フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Faune 動物たち ( 39 ) タグの人気記事


2016年 05月 29日

ゾウのはな子の思い出

f0330072_20150289.jpg

井の頭公園の動物園のゾウのはな子が
69歳で旅立ったというニュースを読んで

まだ生きていたんだなと思ったのと、
そうか…
と寂しい気持ちになったのは

子どもの頃に
家族で井の頭公園によく行って、
はな子にも会ってたはずだからだと思う。
              

古いアルバムに貼ってあるこの写真のゾウは、はな子に違いない。

f0330072_20152242.jpg

写真を撮っている影の人は、きっと母だろう。
ゾウの写真も、はな子だからこそこうやって写真に撮ったのだろうと思う。

私も弟もこの時、生まれて初めてゾウやラクダを見たのかもしれない。

f0330072_20153540.jpg

なんだかとてもおしゃれに見える子供服である。

f0330072_20154512.jpg

昭和44年ごろの東京の公園のベンチに座る
小さな姉弟。
この赤いバスケットのことはよく覚えてる。

 
はな子、69歳までよくがんばった。
大きな役割を背負わされて日本へやってきたんだね。
いくら大きな背中としっかりした足があっても
その役割は重かったね。

ゾウ舎で横たわってるときは
微かに覚えてる故郷の景色や仲間たちのことを思い出していたかもしれないな。

動物園の存在に全面的に反対するわけではないけれど
動物は動物らしく
その動物があるがままのところで暮らせたらいいね。
人間も人間らしく、そのままに。
でも、人間らしくがどういうことかさえ
わからなくなっている世の中かもしれない。
自然が自然らしくあれば
人間も人間らしくいられると思うんだけどな。


今朝は
カッコウの声が
マレの方でよく響いていた。
雨に濡れた木々や葉がそうさせたのかもしれない。

姫りんごには、返り咲きの花がいくつか咲いている。

f0330072_20155505.jpg



[PR]

by echaloterre | 2016-05-29 20:40 | 書いておきたいこと・思い出
2016年 05月 27日

満開のヤブウツギ

f0330072_17032838.jpg

公園のヤブウツギは、今が満開。


f0330072_17034088.jpg

よく咲いている。
この地が気に入ってるのだなぁ。


f0330072_17035555.jpg

公園全体もかなり緑に覆われてきた。

f0330072_17041185.jpg

ヤブウツギのそばに植えられているセイヨウシデには
見事なフライングシードができている。
その黄緑色がとても美しい。

f0330072_17042617.jpg

そんな公園の小さな行水物語・・・

f0330072_17044062.jpg

小さな水たまりでメルルが上手に水浴びをしていた。

f0330072_17045744.jpg

かっちゃんも水浴びが上手だけど
メルルも上手ね~。

f0330072_17051329.jpg

「あたしは水たまりでは泳がないけど
川では水泳だってするもん!」 U^I^U*





[PR]

by echaloterre | 2016-05-27 17:15 | 植物のアルバム
2016年 05月 26日

鳥は目覚まし

f0330072_21121985.jpg


いい夕暮れ
窓から、かなり長いこと見上げていた空

そして夕暮れの後には夜が来て、
その後には朝が来る。


5時きっかりにメルルが高らかに歌い始め
その後を追うように
ツバメたちがおしゃべりを始める。

そのツバメの伴奏が気に入ったように
メルルはさらに美しいメロディーを奏でる。

そのうち空がしらみ始め
気が付くと
カシューのいびきが旋律になっている。



f0330072_21125696.jpg


今の日の出は6時頃
日の入りは21時半ぐらい。
夏至に向かって、どんどんと日は伸びている。

メルルが5時きっかりに鳴きだすなんて
目覚まし時計にできるじゃない
と思ったけれど
目覚まし時計だって、時間という観念だって
人間の考えのもとに作りだされたもの。

もともと、日の出と日の入りはあって
その間を鳥たちはどういう時間で過ごしているのだろう。
朝、お腹が空く時間が目覚めの時間かな。
それとも、日の出少し前に、物がよく見え始めるから声も出してみるのかな。



f0330072_21144208.jpg


私がここを通る時間帯は毎回違うのに
年老いたゴールデンレトリバーと飼い主のお爺さんを見かけるのは
今月3回目。



f0330072_21161480.jpg


塀の上からのぞくバラの花


f0330072_21174670.jpg


街のあちこちで見かけるのは
みっしりと咲くピラカンサス


f0330072_21183128.jpg


そして見納めの桐の花。
今日も花の香りがして
落ちていた花を拾って鼻を近づけてみたら
思っていた以上に香りがした。




[PR]

by echaloterre | 2016-05-26 21:40 | 雲のアルバム
2016年 05月 24日

密かな散歩

f0330072_19025314.jpg


静かな月曜日のお昼の公園には
花壇に花を植える庭師たちが数人いるだけで
他に歩いているのは我々だけだな
思った時に

ツゲの垣根で囲まれた芝生の上を
カモの親子が歩いてるのが見えた。

君たち、
誰もいないところで
ひっそりと散歩を楽しんでいるんだね。

動物たちの密かな世界を
ちょっとのぞけた楽しいひととき。



f0330072_19030605.jpg


雨で喉を潤すように開き始めた
サマータイム



f0330072_19033692.jpg


アリウムを撮ったというよりは
アリウムとアリウムの間の空間を撮ってみました。^^



f0330072_19041038.jpg


新顔のMme.SOLVAY マダム・ソルヴェイは
ANDRE EVE アンドレ・イヴ のバラ。



f0330072_19043289.jpg


黄色とオレンジがいい具合に混じっているな。



f0330072_19045811.jpg


ふわふわっと咲いているセイヨウニワトコの花のひとつひとつは



f0330072_19051103.jpg


小さいのです。



f0330072_19053450.jpg


「あたしの鼻は、大きいの。」 U^I^U*





[PR]

by echaloterre | 2016-05-24 19:15 | 小動物のアルバム
2016年 04月 18日

白鳥と雲


f0330072_9152012.jpg


今日もお澄ましの白鳥

f0330072_9154550.jpg


すいすい水面を滑っています

f0330072_9162038.jpg


雲も白鳥と一緒にすいすい空を滑っています

f0330072_9165294.jpg


白い雲と白い白鳥

f0330072_9173329.jpg


新緑の季節です

[PR]

by echaloterre | 2016-04-18 23:58 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 04月 15日

葦の中でかくれんぼ


f0330072_1935482.jpg


「あたしはどーこだ??見える??」
かっちゃんは、また葦の生える細長い島の中で
ねずみちゃんと追いかけっこをしながら、かくれんぼを楽しんでます。

f0330072_19361222.jpg


そこへ通りかかったブラックくんとそのお父さんがボンジュール。
「一緒に遊びたいな」と一瞬ブラックくんの声が聞こえました。^^

f0330072_19373027.jpg


しかし、聞き分けのいい大人しいブラックくん
なんどもこちらをふり返りながら、自分の島へと去っていきました。

f0330072_19382356.jpg


船長さーん、あなたも聞き分けのいい船長さんであってほしいのですが・・・
早く舟に乗ってくださーい。

f0330072_19391774.jpg


船長さん!この島に置いていきますよーー

f0330072_19395529.jpg


「あ、それは困ります!この島には、おやつがないもの!!」

f0330072_19402718.jpg


かくして
長い寄り道の末
舟の進路はいつものようにフィフィ島へと修正できたのでありました。

f0330072_19411331.jpg


「へっへへ、楽しいかくれんぼだったな~。次回がまた楽しみだな~。」U^I^U*

春雷が来る前の13日の午後のお話でした。

[PR]

by echaloterre | 2016-04-15 19:43 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 04月 10日

ウリ科の種たち


f0330072_19575857.jpg


ツバメが元気に飛び交う青空の朝です。
ツバメの歌声が「晴れ!晴れ!」と聞こえます。^^


さて、これはウリ科の野菜や果物の種たちです。何の種かわかりますか?

f0330072_19595257.jpg


黒い小さい種は、スイカの種。
時計回りに
メロンの種
キュウリの種
ズッキーニの種
かぼちゃの種
シチリアヘビウリの種
ポルトガルズッキーニの種です。

シチリアヘビウリの種は独特ですね。
ポルトガルズッキーニは初めて育てますが
かなり大きいズッキーニになるそうです。

あ、ひとつ忘れていました。

f0330072_20111892.jpg


ゴーヤの種もね。

直播きにするのは、もう少し先です。
いくつかの種は、家の中でポットに撒きました。

楽しみなのは、なんといってもシチリアヘビウリの花と実です。

f0330072_20143733.jpg


ツバメたち、お隣さんのとよの上でおしゃべりしています。

f0330072_20164058.jpg


「そんなこんなは後にして、早くマレに行きましょうよー!!」 U^I^U*
はい、はい!^^

[PR]

by echaloterre | 2016-04-10 20:10 | 日常の特別
2016年 03月 28日

「ここは海?」「いやいや湖よ!」


f0330072_21494036.jpg


北海道の景色を思い出すような平地の広がりに

f0330072_21501547.jpg


日本風の橋がかかった湖に

f0330072_21504135.jpg


のんびりの時間を過ごすあひるたち。

f0330072_21512852.jpg


復活祭の日曜日の昼食後に、町外れの湖にやってきた。

f0330072_21521236.jpg


風が強いので、あひるたちは風のこない場所で休憩中。

f0330072_21531482.jpg


湖には、かなり大きい波が立ち

f0330072_21533286.jpg


空には怪しい雲が広がっていく。

f0330072_21541085.jpg


「むむむ、

f0330072_21544275.jpg


こういう押し寄せてくる水は、南仏の海で見たことがあるぞ。

f0330072_2155248.jpg


ここは海???」

f0330072_2155462.jpg


「いえいえ、ここは湖です!」

f0330072_21561415.jpg


あひるの返事を聞いて

f0330072_21563868.jpg


しばらく考えたかっちゃん。

f0330072_2157470.jpg


「そうだな~。海にはあひるはいなかったし
水はもっと塩からかった。
そっか、
ここは前にも何度も来たことのある湖だ!」 U^I^U*

f0330072_21582061.jpg


今日もまたひとつ

f0330072_21584467.jpg


風が強いと湖にも波が立つということを学習したかっちゃんである。^^

f0330072_21592043.jpg


ポツポツと雨が降ってきた。

f0330072_2159429.jpg


ここもマレと同じく、かつては完全な湿地帯だった場所で

f0330072_2201255.jpg


そこに湖を作って整備したのである。

f0330072_221853.jpg


「楽しかったけど・・・
あたしはやっぱり、
マレのおいしい川の水と畑のある島が好きだな~!!」U^0^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-03-28 22:03 | 日常の特別
2016年 03月 06日

着物に触れる日 <弥生>


f0330072_0373888.jpg


先月の6日、思い立って母の着物を手にして
毎月6日は、着物や小物を手に取って空気を当てる日ということにしてみた。

3月は、帯締めと帯留め。

帯締めの色といい織り方といい、帯留めの形や素材にしても
芸術だな~とため息が出る。

帯締めには、真田紐がよく使われるようだが

ウィッキペディアの説明
「起原は定かではないが、チベットの山岳民族が家畜の獣毛を染め腰機を用い織った細幅織物が
仏教伝来と共に海路日本に入ってきたものが、停泊地の沖縄地方ではミンサー織りになり、
本州では綿を草木で染め織った細幅織物となり後の真田紐になったと言われている。」
とあるのが非常に興味深い。

また別のサイトでは
「エベレスト山脈の北側を起源とし中国皇帝から日本宮中に伝わった組紐と、
エベレスト山脈の南側を起源とし武士や町民を主体として広まった真田紐は
作り方も作者も使用用途もすべてに違いがあります。
一説によれば源氏方は真田紐を平家方は組紐を使用する傾向があったという説も言われます。」
とあり、この記述も興味をそそられる。

着物の世界から、これまた多方面へ話が広がりそうである。

f0330072_038070.jpg


この帯締めや帯留めは、どんな職人さんが作ったのだろう。
今や、母の着物や小物について知っている人はみな天上に行ってしまったから
上から何かのサインを送ってもらうように頼んでおくことにしよう。^^


f0330072_0433847.jpg


今日もいい雲が出ています。

f0330072_0435927.jpg


ヤグルマギクが咲いてます。

f0330072_0442258.jpg


また鶴の群れが北東へ向かって行きました。

f0330072_045811.jpg


ヒメオドリコソウが踊っています。

[PR]

by echaloterre | 2016-03-06 22:22 | 日常の特別
2016年 03月 02日

嵐の前の下のマレ散歩


f0330072_131355.jpg


午後から嵐だというので、嵐が来る前に散歩をしなくちゃ!と歩き始めた下のマレ

f0330072_1315995.jpg


喉かな春を思わせる小さな水路とカモのカップル

f0330072_1324953.jpg


ほら、カモの雌の茶色い羽の下にきれいな青い色が見えるでしょ?!
これが、カモのカップルの刺繍のところでお話した青です。

f0330072_1343596.jpg


雲は西から東へ、力強く流れています。

f0330072_1345887.jpg


季節の変わり目には風が吹きますが、特に春になる前の風は非常に強い時があります。

f0330072_1355916.jpg


ある年には、マレの小屋の屋根が吹き飛んでしまったことがありました。

f0330072_1364323.jpg


それは、道具を入れてある方のトタンの屋根でしたが

f0330072_1372181.jpg


そりゃもう、びっくりしました。

f0330072_1395497.jpg


2010年の春のことでした。

f0330072_1412490.jpg


その春は、マレの仲間に手伝ってもらって小屋の屋根修理に時間をかけました。

f0330072_1442316.jpg


これもひとつのいい記念、いい思い出になりましたが

f0330072_1445429.jpg


嵐がやってきても、もう小屋の屋根は剥がさないでほしいものです。^^


f0330072_1511467.jpg


そんなことを思い出しているうちに、分かれ道のところまでやってきました。

f0330072_15155100.jpg


今日は土手の方へは行かず、モネの小道の方へ進みます。
洪水は、だいぶ引いてきましたが、まだちょっと川は溢れています。

f0330072_1524421.jpg


時折り日が照ったり

f0330072_1531343.jpg


黒い雲に覆われたり

f0330072_1533571.jpg


風の仕業ですね。

f0330072_154492.jpg


「あたしは川の水が大好き!」

f0330072_1543633.jpg


この部分も川の水が溢れやすい場所です。

f0330072_1554094.jpg


かっちゃんは、水の中を歩くのは得意なのよね。^^

f0330072_1562014.jpg


ポツポツと雨が降ってきました。

f0330072_1565695.jpg


嵐がやってくる前に、急いで家に帰らなくちゃ!

f0330072_1573377.jpg


モネの小道の終わりのところで、木瓜が「またね」と言ってくれたのを聞いてから

f0330072_1583532.jpg


家に着いたら、嵐が来るどころか、青い空に白い雲!
春の天気は気まぐれね!!

f0330072_1591653.jpg


「あたしも気まぐれ~、時々こんな格好をします♪」U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-03-02 23:28 | 雲のアルバム