フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Avec Cachou カシューと一緒 ( 636 ) タグの人気記事


2016年 06月 01日

6月からは・・・

f0330072_19114983.jpg

2016年6月から
カシューとりんご姫は
ここにいます。





f0330072_19113895.jpg

[PR]

by echaloterre | 2016-06-01 19:00 | 日常の特別
2016年 05月 31日

5月の終わりに

f0330072_19095605.jpg

雨が降り続く今年2016年の5月です。

今から11年前の5月の終わりにこの町で暮らすようになり
ブログを始めたのは、その翌年。
もう10年もブログを続けていることになります。

カシューが我が家にやってきたのは
8年半前。

f0330072_19103655.jpg

小さくて毛が短かったけど
筋肉はすでにしっかりついています!

f0330072_19104620.jpg

マレで穴を掘ったり

f0330072_19105677.jpg

走ったり

f0330072_19111326.jpg

大きくなったけど
マレでのかっちゃんの活動はあの頃と同じ!
U^I^U*

ブログ11年目も
静かに穏やかに
変わらず続けていこうと思います。

毎日のように写真をたくさん載せているので
2年も経てば、画像の容量がいっぱいになり
今回もまたブログを移動します。

新しいブログの準備が整い次第
お知らせいたします。

f0330072_19101555.jpg

6年前のカシューとりんご姫

船上の船長さんと船頭さんとして
マレ活動も日々の生活も前進!!

これからもどうぞよろしくお願いします♪






[PR]

by echaloterre | 2016-05-31 19:30 | 日常の特別
2016年 05月 30日

壁物語(1)

f0330072_19480765.jpg

カテドラルの周りのセイオウハナズオウの木々は
もうすっかり葉に覆われています。

f0330072_19482140.jpg

町の建物は、たいていが石作り。
その石の壁の傑作とでもいうのがこのカテドラルだな
そんな気持ちで何度も
この壮大な山のような石の塊を見上げてきました。

f0330072_19484565.jpg

フランスでいちばん大きいとされるこのカテドラルの正面は
大きすぎてカメラに全体が収まりません。

f0330072_19483202.jpg

このカテドラルは
11世紀のロマネスク様式の教会が基礎になっていて
その教会から、2世代3世代とかけて人々が石を積み上げ
13世紀にほぼだいたいができあがったようです。

f0330072_19485595.jpg

屋根を支える柱も高く美しく

f0330072_19491148.jpg

クリプト(地下聖堂)へ向かう入り口の上の彫刻は
芸術品以外の何物でもありません。

f0330072_19492225.jpg

いちばん奥にある聖母子像の後ろのステンドグラスは
16世紀のもの。

f0330072_19493423.jpg

その聖母子像側から見る天井

f0330072_19501505.jpg

南側の入り口の傍にある聖母像の後ろのステンドグラスは
15世紀のものです。

f0330072_19502670.jpg

柱の麓には、
もう消え入りそうになっている部分も多いですが
それぞれ彫刻が施されています。

f0330072_19503676.jpg

南側の入り口からは
石の芸術といえる門の向こうに広場が見えます。

f0330072_19504970.jpg

この石をひとつずつ積み上げていった作業を
想像すると
終わりの見えない作業の長さの前に汗を流す人たちの
表情が見えてきます。

f0330072_19522237.jpg

石作りの家々の奥に石造りのカテドラル

f0330072_19523507.jpg

一般の人たちには、そう簡単にはいろんな情報が入らない時代
この大きなカテドラルが
崇高なものに見えた人もいるでしょうし
押しつぶされるように重く感じた人もいるでしょう。
石の温かさと冷たさと
その両面が建物全体にも感じられるように思います。


f0330072_19525742.jpg

次の壁物語では
カテドラルのすぐそばを通る城壁の散歩道の壁をじっくり歩くことにしましょう。

f0330072_19530947.jpg

グレーの世界に色が現れると
ハッと
そして
 ホッとしますね。


写真は、5月26日に撮影したものです。


f0330072_01123962.jpg

「毎日毎日、雨が降っています。
今日は一日中、ザンザンと降っています。
大雨注意報も出ていて
あーあ、当分畑には行けそうにありません・・・
退屈です・・・」 U^×^U*





[PR]

by echaloterre | 2016-05-30 23:37 | 日常の特別
2016年 05月 29日

畑が畑らしくなっていく

f0330072_21094822.jpg

「この前、畑に行ったのは27日の金曜日


f0330072_21402022.jpg

カモミールがゆらゆらして
少し暑い日でした。

f0330072_21101323.jpg

暑い時は川で泳ぐのがいちばん!

f0330072_21102246.jpg

気持ちいい~

f0330072_21103428.jpg

島の向こう側の水路では
スイレンの花
たぶんヒツジグサと呼ばれる花が気持ちよさそうに咲いています。


f0330072_21105179.jpg

水泳の後は甲羅干し!
ここは、もう少ししたらゴーヤやキュウリを植えるので
畑を温めながら、あたしの背中も乾かします。

f0330072_21110785.jpg


カラーの花は、目一杯たくさん咲いています。


f0330072_21112084.jpg


フサスグリはかわいらしく赤くなってきています。


f0330072_21113742.jpg

おや

f0330072_21115174.jpg

にわか雨です。

f0330072_21120630.jpg

この時季は、にわか雨が多くて
たまに雹も降ってくるから気を付けなくちゃね。


f0330072_21122063.jpg

雨の中のバラとカラーと木々たち
みんなきれいだな。

f0330072_21123721.jpg

キショウブは、雨に濡れるとますますきれい。

f0330072_21130027.jpg

雨が上がったら
今度は、舟の上でお昼寝です。

f0330072_21131796.jpg

あたしが、こうして
こんなことやあんなことをやっているうちに
母さんは、かぼちゃを植え付けたり
とうもろこしの種を撒いたり
草むしりをしたり
だんだんと畑が畑らしくなっていきます。

この角度から畑を見ると
畑が島の上にあることがよくわかるかな。

f0330072_21133310.jpg

島の隅っこでは、エシャロットの葉っぱがどんどん伸びて
土の中のエシャロットも大きくなっているはずです。

去年の秋に植えたにんにくは
葉っぱもだいぶ黄色くなって
もう少し待ってから収穫かな。

f0330072_21135480.jpg

そろそろ家に帰る時間ですが
斜め向かいのピエールがレタスをくれるというので
母さんがピエールの島まで取りに行っています。
あたしはその様子を我が島からのぞいています。


f0330072_21140987.jpg

立派なレタスをたくさんもらったようです。


f0330072_21142465.jpg

母さん、早く戻ってきてーー!

f0330072_21143644.jpg

我らの畑のラディッシュも収穫して
もりもりサラダが食卓に登場するようです。

f0330072_21145046.jpg

マレの奥の方では
夏が待っています。

f0330072_21150154.jpg

その方向を見ながら
香りバラがにこにこしていました。」 U^I^U*


f0330072_21151392.jpg

かっちゃん
マレで見たいろんなものを思い出してると
目がきらきらしちゃうね。 ^^




[PR]

by echaloterre | 2016-05-29 21:42 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 05月 28日

綿毛が降ってくる

f0330072_18375096.jpg

降ってくる、降ってくる
綿毛が空から降ってくる

ポプラの雌の木から降ってくる

f0330072_18382974.jpg


その方向を見上げてみると

f0330072_18390988.jpg

白い綿毛が、たくさんたくさん
ぶらさがってるようについている

f0330072_18393761.jpg

こんなにたくさんの綿毛が木についているのを見るのは
初めてだ。

しばらく、茫然としながら見つめてしまった。

f0330072_18402848.jpg

傍で、
黄緑色から白く変わろうとしているヤマボウシの開いた花が
そっと綿毛を受け止めている。

f0330072_18404853.jpg

見えるかな
綿毛が、ヤマボウシの上に降りたのが。


f0330072_18413251.jpg

雌の木は、腕を広げるように
枝を広げている。

f0330072_18425678.jpg

菩提樹の中にも綿毛が降ってきた。

f0330072_18423249.jpg

雌の木の下に行って、再び見上げてみると

f0330072_18415452.jpg

綿!だらけです。

f0330072_18435836.jpg

固まって大きくなってるのもある!

f0330072_18463978.jpg

その重みで下がっている枝も多い。

f0330072_18461571.jpg

f0330072_18465767.jpg

f0330072_18474065.jpg

まっすぐ伸びる雄の木と

f0330072_18475692.jpg

枝を横に広げる雌の木

f0330072_18490645.jpg

この5月は、例年よりも

f0330072_18500323.jpg

ポプラの物語を充分に読ませてもらったように思う。

f0330072_18431800.jpg



[PR]

by echaloterre | 2016-05-28 19:07 | 植物のアルバム
2016年 05月 28日

アンドレ・ル・ノートル Ma petite rose


f0330072_07552956.jpg


昨年、マレに植えたバラのひとつ
アンドレ・ル・ノートル

初めて自分で選んだ品種。
2年目の今年も
ああ、このバラはいいなと思う。

傷んでいても、虫に食われていても
美しい
Ma petite rose

バラが好きというよりも
ここに咲くこのバラが好きなのだな。


f0330072_07554217.jpg


「その通り!
あたしも、いつもそばで
バラの様子を見ているから
母さんの気持ちがとってもよくわかります!」
 U^I^U*


f0330072_07555374.jpg




[PR]

by echaloterre | 2016-05-28 08:02 | 植物のアルバム
2016年 05月 26日

がんばれ果実たち!

f0330072_00113840.jpg


雨続きで1週間も行っていなかったマレに着くと
今年初めての畑のルビーが迎えてくれた。

本物のルビーよりも美しいと思える
フサスグリの赤い実。
きれいだな~



f0330072_00143241.jpg


カシスも小さい実になり始め



f0330072_00144863.jpg


ミラベルの実も大きくなってきた。
うれしいな~



f0330072_00150417.jpg


もちろん洋ナシもね。
今は、上を向いているけれど
これから大きくなっていくうちに下を向くようになるのです。



f0330072_00155204.jpg


「さあ、果実のみなさん、
雨や風に負けないで大きくなってくださいね。
あたしは、応援ダンスを踊ります♪」U^0^U*



f0330072_00161477.jpg


今年一番に咲いたバラは、香りバラ。



f0330072_00164627.jpg


「さてさて、本日は
ナスとピーマンの苗を植え付けます♪」
かっちゃん、園芸番組の司会になれそうね。



f0330072_00171476.jpg


去年のこぼれ種のニゲラももうすぐ咲きそうです。



f0330072_00172637.jpg


その傍らに、我らの小屋。
今年こそ、もう少し手を入れなくちゃね。



f0330072_00174564.jpg


まだ朝晩は寒いので植えつけたナスとピーマンには
囲いをした。

雨の合間の晴れ間に
マレ仲間が草刈りをしておいてくれたので
ずいぶんと島が広く見えるようになったな。



f0330072_00180329.jpg


バラの横顔、カラーの横顔・・・
その向こうにはちっちゃいかっちゃんのお顔。^^



f0330072_00181863.jpg


帰り道では、セイヨウサンザシが花から実へ変わろうとしている。
やっぱり花が終わる頃には
花びらがピンクになるんだな。

小さい蕾から白い花へ、
それからピンクの花びらになって実になるまで
瞬きしないで
ずーーと見てみたい。



f0330072_00185588.jpg


「今年も例年通り
マレのみんなに助けてもらいながら
ぼちぼちと植付け、種まきがんばっていきますよ~!」 U^I^U*




[PR]

by echaloterre | 2016-05-26 00:40 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 05月 25日

草の上で踊ろよ踊ろ♪

f0330072_00064032.jpg


草の上は気持ちがいいねーー



f0330072_00070633.jpg


思いっきり足もあげて踊っちゃうよー



f0330072_00065489.jpg


右に左に身体を振って



f0330072_00071840.jpg


草に背中を撫でられてるみたい!


f0330072_00073089.jpg


なんて気持ちいいんだろうー



f0330072_00074223.jpg


もうどこがどこだかわからないけど!
思いっきり踊っちゃおう♪



f0330072_00075354.jpg


久しぶりの青空が嬉しかった火曜日
かっちゃんは、その喜びを身体で表現したのでありました。U^I^U*



f0330072_00081547.jpg


いつもの公園のプラタナス並木が見える
対岸公園での出来事でした。


f0330072_00080399.jpg




[PR]

by echaloterre | 2016-05-25 23:30 | 日常の特別
2016年 05月 24日

密かな散歩

f0330072_19025314.jpg


静かな月曜日のお昼の公園には
花壇に花を植える庭師たちが数人いるだけで
他に歩いているのは我々だけだな
思った時に

ツゲの垣根で囲まれた芝生の上を
カモの親子が歩いてるのが見えた。

君たち、
誰もいないところで
ひっそりと散歩を楽しんでいるんだね。

動物たちの密かな世界を
ちょっとのぞけた楽しいひととき。



f0330072_19030605.jpg


雨で喉を潤すように開き始めた
サマータイム



f0330072_19033692.jpg


アリウムを撮ったというよりは
アリウムとアリウムの間の空間を撮ってみました。^^



f0330072_19041038.jpg


新顔のMme.SOLVAY マダム・ソルヴェイは
ANDRE EVE アンドレ・イヴ のバラ。



f0330072_19043289.jpg


黄色とオレンジがいい具合に混じっているな。



f0330072_19045811.jpg


ふわふわっと咲いているセイヨウニワトコの花のひとつひとつは



f0330072_19051103.jpg


小さいのです。



f0330072_19053450.jpg


「あたしの鼻は、大きいの。」 U^I^U*





[PR]

by echaloterre | 2016-05-24 19:15 | 小動物のアルバム
2016年 05月 23日

コクリコ、ポピー、赤いケシ

f0330072_18155497.jpg


土曜日に
青い空を仰いで咲くコクリコを見上げていたら
思い出した。



f0330072_18163250.jpg
Kit* Summer Wild Flowers by DERWENTWATER DESINGS
Design* Rose Swalwell


イギリスのRose Swalwellさんの図案 Summer Wild Flowers に
刺繍のコクリコの花があったことを。
図案には、poppy ポピーと記されている。

この刺繍は
2014年の12月の終わりに記事にして以来、
ずいぶん長いこと引き出しにしまいっ放しだ。
この夏には
ぜひ、仕上げたいものです。



f0330072_18234520.jpg


そして
時々手に取って読んでいる須賀敦子さんの本の中の
『塩一トンの読書』に
「麦畑のなかの赤いケシの花」というエッセイがあることにも気が付いた。


映画『眺めのいい部屋』や『サン・ロレンッオの夜』の話に続いて
須賀氏の義母の言葉について書かれている。

≪金色の麦畑に赤いケシが咲いてて、と私は姑にどこかで見た風景の話をしたことがある。
夢みたいにきれいだった。すると、農家の出の彼女は、何やら変な顔をして私を見た。
いやあね、ケシの咲いた麦畑がきれいだなんて。そう彼女は言った。
私たちにとっては恥なのよ。あれは雑草にすぎないのだから。≫


風に吹かれて種が飛んで地に落ちて
花を咲かせるケシの花。
マレの畑にも、毎年どこかから種が飛んできて
思わぬ場所に花を咲かせる。

でもあるとき、マレの仲間が言った。
「コクリコが咲くっていうことは、除草剤を撒いてないってことだね。」
そう言われたとき
私にとっては、赤いコクリコの花が咲く畑が自慢に思えた。
「除草剤を使ってないBIOの畑なんですよ」
と、コクリコがみんなに説明してくれているのだ。


雑草の赤いケシが
恥の印になったり、自慢の種になったり・・・
時と場所によって見方は変わるものである。

今だって、コクリコが畑にたくさん咲いてしまったら
それは困ったことだけど
赤い花びらを風にひらひらさせてる花が
畑の片隅に咲いているのはいい眺めである。

当のコクリコは
そんなことは何も考えずに
風を受けて、ただひらひらと揺れているだけだけれど。
堂々と空を仰いでいる姿も
雨にしょげてる姿も
とても魅力的だ。



f0330072_21573609.jpg


今日のあのコクリコは
雨の中。


そういえば
昨年の6月に訪れた南仏プロヴァンスのリュベロンの小さい村にも
コクリコがたくさん咲いていた。



f0330072_23113256.jpg


そういえば、そういえば・・・



f0330072_23115444.jpg


赤いコクリコの花から
いろんな思い出が湧いてくる。






[PR]

by echaloterre | 2016-05-23 23:18 | 表現されたもの、本・映画など