通り。

f0330072_8355725.jpg


あ、聞こえる!と思って空を見上げれば、そう!鶴の群れ。

f0330072_8362888.jpg


f0330072_838435.jpg


f0330072_8382425.jpg


f0330072_8383740.jpg


f0330072_8385232.jpg


「本格的な冬が来る前に急げ!!!」と今までちょっとのんびりしてた鶴たちが、ここ数日冷え込んだ北の地方の風にに背中を押されて、
南西へ飛んでいった。

鶴たちは、群れの中で位置を変えるときに、まず、群れの内側に少し飛び出す。
そしてしばらくしてから、次に入るべき位置に向かって列の中へ戻る。
時々外側へ飛び出す鶴もいるのかもしれないけれど
内側へ出るようにすることで、はぐれないようにしてるんだな。

こうやって鶴の群れをじっと見上げる時間は、とても贅沢で幸せな時間だ。
我と時間を忘れて、首が痛くなるほど見上げ続けちゃうな。

f0330072_8441059.jpg


我と時間を忘れて没頭するのはかっちゃんも同じ!

f0330072_8444789.jpg


今日も見事に汚れて

f0330072_8451010.jpg


満足気であります。U^I^U*

f0330072_846714.jpg


ニラの種が弾け

f0330072_8463888.jpg


匂いのないバラの花は、冷え始め

f0330072_8472781.jpg


まだしゃんとしているカラーの葉たちもそのうちしょげてしまうだろう。

f0330072_848278.jpg


鶴たちは、どこまで行けただろうか。
ボルドーより少し南の LANDES ランド地方で多くの鳥が冬を過ごすらしい。
この鶴たちもそこへ向かったのだろうか。
今日の夢には、きっと鶴たちが現れるだろうな。^^
[PR]

by echaloterre | 2015-11-22 23:33 | マレ仕事・マレ遊び