フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 06日

着物に触れる日 <皐月>

f0330072_23194660.jpg


5月の着物に触れる日には
桐の箪笥からビーズのバッグを取り出してきました。
2年前にも記事にしたことがありましたが
手にするたびに、素晴らしいなと思う工芸品です。


f0330072_23200900.jpg


薄いピンク色のバックの裏側の刺繍


f0330072_23202474.jpg


白いバッグの裏の刺繍


f0330072_23203977.jpg


小さな金具の細工も丁寧に仕上げてあることがよくわかります。
何度見ても、いつ見ても手仕事っていいなという思いになります。


この2つのバックの入っている箱と並んで引き出しに入っている箱には


f0330072_23205770.jpg


結城紬のポーチが入っています。
子どもの頃、水戸に親戚がいたので時々遊びに行っていましたが
その頃に母が買ったもののようです。
使わずにしまってあったわけですが、そうです!
これは普段でもポーチとして使えばいいのです。

そんなことを思いながらポーチを開けてみると


f0330072_23212268.jpg


型崩れしないように入れられていた詰め物に目が行きました。
新聞紙をふわっと畳んで薄紙で覆っている物です。
すぐ見えるところには、銀座の小松ストアーの小さな広告が載っています。

これは開いて見たくなりますね。


f0330072_23214222.jpg


開きました!
昭和48年の新聞でした。
1953年ですね。

f0330072_23215783.jpg


サンケイ新聞の生活欄のようです。
昔から"高級"なものは記事になりますね。


f0330072_23221041.jpg


フランスの育児に関する記事も載っていました。
昭和48年、りんご姫は8歳でした。
いつかフランスで暮らすなんていうことはちっとも考えてなんかいなくて
家の周りの野原で元気に遊んでいた頃です。

こんな新聞が、このポーチの中に畳まれてるということを
2016年5月6日まで知らずにいて
たった今、この新聞を読むおもしろさ!!


長く生きれば生きるほど、こういう楽しみは増えるわけですね。

今度の日曜日は日本では母の日ですね。
フランスの母の日は、5月の最終日曜日です。

子どもの頃には、母の日と言うとカードに必ず「長生きしてね」と書いていたように覚えています。
なぜだろう。
あの頃は、みんなそういうふうに書いていたのかな。

先日、使っているメールアドレスのひとつにOutlookからメッセージが届きました。


**************************
受信トレイからお母さんと通話しましょう
母の日にお母さんと一緒にいられなくても、感謝の気持ちは伝えられます。 Outlook.com で Skype 通話を使用すると、受信トレイから直接通話できます。

***************************


このメッセージを見たとき
おや、これは天上の母ともスカイプでなら直接通話ができそうね!
と、笑いながらつぶやいてしまいました。

普段は、"毛糸電話"で天上の母と話をしていますが
母の日は、是非ともスカイプで直接、映像付きで会話をしたいものです。^^


その時には、
今、マレや街で咲いている花やこの季節の景色を見せてあげたいな。

f0330072_23223318.jpg


キンポウゲ畑はもうすぐ刈ってしまいますよ~

f0330072_23241076.jpg


カラーにはたくさん蕾が付いて


f0330072_23244015.jpg


次々に花が開いていってますよ~


f0330072_23251571.jpg


マレのリラは野性的でしょ。

f0330072_00552308.jpg


白いリラも綺麗ね。

f0330072_00583120.jpg


マレはとってもいいところよ。


そして、犬や猫が好きだった母に
かっちゃんの笑顔も見てもらいましょう。^^

f0330072_00592317.jpg


もちろん今でも天上から見ていてくれているに違いないけれど。^^

f0330072_01124109.jpg




[PR]

by echaloterre | 2016-05-06 23:37 | 日常の特別
2016年 05月 05日

快晴の空色

f0330072_19443696.jpg


見事に晴れた空!快晴であります。


f0330072_19451815.jpg


「特に5月4日は、一日中雲一つない青空でした!」


f0330072_19474300.jpg


そんな空の下で収穫したのは、グリーンアスパラ。
4日に収穫して、またしばらくしたら採れるだろうと思っていたら
気温が20度を超えたせいもあって
まだ小さいと思っていたアスパラを翌日の5日にもまた数本収穫しました。
マレに着いたときと帰りでは、明らかにアスパラの身長が伸びているのがわかります。


f0330072_19505304.jpg

これからいろいろ植え付けていく畑には、4日に新種のツチノコが登場しました!U^×^U*
日向ぼっこをしているようですね。


f0330072_19520821.jpg


ちょっと横に移動することもあるようです。


f0330072_19525045.jpg


5日の日にも同じ場所に同じツチノコが現れましたが
今日は脚に着いた土を落として、お手入れをしているようでした。^^


f0330072_19544568.jpg


初日のツチノコさん、顔は不機嫌そうですが
真っ黒加減には満足しているようです。


f0330072_19542716.jpg


白さが眩しい花は、フィフィ島のりんごの木の花。
姫りんごに比べると大きいな。


f0330072_19562901.jpg


青い空の下の様々な緑は
近眼&老眼のメガネを外しても、その美しさがわかるくらいでした。


f0330072_19574341.jpg


笑顔あふれるかっちゃん


f0330072_19581464.jpg


暑い時は日陰で休んだり、川で泳いだり
自分で上手に調節しています。


f0330072_19585664.jpg


一方、ツチノコさんは・・・
泥んこ汚れの調節がうまくいかないようで
最終的には常に真っ黒になります・・・


f0330072_20000763.jpg


季節が夏へ動いていくなと感じさせられるマレ


f0330072_20004125.jpg


4日の帰りの港で空を見上げると


f0330072_20011199.jpg

快晴の空の青い色。

この色は、りんご姫色見本帳に登録しておきたくなりました。
りんご姫色見本帳は、今日、誕生しました!^^
1ページ目が、この快晴の空色です。


f0330072_20032975.jpg


サンザシの香りと


f0330072_20035804.jpg


青い空。


f0330072_20042496.jpg


「いい5月の始まり。いい夏の始まりですね~。」U^I^U*






[PR]

by echaloterre | 2016-05-05 23:43 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 05月 05日

立夏の候の花たち

f0330072_18334263.jpg


草臥て宿かる比や藤の花 芭蕉

くたびれてやどかるころやふじのはな


1688年、芭蕉45歳の時の句です。
復本一郎著 『芭蕉歳時記』の中で、この句に使われている季語「藤の花」の"本意"が
有賀長伯著『初学和歌式』(しょがくわかしき)(元禄9年[1696年])での説明を基に解説されていて
そこには
≪・・・藤の花によって、「暮れゆく春のけしき」「春のなごり」を「うらむ心」、
あるいは逆に「なぐさめられる心」を詠むということなのである。≫
と書いてあります。


「藤の花」は春の季語。
我が町では、その藤の花が立夏に咲いているわけです。
春がしっかり安定したなと思う頃にやってくる立夏の日。
まさに、春を名残惜しみながら夏へ向かい始める、そんな日です。


f0330072_19195795.jpg


藤に似た黄色い花は、キングサリ


f0330072_19205390.jpg


公園のシャクナゲも涼し気に咲いていて


f0330072_19214274.jpg


近所のコデマリは満開です。


f0330072_19223231.jpg


マレでもリラが咲き


f0330072_19232563.jpg


あの白い花も満開になりました。

この花は、どうやら通称 arbre à muguet と呼ばれるもののようです。
そのまま訳すとスズランの木になりますが
通称 arbre à muguetと呼ばれる木はいろいろあるようで
まだはっきりとこれだという和名には至っていません。


f0330072_19331181.jpg


本当のスズランは、のんびりと鈴を増やしています。


f0330072_19335908.jpg


果樹に目をやると、ミラベル


f0330072_19342575.jpg


カシス


f0330072_19345262.jpg


フサスグリなど、みな果実になり始めているところで
立夏は"立果"とも言えそうです。


f0330072_19355531.jpg


道端では、フウロウソウがたくさん咲いて


f0330072_19362841.jpg


そして、セイヨウサンザシの花も、4日から5日かけて開き始めました。
まだ数えるほどの花しか咲いていないのに
ふーっといい香りがしてきます。


サンザシの香りは立夏の香り・・・
そんなことに気が付いた今年の夏の始まりです。






[PR]

by echaloterre | 2016-05-05 23:30 | 植物のアルバム
2016年 05月 04日

5月人形と新緑


f0330072_18121623.jpg


兜飾りに


f0330072_18125509.jpg


何体かの人形


f0330072_18144254.jpg

50年前に弟のために両親が揃えた5月人形です。

実家を整理した時に
弟がいらないと言ったので
私が引き取ったのであります。
弟には息子が二人、つまり私にとっては甥っ子が二人いるので
彼らのための5月人形があって、そちらの方に気持ちが言っていたのでしょうから
弟の気持ちもわかり
そうかといって
捨てる気持ちにはなれず
すぐにもらってくれそうな友人も見当たらなかったので
それならば
とりあえず
フランスに持って行こう!

持ってきてしまった5月人形。

いいものですね~。
こうやって端午の節句にために
整えて飾る。

季節ごとの行事を滞りなく済ませていく。
昔から伝わってきていることには意味があるし
生活や心のリズムにも大事に思えます。

この兜飾りや人形は
いずれは
こちらの友人たちにもらってもらおうと思っています。


f0330072_18221309.jpg


公園は、まさに新緑の季節。
日本では今日、5月4日はみどりの日でしたね。


f0330072_18255186.jpg


ツツジも色鮮やかに咲いています。


f0330072_18291369.jpg


マロニエ、ユリノキ、ポプラも元気いっぱい。


f0330072_18310190.jpg


公園の正面の門にしっかり絡まっているフジはこんもりとしてきました。


f0330072_18321255.jpg


ポプラの前に立つ2本のヨーロッパナラの木は
生命のシンボル、まさにそのものです。


f0330072_18333050.jpg


辺りがどうも赤いなと思ったのは


f0330072_18342456.jpg


大きなブナの影に入っていたからでした。


f0330072_18351351.jpg


桂の並木


f0330072_18354132.jpg


プラタナスの並木、
ともにルネッサンスの季節といいたくなります。


f0330072_18365499.jpg


カテドラルの麓の別の公園でも緑が青々として
その中に見える赤い木は、セイヨウハナズオウです。


f0330072_18375059.jpg


マロニエの葉のべべたちのなんと勢いのいいこと。


f0330072_18381653.jpg


緑も人も輝く季節。


f0330072_18392887.jpg


木々や花、植物たちを、美しい風景や光景を、愛でること
それが大きな生きる意味でもあるなと確信する毎日です。


f0330072_18404404.jpg

「5月人形は、あたしのためのお人形??」 U^I^U*
そうね、あーたには、ひな人形より5月人形が合ってるわね。^^







[PR]

by echaloterre | 2016-05-04 18:45 | 日常の特別
2016年 05月 03日

マロニエの花咲く!


f0330072_09010083.jpg

マロニエの花が咲く季節がやってきました。

f0330072_09015610.jpg

ここは、まさにマロニエ広場と呼ばれるところ。

f0330072_09041826.jpg

大きなマロニエがたくさん並んでいます。

f0330072_09045653.jpg

全部で30本くらいあるかな。

f0330072_09052800.jpg

一本だけ赤い花の咲いている樹があります。

f0330072_09061828.jpg

赤い花もとてもかわいらしい。

f0330072_09065160.jpg

この樹々を見てすぐに思ったことは

f0330072_09074941.jpg

ゲルダさんのマロニエの樹の刺繍にそっくりだな
ということ。

f0330072_09110939.jpg

ゲルダさんは、どこでこの大きなマロニエの樹を見ていたのだろう。
もしかしたら、フランス、パリだったのかもしれないな。

f0330072_09121899.jpg

マロニエからマロニエへ
空を伝って
旅ができそうな気がしてきました。




[PR]

by echaloterre | 2016-05-03 23:52 | 植物のアルバム
2016年 05月 03日

5月初めの桐の広場


f0330072_08361045.jpg
 

我が町の桐の広場の桐の木に、蕾がたくさんついているのを確認したのは
4月26日のことでした。

それ以来
花が咲くのを見逃してはいけないと、時々桐の木のことを思い出し
今日は、街へ行ったついでにこの広場へ行ってきました。

f0330072_08393739.jpg

樹々を見回したところ、先日と変わってないように見えましたが
目を凝らして枝先を見つめていると

f0330072_08412659.jpg

薄い紫がちらちらっと見え

f0330072_08425185.jpg


まだ8つほどでしたが開き始めた花を見ることができました。

f0330072_08433915.jpg

咲き始めた花を見つけたときというものは
胸が高鳴りますね~♪

f0330072_08442465.jpg
 

この広場には、20本ほどの桐の木が植えられていますが
そのすべての花が開いたら、どんな感じでしょう?

素晴らしいはずだと思いますが
そんなにたくさんの花の咲いた桐の木が並んでいるのを見たことがないので
少々見るのが怖い気もします。

例年、この時季は畑仕事に熱が入って
歩いていくのはマレの方向ばかり。
そのせいで
もうここに住み始めて11年目になるのに
この桐の広場が花で溢れている姿は未だに見たことがありません。

今年は、是非とも満開の桐の花咲くこの広場を
訪れなくちゃ!!^^


f0330072_08483328.jpg

この広場へ通じる道には清々しい風が吹いていた
今日は

f0330072_08493601.jpg

5月3日でありました。





[PR]

by echaloterre | 2016-05-03 23:34 | 植物のアルバム
2016年 05月 03日

5月の写真カレンダー


f0330072_18435052.jpg


Nickさんの写真カレンダー、5月は菜の花と西駒。
菜の花畑の向こうに見える木々は、梨の木かな。

毎月楽しみにしているNickさんの写真をご紹介するのもすでに5回目。
花の季節へと移っていくのは嬉しいけれど
時が経つのはほんとに早いですね。


f0330072_18484566.jpg


山と渓谷のカレンダーは「シャクナゲ咲く屋久島・永田岳」
屋久島へ行ったのは、33年前のこと!
まだ春浅い3月のことでした。
海の傍では暖かいのに、山の上はまだ寒く
悪天のために宮之浦岳の頂上へは行くことができなかったのでした。
でも、山を降りる際に歩いたトロッコ径から見えた輝く海の姿はとても美しく
いい思い出もたくさん残っています。

屋久島や北海道の利尻島の利尻岳など
島にある山に登る醍醐味は、頂上から海が見える、海を見ながら山道を下る
そういうところにもあるかな。

f0330072_18545065.jpg


秩父のカレンダーは、実の山の山ツツジ園。
秩父の山もこれからいい季節ですね。
この時季には、雲取山や川苔山、蕎麦粒山などにも登ったな。
だいぶ昔のことになったので詳細を忘れていることに気が付かされます。

f0330072_18581059.jpg


手刷りの和紙のカレンダーには、柏餅の絵!
思わず口の中に、粒あん、こしあん、味噌餡の柏餅が現れそうです。^^

f0330072_18591234.jpg


今月は、Nickさんの写真を暖炉の上のコーナーに飾ってみました。
暖炉は閉じられていて、使ってはいませんが
こういうコーナーがあるのはいいものですね。

f0330072_1932326.jpg


外では
マレの入り口にある大きな白樺の葉が風に揺れて輝いています。
白樺の葉は裏が白いので、輝きも特別です。

カレンダーも外の景色も眩しい季節です。

[PR]

by echaloterre | 2016-05-03 19:05 | 日常の特別
2016年 05月 02日

5月のヤブデマリ


f0330072_192354100.jpg


4月の後半に咲き始めていた公園のヤブデマリの装飾花が
5月になって白く輝き始めた。

f0330072_19251568.jpg


上を向いてるヤブデマリの花たち。
その上からその花をのぞいているように立っている木はブナの木。

f0330072_19271093.jpg


蝶のような形の装飾花は、とてもかわいらしい。

f0330072_19273985.jpg


この花も、毎年会うのが楽しみな花。

f0330072_19292334.jpg


ひっそりとした存在感のあるヤブデマリ。
いい花、いい樹です。

[PR]

by echaloterre | 2016-05-02 19:30 | 植物のアルバム
2016年 05月 01日

青い空と青い亜麻の花


f0330072_2042735.jpg


5月らしい青い空が広がった1日。

f0330072_2045982.jpg


マレには青く小さい亜麻の花が咲いた。
風に揺れてゆらゆらして、花を撮るのがなかなか大変。
画面では大きく見えるけれど、小さい花。

もともとは、ジャガイモのコンパニオンプランツとして撒いて育てた花だったけれど
この花の小さい畑を作りたいなと思って
今年もまた少し種を撒くことにしている。

そこで、キンポウゲ畑のキンポウゲを抜いて
亜麻花畑用地の開拓中なのであるが
横に広がるキンポウゲ畑をかっちゃんは、気持ちよさそうに走ったり歩いたり

f0330072_208895.jpg


「ねずみちゃんはここにいますかーー??」と呼びかけてみたりするわけで

f0330072_20194415.jpg

花畑の中で、どうしてここ!と思える場所があるのか
それはやはり嗅覚なんでしょうね。

f0330072_201011.jpg


地上のものも地下のものの、嗅覚でかぎ分けている
かっちゃんの生きる力は素晴らしいな。

f0330072_2011459.jpg


「はい、鼻は大事です!」U^I^U*

f0330072_20115922.jpg


鼻も大事だけど、花もね♪
スズランの花は、かわいい鈴をいくつか開かせていました。
まだこれからがスズランの季節ね。

f0330072_201315.jpg


空には、いい雲!

f0330072_20133792.jpg


キンポウゲ畑には

f0330072_2014823.jpg


カシューの歩いた道、カシューの歩く道

f0330072_20144367.jpg


かっちゃんの花道ができつつあります。

f0330072_20151315.jpg


かっちゃんにとってもりんご姫にとっても、幸せな風景であります♪

f0330072_2015524.jpg


帰り際に上手に行水、大人になりましたね~。^^

f0330072_2016358.jpg


港に戻っても
ねずみちゃんを探し求めるかっちゃんの背中にも成長が感じられますw

f0330072_20172313.jpg


帰り道では、サンザシの蕾を見つけました。
いい季節、5月の始まりです。

[PR]

by echaloterre | 2016-05-01 23:58 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 05月 01日

5月はいつも


f0330072_21112627.jpg


青い空にプラタナスの枝が揺れる朝です。


5月はやはり、いつもこの歌からですね。





公園では

f0330072_2123335.jpg


シャクナゲも咲き始め

f0330072_21242253.jpg


ポプラの木の葉は艶々と輝き

f0330072_21245273.jpg


ユリノキの高い枝には緑の蕾。見えるかな??

f0330072_21253263.jpg


プラタナスの並木もそろそろ元気溌剌としてきます。

f0330072_21255919.jpg


ご近所の濃い紫のリラの花。この紫がとても素敵。

f0330072_21264169.jpg


散り行く姫りんごの花びらもとてもきれい。

f0330072_18235794.jpg


さて、5月1日は、スズランの日。
大事な人にスズランを贈って、幸せを願う日。
みなさんにもたくさんの幸せがありますように♪


f0330072_21294087.jpg


かっちゃんも、通りを歩く犬に

f0330072_21333492.jpg


「幸せがたくさんありますように♪」と挨拶してるのかな?! U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-05-01 21:33 | 植物のアルバム