タグ:Flore 植物たち ( 502 ) タグの人気記事


2016年 05月 31日

壁物語(2)

f0330072_18110784.jpg

バラがのぞくこの塀の向こうは

f0330072_18112695.jpg

司教の館

f0330072_18113839.jpg

その少し先 振り返ると

f0330072_18115227.jpg

カテドラルがこのように見えるところから

f0330072_18120517.jpg

Promenade des Remparts 城壁の散歩道 が始まります。

f0330072_18121516.jpg

この城壁は、ガロロマン時代
4世紀の中ごろに建立されたもので

f0330072_18122770.jpg

当時の町の周りを囲んでいたものです。

f0330072_18124020.jpg

その後、
どの部分がいつ頃どのように修復されてきたか等は不明ですが

f0330072_18125004.jpg

その城壁の一部がこうして残っているというのは
中世の人々の暮らしを知るためにも
すばらしいことです。

f0330072_18130448.jpg

この道は、普段は地元の人の散歩道

f0330072_18133009.jpg

シーズンには観光客も多く通ります。

f0330072_18131420.jpg

この散歩道は、モクゲンジや桐、ニシキギなど
興味深い木々も植えられています。


f0330072_18135875.jpg

石の他に煉瓦も使われていますね。

f0330072_18141381.jpg

石を積むというのも芸術です。

f0330072_18143106.jpg

あまり完璧に修復していない

f0330072_18144717.jpg

そういうところは
フランスの"詫び、寂び"ともいえるかもしれません。

f0330072_18152161.jpg

石や煉瓦のひとつひとつに物語があるのだな。

f0330072_18153852.jpg

10分も歩かないうちに

f0330072_18155616.jpg

散歩道の終点です。

f0330072_18161267.jpg

突当りの左右には

f0330072_18164385.jpg

町の上方と

f0330072_18170216.jpg

町の下方へ向かう小道になっています。
ここは、ガロロマン時代から
町の上と下を結ぶ抜け道、近道だったそうです。

フランスには小高い丘の上に作られた町が多いですが
我が町のカテドラルも丘のいちばん高いところに建っているわけです。

f0330072_18150374.jpg

写真は、5月23日に撮ったものです。
この日も、
老いたゴールデンレトリバーと飼い主のおじいさんを見かけたのでありました。

この散歩道を観光化のために
もっと整備しようという地元の人たちの話もあるようですが
このままの静かな姿を残す方が
真の観光のためにもいいんじゃないかなと
個人的には思います。

f0330072_18134416.jpg

23日は、まだ桐の花が咲いていましたが
今日、31日は、もう散ってしまっていることでしょう。

f0330072_18172709.jpg

町の上と下を結ぶ小道の壁に終わりの藤が咲いていたのは、
26日のこと。

f0330072_18173927.jpg

今日は雨の中で
タチアオイの蕾が大きくなり

f0330072_18175089.jpg

ご近所のクレマチスが明るく咲いています。




[PR]

by echaloterre | 2016-05-31 18:48 | 日常の特別
2016年 05月 29日

畑が畑らしくなっていく

f0330072_21094822.jpg

「この前、畑に行ったのは27日の金曜日


f0330072_21402022.jpg

カモミールがゆらゆらして
少し暑い日でした。

f0330072_21101323.jpg

暑い時は川で泳ぐのがいちばん!

f0330072_21102246.jpg

気持ちいい~

f0330072_21103428.jpg

島の向こう側の水路では
スイレンの花
たぶんヒツジグサと呼ばれる花が気持ちよさそうに咲いています。


f0330072_21105179.jpg

水泳の後は甲羅干し!
ここは、もう少ししたらゴーヤやキュウリを植えるので
畑を温めながら、あたしの背中も乾かします。

f0330072_21110785.jpg


カラーの花は、目一杯たくさん咲いています。


f0330072_21112084.jpg


フサスグリはかわいらしく赤くなってきています。


f0330072_21113742.jpg

おや

f0330072_21115174.jpg

にわか雨です。

f0330072_21120630.jpg

この時季は、にわか雨が多くて
たまに雹も降ってくるから気を付けなくちゃね。


f0330072_21122063.jpg

雨の中のバラとカラーと木々たち
みんなきれいだな。

f0330072_21123721.jpg

キショウブは、雨に濡れるとますますきれい。

f0330072_21130027.jpg

雨が上がったら
今度は、舟の上でお昼寝です。

f0330072_21131796.jpg

あたしが、こうして
こんなことやあんなことをやっているうちに
母さんは、かぼちゃを植え付けたり
とうもろこしの種を撒いたり
草むしりをしたり
だんだんと畑が畑らしくなっていきます。

この角度から畑を見ると
畑が島の上にあることがよくわかるかな。

f0330072_21133310.jpg

島の隅っこでは、エシャロットの葉っぱがどんどん伸びて
土の中のエシャロットも大きくなっているはずです。

去年の秋に植えたにんにくは
葉っぱもだいぶ黄色くなって
もう少し待ってから収穫かな。

f0330072_21135480.jpg

そろそろ家に帰る時間ですが
斜め向かいのピエールがレタスをくれるというので
母さんがピエールの島まで取りに行っています。
あたしはその様子を我が島からのぞいています。


f0330072_21140987.jpg

立派なレタスをたくさんもらったようです。


f0330072_21142465.jpg

母さん、早く戻ってきてーー!

f0330072_21143644.jpg

我らの畑のラディッシュも収穫して
もりもりサラダが食卓に登場するようです。

f0330072_21145046.jpg

マレの奥の方では
夏が待っています。

f0330072_21150154.jpg

その方向を見ながら
香りバラがにこにこしていました。」 U^I^U*


f0330072_21151392.jpg

かっちゃん
マレで見たいろんなものを思い出してると
目がきらきらしちゃうね。 ^^




[PR]

by echaloterre | 2016-05-29 21:42 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 05月 28日

ミズキとカジノキ

f0330072_20055455.jpg
 

この季節、公園の一角
バラ園のそばで、たくさんの白い花を付けている木がある。


f0330072_20065540.jpg


f0330072_20072730.jpg

f0330072_20075141.jpg

f0330072_20081361.jpg

枝が水平に広がって、上を向いて花が咲くのは
同じく公園内植えられているヤブデマリに似ている。

f0330072_20085936.jpg


ミズキの木の後ろに植えられている
一回り大きい木は



f0330072_20102961.jpg

この木の幹も魅力的だ。

f0330072_20121782.jpg

カジノキにもちょうど今、花が咲いている。

この公園には、
実に興味深い木々が植えられているなあ。


このミズキやカジノキのすぐ横に
今、花の季節を迎えているバラ園があるのだ。


f0330072_00141034.jpg

いろんな種類の木々が調和よく植えられていて
この公園は
毎日のように散歩しても飽きることがない。


マレへ行く道の
セイヨウサンザシの木やブラックベリーの木の並びにも
ミズキらしき木が生えている。

f0330072_20125333.jpg
f0330072_20131228.jpg

葉も花も公園のミズキの比べると小ぶりだけど
果たして
ミズキであっているだろうか。




[PR]

by echaloterre | 2016-05-28 23:55 | 植物のアルバム
2016年 05月 28日

綿毛が降ってくる

f0330072_18375096.jpg

降ってくる、降ってくる
綿毛が空から降ってくる

ポプラの雌の木から降ってくる

f0330072_18382974.jpg


その方向を見上げてみると

f0330072_18390988.jpg

白い綿毛が、たくさんたくさん
ぶらさがってるようについている

f0330072_18393761.jpg

こんなにたくさんの綿毛が木についているのを見るのは
初めてだ。

しばらく、茫然としながら見つめてしまった。

f0330072_18402848.jpg

傍で、
黄緑色から白く変わろうとしているヤマボウシの開いた花が
そっと綿毛を受け止めている。

f0330072_18404853.jpg

見えるかな
綿毛が、ヤマボウシの上に降りたのが。


f0330072_18413251.jpg

雌の木は、腕を広げるように
枝を広げている。

f0330072_18425678.jpg

菩提樹の中にも綿毛が降ってきた。

f0330072_18423249.jpg

雌の木の下に行って、再び見上げてみると

f0330072_18415452.jpg

綿!だらけです。

f0330072_18435836.jpg

固まって大きくなってるのもある!

f0330072_18463978.jpg

その重みで下がっている枝も多い。

f0330072_18461571.jpg

f0330072_18465767.jpg

f0330072_18474065.jpg

まっすぐ伸びる雄の木と

f0330072_18475692.jpg

枝を横に広げる雌の木

f0330072_18490645.jpg

この5月は、例年よりも

f0330072_18500323.jpg

ポプラの物語を充分に読ませてもらったように思う。

f0330072_18431800.jpg



[PR]

by echaloterre | 2016-05-28 19:07 | 植物のアルバム
2016年 05月 28日

アンドレ・ル・ノートル Ma petite rose


f0330072_07552956.jpg


昨年、マレに植えたバラのひとつ
アンドレ・ル・ノートル

初めて自分で選んだ品種。
2年目の今年も
ああ、このバラはいいなと思う。

傷んでいても、虫に食われていても
美しい
Ma petite rose

バラが好きというよりも
ここに咲くこのバラが好きなのだな。


f0330072_07554217.jpg


「その通り!
あたしも、いつもそばで
バラの様子を見ているから
母さんの気持ちがとってもよくわかります!」
 U^I^U*


f0330072_07555374.jpg




[PR]

by echaloterre | 2016-05-28 08:02 | 植物のアルバム
2016年 05月 27日

セイヨウサンザシの花の後


f0330072_19562743.jpg


すっかり花びらの落ちたセイヨウサンザシ
これから実ができていくわけだけど
この今の姿も非常に魅力的だ。

f0330072_19564705.jpg


この木の持ち主のダニエルおじいさんが
「いやー剪定するとき、棘があって大変でね」
と言っていた。
まったくもって、痛そうで、大変そうな棘である。

f0330072_19571569.jpg

[PR]

by echaloterre | 2016-05-27 23:55 | 植物のアルバム
2016年 05月 27日

満開のヤブウツギ

f0330072_17032838.jpg

公園のヤブウツギは、今が満開。


f0330072_17034088.jpg

よく咲いている。
この地が気に入ってるのだなぁ。


f0330072_17035555.jpg

公園全体もかなり緑に覆われてきた。

f0330072_17041185.jpg

ヤブウツギのそばに植えられているセイヨウシデには
見事なフライングシードができている。
その黄緑色がとても美しい。

f0330072_17042617.jpg

そんな公園の小さな行水物語・・・

f0330072_17044062.jpg

小さな水たまりでメルルが上手に水浴びをしていた。

f0330072_17045744.jpg

かっちゃんも水浴びが上手だけど
メルルも上手ね~。

f0330072_17051329.jpg

「あたしは水たまりでは泳がないけど
川では水泳だってするもん!」 U^I^U*





[PR]

by echaloterre | 2016-05-27 17:15 | 植物のアルバム
2016年 05月 27日

viorne obier カンボク

f0330072_00175686.jpg

カンボク肝木
仏名 viorne obier
学名 Viburnum opulus

この花の名前は
おそらくカンボクで合っているでしょう?!


f0330072_00243783.jpg

毎年、実のなっている時季にしか
この植物を見ていなかったので
今回この花を見て
ヤブデマリに似ている・・・
と思ったところから
名前がわかってきました。

f0330072_00250767.jpg

ヤブデマリの装飾花が蝶のような形をしているのに対して
このカンボクの装飾花は、5枚の花びらが均等で
梅の花のような形をしていますね。

f0330072_00284789.jpg

長年なんだろうと思っていた花の名前が
わかった!時の喜び!!

f0330072_00292503.jpg

またこの町と仲良くなれたような気がします。



[PR]

by echaloterre | 2016-05-27 00:50 | 植物の名前
2016年 05月 26日

がんばれ果実たち!

f0330072_00113840.jpg


雨続きで1週間も行っていなかったマレに着くと
今年初めての畑のルビーが迎えてくれた。

本物のルビーよりも美しいと思える
フサスグリの赤い実。
きれいだな~



f0330072_00143241.jpg


カシスも小さい実になり始め



f0330072_00144863.jpg


ミラベルの実も大きくなってきた。
うれしいな~



f0330072_00150417.jpg


もちろん洋ナシもね。
今は、上を向いているけれど
これから大きくなっていくうちに下を向くようになるのです。



f0330072_00155204.jpg


「さあ、果実のみなさん、
雨や風に負けないで大きくなってくださいね。
あたしは、応援ダンスを踊ります♪」U^0^U*



f0330072_00161477.jpg


今年一番に咲いたバラは、香りバラ。



f0330072_00164627.jpg


「さてさて、本日は
ナスとピーマンの苗を植え付けます♪」
かっちゃん、園芸番組の司会になれそうね。



f0330072_00171476.jpg


去年のこぼれ種のニゲラももうすぐ咲きそうです。



f0330072_00172637.jpg


その傍らに、我らの小屋。
今年こそ、もう少し手を入れなくちゃね。



f0330072_00174564.jpg


まだ朝晩は寒いので植えつけたナスとピーマンには
囲いをした。

雨の合間の晴れ間に
マレ仲間が草刈りをしておいてくれたので
ずいぶんと島が広く見えるようになったな。



f0330072_00180329.jpg


バラの横顔、カラーの横顔・・・
その向こうにはちっちゃいかっちゃんのお顔。^^



f0330072_00181863.jpg


帰り道では、セイヨウサンザシが花から実へ変わろうとしている。
やっぱり花が終わる頃には
花びらがピンクになるんだな。

小さい蕾から白い花へ、
それからピンクの花びらになって実になるまで
瞬きしないで
ずーーと見てみたい。



f0330072_00185588.jpg


「今年も例年通り
マレのみんなに助けてもらいながら
ぼちぼちと植付け、種まきがんばっていきますよ~!」 U^I^U*




[PR]

by echaloterre | 2016-05-26 00:40 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 05月 25日

草の上で踊ろよ踊ろ♪

f0330072_00064032.jpg


草の上は気持ちがいいねーー



f0330072_00070633.jpg


思いっきり足もあげて踊っちゃうよー



f0330072_00065489.jpg


右に左に身体を振って



f0330072_00071840.jpg


草に背中を撫でられてるみたい!


f0330072_00073089.jpg


なんて気持ちいいんだろうー



f0330072_00074223.jpg


もうどこがどこだかわからないけど!
思いっきり踊っちゃおう♪



f0330072_00075354.jpg


久しぶりの青空が嬉しかった火曜日
かっちゃんは、その喜びを身体で表現したのでありました。U^I^U*



f0330072_00081547.jpg


いつもの公園のプラタナス並木が見える
対岸公園での出来事でした。


f0330072_00080399.jpg




[PR]

by echaloterre | 2016-05-25 23:30 | 日常の特別