フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

ゲルダさんのヨーロッパナラの木 完成!


f0330072_0412721.jpg
*Kit: STILKEG L.N.30-6221 by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson


生き生きと葉の茂るヨーロッパナラの木が誕生しました。

f0330072_0465025.jpg


慣れ親しんでいる緑色の花糸で刺繍をしていくと
まるで絵を描いているような気持ちになります。

f0330072_048418.jpg


公園のヨーロッパナラの木は、今は幹と枝を黒い鉛筆でデッサンしたような状態ですね。

f0330072_05109.jpg


わかりづらいですが、ポプラの木々の手前、石の門の両側に一本ずつヨーロッパナラの木が植えられています。

f0330072_0522397.jpg


この深い起伏のある肌は、触ると力強さを感じます。

f0330072_0535923.jpg


刺繍の木はもう一本あります。
2つの木が並んだら、林になりますね。^^

f0330072_0544430.jpg


もう一本は、この木です。何の木でしょう。

ゲルダさんの図案、花糸の手触り、刺繍の楽しさ・・・
嬉しいことがたくさん詰まったキットは、大事な友だちのM-Angeちゃんが送ってくれました。
Merci pour ton amitié!!!

f0330072_0593777.jpg


今日は雨。
小雨になった時にさっさっと散歩を済ませようと思ったのに
なぜかやる気のあるかっちゃんに引っ張られて、長い散歩になったのでありました。

f0330072_115024.jpg


「雨だって、風邪引かないようにすれば、元気に歩けますよ♪」U^I^U*
今年のあーたのやる気はすごいですね。

[PR]

by echaloterre | 2016-01-31 23:34 | 手しごと
2016年 01月 31日

空劇場 <前編>


f0330072_1181120.jpg


これは1月29日、よく晴れた日の夕方の下のマレの空のお話。
畑の間の道の入り口に着くと、なにやら心弾む雲が枝の間から見えてきました。

f0330072_1192830.jpg


アラジンの魔法のランプから出てきたような、ちょっととぼけたびっくりマークのような雲!

f0330072_120222.jpg


反対側の空には、ふわっふわの真っ白カシューが走ってる!

f0330072_1203316.jpg


ネズミちゃんたちを追って走ってるようです。^^

f0330072_121076.jpg


その頃、太陽の上には黒い雲が現れ

f0330072_1212933.jpg


その光を背に受けて、我らの影は長く伸びる!

f0330072_1215724.jpg


進む方向には、黒いバゲットが横たわり

f0330072_1223242.jpg


カテドラルの鐘楼からは煙のような雲が湧く。

f0330072_125139.jpg


風があるので雲が動く動く。

f0330072_125251.jpg


太陽を飲みこむように黒い雲がやってきた。

f0330072_1255428.jpg


その黒い雲の尾は長いぞ。

f0330072_126261.jpg


「今日の空はすごいね~」

f0330072_1265777.jpg


黒いウワバミのような雲が太陽を飲みこんでいきます・・・

f0330072_1275612.jpg


f0330072_1282098.jpg


f0330072_1283628.jpg


f0330072_1285628.jpg


f0330072_1291529.jpg


飲み込まれた太陽ががちぎれて雲になっていくようです。

f0330072_130551.jpg


モネの小道にも、黒い雲の手が伸びています。

f0330072_13039100.jpg


散歩をしていた親子がオオバンにパンをあげていましたが

f0330072_1374986.jpg


パンが大きいので戸惑うオオバン!

f0330072_1313228.jpg


オオバンを見ている間に、空の動きがゆっくりになってきました。

後編へ続く・・・

[PR]

by echaloterre | 2016-01-31 22:16 | 雲のアルバム
2016年 01月 30日

春色の毛糸


f0330072_127685.jpg


昨日29日、街を歩いていて自然と足が向かうのは毛糸屋さん。^^
マダムと話ながら、私の目が行くのは春らしい色の毛糸たち。
まだ1月の終わりだけど、今日は明るい空を見ているせいか、どうしてもこの毛糸たちから離れられなかった。

f0330072_1284640.jpg


冬の花、シクラメンも春を感じるように明るく輝いていたし

f0330072_1292286.jpg


穏やかな光の中でのティータイムを思わせるティーセットも見ているだけで嬉しくなってきた。

f0330072_131412.jpg


細い通りをのぞく度に、青い空の色に何度も会えるのが何と楽しいこと!

f0330072_1331848.jpg


落ち葉も微笑みかけるように仲良く並んで

f0330072_1334339.jpg


青い空は幸せ気分への効きめが大きいのよね。

f0330072_1343558.jpg


試しに編んでみた毛糸は、若草を思わせてくれた。

f0330072_136521.jpg


「夕方のマレの散歩も、影がぐーんと伸びて、気持ちよかったね。」U^I^U*


*******************************

f0330072_137189.jpg


そして、今日30日は、風がビュービュー吹く冬の日。

f0330072_1374197.jpg


お向かいさんのミモザは
大きく揺れて、ほんとの春が来るまでには時間がかかりそうだと愚痴をこぼしていました。^^

[PR]

by echaloterre | 2016-01-30 22:25 | 手しごと
2016年 01月 29日

束の間の青空


f0330072_9342697.jpg


姫りんごも霧に包まれる朝

f0330072_935341.jpg


そのうちご機嫌が直ったように太陽が顔を出し始めた。

f0330072_935365.jpg


すでに11時くらいなのに、まるで朝陽に向かって歩いている気分だ。

f0330072_9361948.jpg


濡れた道の上には新鮮な空気が流れてるようで、ほんとうに朝のよう。

f0330072_9372172.jpg


ここには大きな菩提樹が手を広げている。

f0330072_9374978.jpg


そして見上げるカテドラルの上には

f0330072_9381411.jpg


なんともいえない"空色"の空が広がっていた。

f0330072_9384937.jpg


木瓜のかわいい蕾を見てから、石の階段を上ると

f0330072_9392163.jpg


ますます空が美しい。

街での用事を済ませ
ちょうど我が家とは街を挟んで反対側にある小麦市場のそばのプラタナス並木に着いた頃には

f0330072_940552.jpg


すっきりとした青空になった。

f0330072_941235.jpg


気持ちがいい!

f0330072_9414641.jpg


もう春になったような陽気な気分で空を見上げる。

f0330072_9422938.jpg


建物は大きいけれど、カテドラルに比べると小さい教会の上にも

f0330072_9441551.jpg


青い空!

f0330072_9461899.jpg


教会の前には菩提樹が並ぶ。

f0330072_946453.jpg


爽快ですね~

f0330072_947690.jpg


電線はくっきりした五線譜に見えるし

f0330072_9474298.jpg


我が町では珍しいオリーブの木も清々しい顔をしている。

f0330072_9482170.jpg


姫りんごの実は、だいぶ少なくなったようだ。

f0330072_9484683.jpg


かっちゃんは、お外が気になるようですね。
「土曜と日曜は雨らしいですよ。この青空の下、あとでまた散歩に行きましょう♪」U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-01-29 23:33 | 日常の特別
2016年 01月 29日

ゲルダさんのヨーロッパナラの木


f0330072_1003556.jpg
*Kit: STILKEG L.N.30-6221 by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson


久しぶりにフレメ、ゲルダさんのデザインのキットを刺繍しています。

f0330072_1045390.jpg


賑やかで楽しいカードの木の横ですくすく育っている刺繍の木は
デンマーク語で STILKEG
フランス語では chêne pédonculé
ドイツ語では Stieleiche
英語では common oak
学名は Quercus robur
ヨーロッパナラの木です。^^

私はセイヨウナラの木というのに慣れてしまっていますが
正確にはヨーロッパナラの木と言った方がいいのかな。

f0330072_10155383.jpg


カシューの散歩公園にものびのびと枝を伸ばしている立派なヨーロッパナラの木があります。

さて、刺繍の木は、どんなふうに成長していくでしょうか。
すでに全部刺繍し終えているのですが、今回は出し惜しみします。^^

[PR]

by echaloterre | 2016-01-29 10:27 | 手しごと
2016年 01月 28日

"51" の響きに


f0330072_22382077.jpg
撮影 1月26日


51、cinquant et un、サンカンテアン、明るい響き。

一年ずつの思い出が詰まった小さな瓶を50個
大きな大きな半世紀という瓶に詰めて大事に閉じて
また1つ目の瓶に思い出を詰めていく。

f0330072_22423992.jpg


50年前の1歳の誕生日。ひとつ目の思い出の小さな瓶ができあがった日。

f0330072_22431569.jpg


49年前は、雪だるまと一緒。

f0330072_22443569.jpg


今日は雨の静かな一日。

f0330072_2245595.jpg


「少し明るくなってきたようですよ♪」U^I^U*

静かで穏やかな一日、この上なく幸せなこと。

[PR]

by echaloterre | 2016-01-28 22:50 | 日常の特別
2016年 01月 27日

ドイツの糸とイタリアの糸のゲージたち


f0330072_0411377.jpg


ドイツの糸のゲージは、森の中の下草に光りが当たって、そこに花も咲きだした・・・
そんな感じに見えます。

この毛糸は、オーストリア人フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーの描いた
「Save the City 都市を救え」というタイトルの絵画をもとにデザインされたそうです。


f0330072_181759.jpg


イタリアの毛糸は
北欧の香りがするなと思ったらフィヨルドルックFjord-Lookと名前の付いてる毛糸でした。

f0330072_1112494.jpg


その良さを競い合って見てもらおうとしているゲージたちです。^^

f0330072_112656.jpg


毛糸からもいろんな世界が広がるのは、ほんとに楽しいこと♪
フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーの絵画も実際に見てみたくなりましたよ。

f0330072_113983.jpg


「あたしの素敵なマントコレクションがまた増えました」??

f0330072_1165511.jpg


いろいろな毛糸で靴下を編んでいるうちに
季節が少しずつ移動していきます。

f0330072_117395.jpg


カメリアが見上げる今日の空はぐずついてるけれど
編み棒や刺繍針を動かすにはちょうどいい日です。

f0330072_118492.jpg


「小雨が降っても、あたしはへっちゃら♪ 楽しい自由時間♪」U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-01-27 23:39 | 手しごと
2016年 01月 26日

朝陽の中のカテドラル


f0330072_7231153.jpg


メルルの高らかな歌声を聞きながら、城壁の小道を進めば

f0330072_7235276.jpg


カテドラルの鐘楼に出会う。

f0330072_7241548.jpg


朝の石畳の上には、清々しい空気が流れ

f0330072_7244616.jpg


ファサードは、その空気の流れを堰き止める。

f0330072_7252571.jpg


朝陽が被っているグレーの羽毛布を見つめながら歩いていくと

f0330072_727014.jpg


朝陽とともにカテドラルが起きあがってきた。

f0330072_728138.jpg


高く高く空へ向かうように。

f0330072_7283285.jpg


菩提樹の新しい赤い枝を剪定してる庭師たちは

f0330072_7423982.jpg


オレンジの作業着をまとい

f0330072_7292133.jpg


菩提樹の頂の向こうに

f0330072_7295082.jpg


カテドラルを見上げている。

f0330072_7303040.jpg


朝陽は大司教の公園も目覚めさせ

f0330072_7313728.jpg


カテドラルの中へと入りこむ。

f0330072_7315915.jpg


赤を赤らしく輝かせ

f0330072_7323472.jpg


白を白く輝かせる。

f0330072_733360.jpg


外では、

f0330072_7361578.jpg


ブナや

f0330072_7332322.jpg


ビバーナムの花、

f0330072_7334558.jpg


シデコブシの蕾

f0330072_7342165.jpg


そして、水浴びを終えたクロウタドリたちが、おはようの挨拶を交わしている。

f0330072_7355385.jpg


やがて、朝陽の時間が終わり

f0330072_7371280.jpg


みなそれぞれの一日を過ごし始めた。

f0330072_7374046.jpg


「あれ、今日はあたしの出番はなしですか??」U^×^U*
お寝坊さんは、出番なし!^^

[PR]

by echaloterre | 2016-01-26 23:21 | 日常の特別
2016年 01月 25日

飛行機雲のシンフォニー


f0330072_8561294.jpg


満月の夜の翌日は、春のような日差しと青空!

f0330072_8565524.jpg


気温は15度まで上がり

f0330072_8571893.jpg


ミモザの開花宣言をしてもいいでしょう?!

f0330072_8574123.jpg


澄んだ青い空に白い飛行機が小さく動いていく。これはシンフォニーの始まり。

f0330072_858507.jpg


そんな空の下、港を駆け回るかっちゃん

f0330072_8591678.jpg


「舟から舟への移動は、あたしの18番!ひょひょいのひょいっ♪」

f0330072_90015.jpg


船長さんも気持ちいいでしょうが、この景色の中、舟を滑らす船頭さんも気持ちいい♪

f0330072_91295.jpg


川上の方、マレの奥にも青空が広がっている。

f0330072_913514.jpg


しばらく来なくても、マレへの上陸の仕方は忘れてませんね。

f0330072_921746.jpg


島のいたるところにオオイヌノフグリが咲き

f0330072_925352.jpg


ヤナギやポプラはふっくらしてるね。

f0330072_932929.jpg


1月の末にこの暖かさ、なんだか調子が狂っちゃうね…と畑を見渡す。

f0330072_94116.jpg


ルッコラの花は、この冬、ずっと咲きっぱなしで

f0330072_944522.jpg


かっちゃんは、迷わず川の中を歩いてる。

f0330072_985960.jpg


それにしても青い空。

f0330072_991934.jpg


そこへ斜めに飛行機雲

f0330072_994120.jpg


川面で揺れる飛行機雲

f0330072_91058.jpg


揺れるヤナギの芽はほーんの少し膨らもうとしている。

f0330072_9105441.jpg


そんなヤナギの間に日が沈み始める時間がやってきた。

f0330072_9113432.jpg


白いもやもや雲も現れて

f0330072_9121777.jpg


ポプラは銀色に近くなる。

f0330072_9124794.jpg


飛行機雲がやってくるのは

f0330072_9132287.jpg


夕陽の方向

f0330072_9135089.jpg


空に飛行機雲のシンフォニー

f0330072_9142499.jpg


クレッシェンドで港の上に音が広がる

f0330072_9154349.jpg


最終楽章は静かに街の彼方へ。
まだ飾られているクリスマスのイルミネーションの星は、小気味よく終わるスタッカート。^^

f0330072_9212459.jpg


「今日はいいお天気だったし、気持ちのよいシンフォニーも聞けて、うれしい一日でした。」U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-01-25 23:55 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 01月 24日

銀色ポプラとまんまるヤドリギ


f0330072_7235322.jpg


モネの小道の土手の方に近い曲がり角にそびえるポプラたちが輝いている!

f0330072_72438100.jpg


眩しい銀色の今日のポプラたち。その頂は、青い空の中で揺れている。

f0330072_727722.jpg


次の世代の細いポプラも銀色ね。

f0330072_7274458.jpg


少し歩いて振り返ると、

f0330072_7322998.jpg


いつもの顔のポプラたち。さっきの輝きは春がウィンクしてくれた合図かな。

f0330072_7285756.jpg


下のマレの畑道の真ん中辺りにあるまあるいヤドリギ。

f0330072_7295448.jpg


ほどき始めたら、きっと終わりのない毛糸だまのように見えてくる。

散歩の途中で出会う宝物たちの今日の表情であります♪

[PR]

by echaloterre | 2016-01-24 23:58 | 植物のアルバム