タグ:Pommier à fleurs 姫りんご ( 63 ) タグの人気記事


2016年 04月 03日

ゲルダさんのヨーロッパナラの木 再び!


f0330072_20533935.jpg
*Kit: STILKEG L.N.30-6221 by Haandarbejdets Fremme
Design:Gerda Bengtsson
toile: Lin cashel zweigart 11 fils blanc pur


ゲルダさんのヨーロッパナラの木の図案をフレメのキットのリネンに刺繍したのは
1月の終わりのことでした

季節が流れ、今回は真っ白いリネンに刺繍してみました。
とても生き生きしたヨーロッパナラの木になりました。

北ドイツ在住の sternenliedさんのブログでは
ヨーロッパナラの木の長老の今!の写真を見ることができます。→ ??
春になって緩んでいる姿がとてもいいのです。^^

ドイツ語には
「deutsch Eiche(ドイチェアイヒェ、ドイツのヨーロッパナラ)のような人」という表現もあって
「一本芯が通った人」という意味のようだと sternenliedさんが教えてくれました。
どんな人か、樹に例えるってなんだかいいな〜♪


f0330072_2054139.jpg


今日は晴れ。
姫りんごも元気に動きだしています。

f0330072_20542427.jpg


久しぶりに焼いた太っちょりんごとレモンのケーキ。
かっちゃんがべべの頃、
テーブルの真ん中に置いてあったこのケーキを半分くらい食べてしまった!
といういわくつきのw非常に!美味しいケーキなのです。U^×^U*
下記のMOREのところにレシピを載せておきます。


f0330072_2055313.jpg


f0330072_20551826.jpg


f0330072_20553279.jpg


空の流氷も溶けていくようです。

f0330072_20565437.jpg


「りんごとレモンのケーキ、ちょぴっとしか味見できなかった・・・」U^I^U*


りんごとレモンのケーキのレシピ
[PR]

by echaloterre | 2016-04-03 20:52 | 手しごと
2016年 01月 29日

束の間の青空


f0330072_9342697.jpg


姫りんごも霧に包まれる朝

f0330072_935341.jpg


そのうちご機嫌が直ったように太陽が顔を出し始めた。

f0330072_935365.jpg


すでに11時くらいなのに、まるで朝陽に向かって歩いている気分だ。

f0330072_9361948.jpg


濡れた道の上には新鮮な空気が流れてるようで、ほんとうに朝のよう。

f0330072_9372172.jpg


ここには大きな菩提樹が手を広げている。

f0330072_9374978.jpg


そして見上げるカテドラルの上には

f0330072_9381411.jpg


なんともいえない"空色"の空が広がっていた。

f0330072_9384937.jpg


木瓜のかわいい蕾を見てから、石の階段を上ると

f0330072_9392163.jpg


ますます空が美しい。

街での用事を済ませ
ちょうど我が家とは街を挟んで反対側にある小麦市場のそばのプラタナス並木に着いた頃には

f0330072_940552.jpg


すっきりとした青空になった。

f0330072_941235.jpg


気持ちがいい!

f0330072_9414641.jpg


もう春になったような陽気な気分で空を見上げる。

f0330072_9422938.jpg


建物は大きいけれど、カテドラルに比べると小さい教会の上にも

f0330072_9441551.jpg


青い空!

f0330072_9461899.jpg


教会の前には菩提樹が並ぶ。

f0330072_946453.jpg


爽快ですね~

f0330072_947690.jpg


電線はくっきりした五線譜に見えるし

f0330072_9474298.jpg


我が町では珍しいオリーブの木も清々しい顔をしている。

f0330072_9482170.jpg


姫りんごの実は、だいぶ少なくなったようだ。

f0330072_9484683.jpg


かっちゃんは、お外が気になるようですね。
「土曜と日曜は雨らしいですよ。この青空の下、あとでまた散歩に行きましょう♪」U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-01-29 23:33 | 日常の特別
2016年 01月 22日

ブルゴーニュ色+コロラド色の靴下 完成!


f0330072_345786.jpg


どんどんと!編んで、ブルゴーニュ色と混ざり糸のコロラド色の靴下が編みあがりました。
あの雪の日に編みあがりました。^^

f0330072_362533.jpg


そのまま履けば、ハイソックとして。ブルゴーニュ色の部分を折って履けばさらに温かくてかわいらしい靴下。
この靴下は、毛糸だま2015年春号の17ページを参考にして編みましたよ。

f0330072_310093.jpg


「寒~い日には、手編みの靴下は大活躍だね♪」
カチューもそう申しております。

f0330072_3112232.jpg


今日は、雨。そして一日中グレーの空。朝から夕方のように思える日であります。
その上、とても寒いわけですから、まさに我が町の典型的な冬の日です。

f0330072_3125078.jpg


「あたしは寝ながら太陽を待ちます♪」U^I^U*
やっぱり冬は冬眠ですね、かっちゃん!!^^

[PR]

by echaloterre | 2016-01-22 23:22 | 手しごと
2016年 01月 21日

楽しい雪の日散歩 ⑥ ❆ 夕方の街


f0330072_3364691.jpg


モネの小道の散歩を終えて一度家に帰り、カシューはお留守番で、また一人で街へ飛び出す!

f0330072_3375328.jpg


たっぷりと粉砂糖をかけたような姫りんごに
「また出かけるの?」と少し呆れられているような気もしながら、中心街へと歩いていく。

f0330072_3385568.jpg


ねむの木広場に並ぶ
この町では pan de bois パン・ドゥ・ボワと呼ばれる 木骨組みの家々の屋根にもきれいに雪が積もってる。

f0330072_342833.jpg


その一階に入っているお店の灯りが見えると、温かい気持ちになるね。

f0330072_3425469.jpg


おいしそうな色のマカロンを見ると、ますます温かくなるね。^^

f0330072_344993.jpg


中心街はカテドラルに向かって、少しずつ上ってるので緩い坂道が多い。

f0330072_344446.jpg


白いジョルジュ・サンド広場、眩しいね。

f0330072_345265.jpg


この頃には、雪がみぞれに変わっていたので、雪が融けているところも多くなってきた。
今日の雪のことは、ジョルジュ・サンドならどう書くかしらね。

f0330072_347588.jpg


小さい通りを渡ろうとして、ちょっと左手を見るとカテドラルがどっしりと立っている。

f0330072_4162134.jpg


道の先の左手に見える雪を被った木は、セイヨウハナズオウの木。

f0330072_348331.jpg


ここは郵便局。ちょっとしゃれた建物でしょ。^^ 見えてる枝はプラタナスの木。

f0330072_3495721.jpg


また建物の間の道の奥にカテドラル。

f0330072_3504695.jpg


そしてしばらく歩けば、その全貌が見えてくる。

f0330072_351278.jpg


スノーベリーと呼ばれるシンフォリカルポスには、ほんとの雪が咲いている。

f0330072_3533025.jpg


白いビバーナム・ティヌスの花の上にも雪積もり

f0330072_3553895.jpg


シデコブシの蕾にも雪が積もって

f0330072_356398.jpg


しっかりしがみついている。

f0330072_3562640.jpg


ブナの木は大きな傘のように開いてるわね。

f0330072_356579.jpg


すぐそばの公園では、雪の中にはなくてはならない子どもたちの姿。
仲間に入れてもらいたかったけど、まだ歩きたいから、次回は入れてね。

f0330072_3581940.jpg


普段でも寒いカテドラルの中は、冷え切ってるだろうな。

f0330072_3585013.jpg


入り口の脇に植わってるセイヨウハナズオウが、雪を湛えて美しかったこと!

f0330072_3595819.jpg


いつもは大きく開いている右半分の木の扉が、今日は閉められていて小さな扉だけが開いていた。

f0330072_404697.jpg


まだクレーシュの像が灯りの下に飾られていた。

f0330072_413288.jpg


弱い光の中でもステンドグラスが美しい。

f0330072_422859.jpg


銀色の聖母子像を眺めて

f0330072_425791.jpg


外に出る。

f0330072_433433.jpg


先ほど街から見えていたのはこのファサード

f0330072_421970.jpg


家々の屋根の傾斜が南仏の屋根に比べて大きいのは、雪が降ったりする気候のせいなのでしょうね。

f0330072_443118.jpg


大きな通りを下って着いたところは、桐の木広場。

f0330072_45588.jpg


夏とは全く違うひっそりとした冬の桐の姿。

f0330072_453798.jpg


心惹かれるな。

f0330072_455816.jpg


視線を下すと常設のカルーセル。今日はお休みね。

f0330072_464748.jpg


ねむの木広場に戻って花壇を見ると、すでに咲いていた水仙が重そうに雪を背負っていた。

長いことお付き合いいただきました雪の日の散歩。これにて、おしまいでございます。
雪の降った18日は、我が町特派員のりんご姫とカシューにとっては非常に長い一日でした。^^


*****************************


f0330072_494642.jpg


20日、21日とこの町の冬らしいグレーの空に覆われた日が続いています。

f0330072_4105320.jpg


神秘的に見えたニコルおばさんの島の木々も普段の顔に戻っていました。

f0330072_4112358.jpg


「長いお散歩でしたねー。お話も長くて、あたしは眠くなりましたよ。
みなさん、一緒に散歩してくださって、ありがとうございました。」 U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-01-21 23:34 | 日常の特別
2016年 01月 18日

雪降り積もる日


f0330072_595332.jpg


積もる!積もる!

f0330072_51015100.jpg


降ってる!降ってる!

f0330072_5103632.jpg


真っ白!真っ白!

f0330072_5105681.jpg


かっちゃんにとっても待望の雪だけど、りんご姫にも嬉しい雪の日。
このくらいたっぷりと雪が降ったのは、おそらく3年前、2013年の1月以来じゃないかな。
確か、その年に「こんなふうに雪が降ったら足元対策もしっかりしないとね」
と思って準備した雪の日用の靴の出番が、なかなかやってこなかったのである。
今日こそその出番!!

f0330072_5191736.jpg


さあ、散歩に出かけよう♪

f0330072_5194214.jpg


「ええー、散歩ですか??」U^I^U*
そんなこと言って、ほんとは嬉しいくせに~! ^^

[PR]

by echaloterre | 2016-01-18 22:22 | 日常の特別
2016年 01月 15日

雪です、雪です!


f0330072_20295836.jpg


雪の朝です。

f0330072_2040173.jpg


メルルが元気よく鳴いています。

f0330072_20402589.jpg


「雪??」

f0330072_20404245.jpg


どこを向いても雪です。

f0330072_2041596.jpg


そうです、雪は舞うのでしたね。

f0330072_20412742.jpg


「やったーー!」U^I^U*
かっちゃん・・・大喜びしてるけど、もう止みそうよ~^^ 
[PR]

by echaloterre | 2016-01-15 20:43 | 日常の特別
2016年 01月 13日

モニックさんの年賀状 2016


f0330072_19435730.jpg
Carte de voeux by La Croix & La Maniere


今年、2016年のモニックさんの年賀状は、エッフェル塔。

f0330072_1946369.jpg


刺繍でエッフェル塔を建築していくのは、楽しかったな。

f0330072_1947212.jpg


昨年の1月に刺繍したモニックさんの図案のエッフェル塔と合わせて、2つ のエッフェル塔が並びました。

f0330072_19492122.jpg


今年の年賀状の図案に、モニックさんがエッフェル塔を選んだのは
おそらく、昨年のパリでの悲惨な出来事があったことが大きいんだろうなと感じながら針を進めました。
彼女のパリやフランスへの思いがたくさん込められた図案。
刺繍をしているとそのデザインをした人の気持ちに触れることができるような気がします。

この図案はフリーチャートでモニックさんのお店のサイトからダウンロードできます。
La Croix & La Maniere
この図案が見られるのは年の初めだけの期間限定のようです。
糸の色版の指定はないので、私は手元にあった糸を選びました。

f0330072_19561523.jpg


今年になって、ハサミを首から下げて使うようになりました。
机の上にいろいろ広げているので、しばしば小さいハサミとかくれんぼをすることが多くて
こうなりました。^^



f0330072_19592755.jpg
kit by ROUGE du RHIN


昨年の1月にしあげたヤドリギのリースの刺繍は、布の縁取りをどうしようかと迷ったままです。
このガロンをつけることにしようかな。
このヤドリギのリースは、ROUGE du RHINのキットで刺繍しましたよ。


編み物を中心にした手仕事を進めていこうと思いつつも
こうして、刺繍をし始めると、刺繍もどんどん進めたくなりますね。

刺繍をなさってる方のブログをあちこち見ていて、気になっていたSAL(Stitch A Long)も
やってみたいなと思ってますが、その時間があるのかどうか・・・^^

f0330072_2083493.jpg


今日は、穏やかな空に太陽が輝いています。
[PR]

by echaloterre | 2016-01-13 20:10 | 手しごと
2016年 01月 12日

空の一日


f0330072_1412954.jpg


朝は東の空にいい雲が浮かんでいた。その時、よし!と目を覚ましたのは、我々だったのか、空だったのか・・・

f0330072_1424967.jpg


南東の空に黒い雲が現れ

f0330072_1433491.jpg


南西の空には、冷たい空気とともにぐんぐんと動く雲。

f0330072_144477.jpg


いかにも「雪を運んでいくぞ」というように

f0330072_1454281.jpg


膨らむ、

f0330072_146628.jpg


伸びる。

f0330072_1475279.jpg


南東の空では、太陽と雲の競技が始まる。

f0330072_1483141.jpg


今日の太陽は気が弱そうだ。

f0330072_149172.jpg


なんとか頑張っている。

f0330072_1494250.jpg


雲の舞いには力が入ってるな。

f0330072_1503636.jpg


ふっと雲の力が抜けたときに、青空が広がりそうになった。しかし、雲は力を合わせ押してくる。

f0330072_151293.jpg


太陽、再び弱腰になる。

f0330072_1522936.jpg


雲は重なり合えるから、多様な力を発揮する。

f0330072_153443.jpg


頑張れ、太陽。

f0330072_1541946.jpg


今度は、青空と雲のにらみ合いだ。

f0330072_1554752.jpg


青空は優しいから、雲に道を譲ってる。

f0330072_1562459.jpg


黒い雲は、雨も連れてくる。

f0330072_1572130.jpg


また振出しに戻りそうな空である。

f0330072_158125.jpg


いちばん暴れているのは風だ。

f0330072_1584468.jpg


しかし、風だってそう息が続かない。

f0330072_1591476.jpg


しばし、休憩、これで一件落着か。

f0330072_201589.jpg


そうは問屋がおろさない

f0330072_205162.jpg


再び、風と雲が一緒にやってきた。

f0330072_213891.jpg


その後、少々雲の意見がうまく一致しなかったのか、散り散りになっていき

f0330072_222811.jpg


西の方には、真っ青な空。

f0330072_23024.jpg


ところがどっこい、水色の帯を持つ雲が雨粒を落とした。

f0330072_235529.jpg


「水色の帯が美しい!」との声援が嬉しかったのか

f0330072_2101459.jpg


目の前で虹が立ちあがった。柔らかい色の虹だ。

f0330072_2105861.jpg


黒と白の雲と水色の空に包まれた空気は、とても冷たくなった。

f0330072_212281.jpg


そろそろ空も疲れたようだ。

f0330072_2124417.jpg


「雹も時々降って、窓から目が離せない一日でした。」U^I^U*
今日は、我々は長い散歩ができなかったけど、空が我が家の上を散歩していってくれたね。^^

[PR]

by echaloterre | 2016-01-12 23:39 | 雲のアルバム
2016年 01月 01日

穏やかな元日散歩


f0330072_1535262.jpg


元日の朝、カシューにおはようを言ってから窓を開けると、クロウタドリの賑やかな声が聞こえた。
下のマレの入り口では、冬のジャスミンの黄色い花が迎えてくれる。

f0330072_155408.jpg


暖かい年末に比べると、少し寒く感じるけれど、昨年の初めの冷え込みに比べたらずっと気温が高い。

f0330072_1574762.jpg


そうです、2015年はもう昨年になりました。

f0330072_1583317.jpg


新しい年の新しい散歩、新しいヤドリギ、あけましておめでとう!

f0330072_1591327.jpg


空の海、今年もよろしく!

f0330072_1594976.jpg


樹々がいつもよりきりっとして見える。

f0330072_202187.jpg


トネリコ広場に出る前に、胸の辺りがオレンジ色のかわいい鳥、ルージュ・ゴルジュ(ロビン)に会えた。
「この辺りでロビンに会えるかな・・・」と思うと姿を現すこの冬の鳥は、幸せを運んできてくれそうな気がする。

f0330072_22872.jpg


今年の散歩も、ヤドリギの見える風景と一緒だ。

f0330072_2152142.jpg


仙人草の冬の姿は、美しくて目を細めてしまう。

f0330072_225797.jpg


美しいものを見ること、美しいと思えるものがあることは、とても幸せなことだな。

f0330072_234048.jpg


上のマレには、雲の波が押し寄せてくるようだ。

f0330072_254128.jpg


空が海で、雲が波で、月が舟なら、太陽は灯台かな。

f0330072_274557.jpg


新春を感じさせてくれるのは、ヘーゼルナッツの雄花

f0330072_282284.jpg


そして、小さくて赤い雌花。

f0330072_284855.jpg


マレをぐるっと大きく廻った後に、港に辿り着いた。

f0330072_292458.jpg


「今日は誰も来てませんね。我々の舟も今日はおやすみです。」U^I^U*

f0330072_210956.jpg


今年はどんな年になるかな。元気で穏やかで、静かに幸せを感じる日がたくさんありますように。

f0330072_211583.jpg


「今年もお散歩日記が続きます。マレの季節の風景をどうぞお楽しみに♪」U^0^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-01-01 23:52 | 日常の特別
2015年 12月 25日

青空のクリスマス②


f0330072_2493291.jpg


こんなに気持ちの良いクリスマスの朝って今までにあったかしらね。

f0330072_251217.jpg


ちっとも寒くなくて、気分はクリスマスになり切れてない感じだけど

f0330072_2515375.jpg


鳥が鳴いて春のようなクリスマスの朝も悪くないな。

f0330072_2522633.jpg


ナデットたちの家でお昼のご馳走やビュッシュ・ド・ノエルを食べてから

f0330072_2531649.jpg


そうそう、かっちゃんはすっかりおりこうさんね。

f0330072_2534391.jpg


町の反対側の湖畔の散歩に出かけた。

f0330072_2541933.jpg


ここには、カモやハクチョウ、そしてたくさんのアヒルたちがいてとても賑やかだ。

f0330072_255824.jpg


視界が開けて、遠くに林が見える景色は北海道を思い起こさせる。

f0330072_2554615.jpg


水辺の散歩は気持ちがいいね。

f0330072_2561363.jpg


かっちゃんもご機嫌!

f0330072_3064.jpg


暖かくても日が傾くのは早い時間ね。

f0330072_25715100.jpg


今年ものんびりのいいクリスマスが過ごせましたね。

f0330072_2575197.jpg


「はい!!」U^I^U*

f0330072_258198.jpg

[PR]

by echaloterre | 2015-12-25 23:48 | 日常の特別