タグ:ailleurs かの地 ( 68 ) タグの人気記事


2016年 05月 29日

ゾウのはな子の思い出

f0330072_20150289.jpg

井の頭公園の動物園のゾウのはな子が
69歳で旅立ったというニュースを読んで

まだ生きていたんだなと思ったのと、
そうか…
と寂しい気持ちになったのは

子どもの頃に
家族で井の頭公園によく行って、
はな子にも会ってたはずだからだと思う。
              

古いアルバムに貼ってあるこの写真のゾウは、はな子に違いない。

f0330072_20152242.jpg

写真を撮っている影の人は、きっと母だろう。
ゾウの写真も、はな子だからこそこうやって写真に撮ったのだろうと思う。

私も弟もこの時、生まれて初めてゾウやラクダを見たのかもしれない。

f0330072_20153540.jpg

なんだかとてもおしゃれに見える子供服である。

f0330072_20154512.jpg

昭和44年ごろの東京の公園のベンチに座る
小さな姉弟。
この赤いバスケットのことはよく覚えてる。

 
はな子、69歳までよくがんばった。
大きな役割を背負わされて日本へやってきたんだね。
いくら大きな背中としっかりした足があっても
その役割は重かったね。

ゾウ舎で横たわってるときは
微かに覚えてる故郷の景色や仲間たちのことを思い出していたかもしれないな。

動物園の存在に全面的に反対するわけではないけれど
動物は動物らしく
その動物があるがままのところで暮らせたらいいね。
人間も人間らしく、そのままに。
でも、人間らしくがどういうことかさえ
わからなくなっている世の中かもしれない。
自然が自然らしくあれば
人間も人間らしくいられると思うんだけどな。


今朝は
カッコウの声が
マレの方でよく響いていた。
雨に濡れた木々や葉がそうさせたのかもしれない。

姫りんごには、返り咲きの花がいくつか咲いている。

f0330072_20155505.jpg



[PR]

by echaloterre | 2016-05-29 20:40 | 書いておきたいこと・思い出
2016年 03月 11日

希望


f0330072_2148080.jpg


「希望」という字を習字の時間に書いたのは、中学や高校の時、
今から35年ぐらい前のことだ。
その時、果たして「希望」の意味がわかっていただろうか・・・
そう考えるようになったのは、2011年の東日本大震災の後からだと思う。

2010年の秋に日本へ行ったときの、眩しく美しい紅葉や黄葉が忘れられない。
乳がんの治療が終わって約1年経ったときに受けた検査で再検査が必要になり
その結果に問題がないとわかったとき、飛ぶように日本へ行ったのである。

その翌春に大震災が起きた。
ちょうど健康を回復しつつある時期に起きた震災と自分の病気や闘病のことを
重ねずにはいられなかった。

先がどうなるかわからないときは、とにかくその日その日にできることをするだけだ。
治療のために、できることが限られていたとき毎日口にしていた言葉は
「もうちょっとだけ頑張ってみようかな」「ちょっとだけ頑張ろう」というものだった。

f0330072_2159878.jpg


おそらく、震災の地で暮らしてる方々も、5年前、そして今も
そういう思いで日々を過ごしてる方が多いのではないかと思う。

希望というものがなんであるか
それは人それぞれであると思うけれど
一日にひとつでもふたつでも小さな幸せを感じることがあれば
そこから小さな希望が生まれていくのだと、私の小さな経験から感じている。

f0330072_2222155.jpg


そして、小さな幸せが何かということも、また人それぞれで
おいしいなと思うものが食べられることかもしれないし
誰かとにこっと笑いあえることかもしれないし
青い空を見ることかもしれない。

希望は、
その字を習字の時間で書いていたときも今も、漠然としたものではあるけれど
今は、それが大事なことと、自分にとって何が幸せなことかは、はっきりしている。

f0330072_2253796.jpg


今は、日本もフランスも世界も、先がとても明るいとはいえない状況にあるといえると思う。
そんなときに必要なのは
現実逃避やうそや幻想ではなくて、知恵を出し合っていくことではないかとつくづく思う。

年配の人は、今まで経験したことの中から得てきた知恵を
若い人は、知らないからこそ感じる疑問や、若いからこそ考えられるアイデアや
そういうことをどうにか結集して、どこかに道を見出していかなくちゃ。

FUKUSHIMAという地名は
東京に次いでフランス人が知っている日本の地名になっていると感じる。
フランス人の友人たちは、必ずと言っていいほど、電話などで話しをするときに
福島はどうかと、心配して聞いてくれる。
国ごとだけではなく、世界で知恵を出していく、そういうことも始まっていると思う。

f0330072_22132344.jpg


5年前の3月11日が命日になった方々
さらには、71年前の東京大空襲の日が命日になった人たちが
今日は天上で大きな会議を開いてくれているといいな。

そして、地上にいる人たちにはなかなか見えない全体的なこと
何が大事なのかということ
そういうことを私たちに知らせてくれるといい。

f0330072_22155088.jpg


被災地で苦労の多い生活をしている方々が、少しでも幸せを感じるときが多くあるように
また、福島の原発処理のために命がけで働いている方々に思いを馳せながら
人々の知恵が形となっていくことに、私も力となれるように

そういう思いがこみ上げてくる5年目の3月11日である。

[PR]

by echaloterre | 2016-03-11 21:46 | 書いておきたいこと・社会
2016年 02月 02日

Nick さんの写真カレンダー 2016年 2月


f0330072_152319.jpg


Nick さんの写真カレンダー 2016年の2月は、福寿草。

冷たい雪の中から顔を出している黄色い福寿草。
早春の日本を感じます。

進む季節をこうやって写真のカレンダーで感じることができるのもとても嬉しいことです。^^


f0330072_181318.jpg


上の階の窓から見えるお向かいさんのミモザの花は、だいぶ開いてきたようです。
今日も風があって、大きく揺れています。

f0330072_19676.jpg


風に黒い雲が流れていく下のマレの空からは、時折雨も降ってきます。

f0330072_1121479.jpg


でも、例年より気温も高く、そこかしこにやってくる春を感じます。

f0330072_1125367.jpg


遠くを見ると、木々の新しい枝や芽の色でぼおっと明るい色が目に入ってきます。

f0330072_1144811.jpg


足元にも

f0330072_115890.jpg


ゴミ箱の番をしている?!白黒の猫にも

f0330072_116578.jpg


向かい風を受けて泳いで行こうとするカモたちにも

f0330072_1154545.jpg


雲の間からのぞく弱い日差しにも

f0330072_1172597.jpg


春が宿り始めました。

f0330072_1243758.jpg


山と渓谷のカレンダーは、寒そうな「樹氷と八甲田山大岳」です。
八甲田山も夏に登ったことのある懐かしい山です。

f0330072_1211513.jpg


「土手では、誰も散歩してないので、嬉しい自由時間がありました!!」 U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-02-02 22:58 | 日常の特別
2016年 01月 02日

Nick さんの写真カレンダー 2016


f0330072_23102231.jpg


2016年は、松本城の雪景色の写真でカレンダーが始まります。
雪に清められたきりっとした空気も感じられて、新年が始まったという気持ちにさせてくれます。

Nickさんのブログを訪れるようになったのは、もう7年くらい前になるでしょうか。
山野草や信州の山々、里の風景などを美しい写真で紹介してくださっていて
日本の美しい景色を見られるのがとても嬉しくて、更新がある度にその写真を見に飛んでいきます。

いつ頃からか、このNickさんの写真でカレンダーができたらいいのになと思い
コメントで、カレンダーができるといいですねと書くことがあったのですが
2016年のカレンダーを昨年末に作ってくださって、
ご厚意でフランスまで送ってくださいました。
長旅の末、カレンダーが到着したのは晦日の日。
ちょうど玄関の掃除をし終えたところに、年神様がやってきてくれたように届きました。

f0330072_23204586.jpg


福寿草の花や、水仙や菜の花の畑と西駒ヶ岳、しだれ桜や御射鹿池、八方池と北アルプスの写真や

f0330072_2324487.jpg


大好きな箕輪町の赤蕎麦畑、乗鞍高原、甲斐駒ヶ岳、銀杏並木や宝剣岳の姿の写真など
心に響く風景を選んでくださいました。

美しい風景、光景と美しい写真を撮る人がいてほんとによい写真ができるのだなと
嬉しくカレンダーを眺める毎日になりそうです。

季節が進むごとにNickさんのカレンダーのそれぞれ月の写真をみなさんにもご紹介できたらと思っています。

日本の今のすばらしい自然の姿をフランス人の友人に紹介するよい機会にもなり
Nickさんには、心より感謝しています。ありがとうございました。


f0330072_23331142.jpg


私の住む町には山がないので、見上げるのは木々や壮大なカテドラルや広い空

f0330072_23335068.jpg


歩くときの視線の先には、マレや街や川や、そこにいる鳥たちや人たち。

f0330072_2335487.jpg


それぞれの暮らす地の自然や生活の様子を交換するように写真を見たり、話をしたり
みなさんの住む各地のことを知ることができるブログの交流は、ほんとに興味深いし
ありがたいものです。

f0330072_23385742.jpg


6年前から毎年楽しみにしている山と渓谷のカレンダーの1月は、朝焼けに染まっていく利尻岳

f0330072_2340561.jpg


昨年から届くようになった秩父のカレンダーは、宝登山の蝋梅が1、2月の写真です。

フランスで暮らしていて日本の何が足りない?とフランス人に聞かれるとき
私が答えるのは、決まって「日本の自然の風景」なのです。
大事な自然、大切にしていきたいですね。

[PR]

by echaloterre | 2016-01-02 23:23 | 日常の特別
2016年 01月 02日

年明けの命日


f0330072_723130.jpg


やがて30年目を迎える母の命日。

f0330072_7235381.jpg


今年は暖かい春ですよ。

f0330072_7242810.jpg


みんなで過ごした賑やかなお正月の炬燵の中の暖かさを思い出します。

f0330072_7253360.jpg


今年も更にいい年にしますよ。

f0330072_726122.jpg


お正月には、いつも庭の梅が咲いていたね。

[PR]

by echaloterre | 2016-01-02 10:18 | 日常の特別
2015年 12月 06日

<パリ 10月の旅> レ・アール界隈


f0330072_805531.jpg


再開発中のレ・アールを眺めて

f0330072_814310.jpg


サントゥスタッシュ教会の横を通っていくと

f0330072_8221100.jpg


毛糸やボタンなどのお店、la droguerieの前に行きつく

f0330072_8312100.jpg


今や、日本にもお店が5店舗もできているのよね。
並べられている毛糸のグラデーションが美しく、お客さんとお店の人との話を聞きながら店内を行ったり来たりするけれど
結局Rocoちゃんも私も、これ!と決めることができず、そのままお店を出た。^^

f0330072_818489.jpg


近くには、リボンのMOKUBAのお店もあって

f0330072_8183436.jpg


たくさんのリボンが吊るされたり、並んでいたね。

f0330072_8194841.jpg


この辺りには、キッチン用品のお店も並んでいる。

f0330072_8204311.jpg


10月の半ばは、ハロウィンの飾りつけだったけど、今はクリスマスらしく飾られてるでしょうね。

f0330072_8212441.jpg


扉の取っ手には、louche ルシュ お玉ね。

f0330072_823402.jpg


このしゃもじ、へらを使うには、大きな大きなお鍋が必要!

f0330072_825502.jpg


パリの街では、歩く歩く!

f0330072_827627.jpg


ルーブルの裏手を歩いて、セーヌの左岸へ渡って・・・
ああ、この日のお昼には、何を食べたんだったかしら・・・^^;

f0330072_8313447.jpg


おいしそうね~といいながら、トロペジェンヌのお店の前も通ったのでありました。
10月は遠くなりにけり~♪
[PR]

by echaloterre | 2015-12-06 23:53 |
2015年 11月 30日

Générations Bataclan バタクラン世代 -パリのテロ事件から2週間が経って


f0330072_121454.jpg
(モンマルトルの丘から眺めるパリの街 10月19日撮影)


11月13日のパリのテロ事件から2週間が経って、27日の金曜日には、パンテオンで追悼式が行われた。

>
式典で歌われた"Quand on n'a que l'amour" 愛だけがあるとき



27日のリベラシオン氏の一面には犠牲者の名前と年齢が掲載された。

f0330072_2292766.jpg


年齢を見てわかるように、若い人たちが多い。
この13日のテロは、1月のシャルリー・エブドの事件と違って、一般の人、
特に楽しむことが好きで、オープンで、コスモポリットな若い人たちが標的になった。
事件後に、そんな若者たちをバタクラン世代と呼ぶようになった。

f0330072_2332270.jpg
(バタクラン劇場 11月17日 20minutesの11月26日の記事から写真をお借りしました。)


バタクランは、多くの犠牲者がでた劇場の名前だ。
事件当日、アメリカのグループのコンサートを1500名の人たちが見に来ていて
そのうちの89人が亡くなった。
先日会ったフィフィ兄の話では、孫のエリオットの友だちもその中に含まれていたそうだ。
エリオットは私も彼が3歳の時から知っていて、今は20になっているだろうか。
その彼が小さい頃から一緒に育ってきた友人が犠牲になったと聞くと、怒りの気持ちが大きくなる。

今、市民たちは、下記で紹介している事件で妻を亡くしたアントワンヌ・レリス氏の手紙にもあるように、怒りの気持ちをどうやってよい方向へ向けていこうか、思案してるところだと思う。

時間が経つにつれ、少しずついろんなことがわかってきているが、犯人を捕まただけでは解決しない根の深い問題がたくさんあることに気づかされる。

この事件には、中東の情勢から、現在の社会のこと、若者の心理、インターネットの存在等々・・・いろんなことが複雑に絡んでいて
簡単に「武器を使うのはよくない」とか 「欧米のやり方がおかしい」とかいう言葉で片付けてしまうわけにはいかないのだなと
私自身、この事態をきちんと理解したいという思いで、フランス人と話をしたり、テレビの討論を見たりしながら考えている最中である。

24日の時点で、この事件で怪我をして病院に入院中の人は161人、そのうち26人は重篤な状態だそうだ。




* テロのことや、フランスの事情を知る手がかりとして、冷静で的確に書かれていると思われる記事をいくつか載せます。

☆ いままでと同じ生活をする、それがテロへの答え 【パリ同時テロ点景】11月25日付
テロ後のパリの日常について

フランス人記者が語るテロとの戦い「憲法9条のある日本は軍事介入とは距離を置くべき」11月26日付
フランスのル・モンド紙の東京特派員フィリップ・メスメール氏へのインタビュー記事

テロの温床「モレンベーク」を歩く(上)複雑に絡まる人間関係11月25日付
テロリストたちの多くが幼少時を過ごし、あるいはその後出入りしていた地域、ベルギーの首都ブリュッセル西郊のモレンベークの街から事件の原因を考える。

パリ同時テロが示すもの(下) 欧州の自由主義に打撃 11月25日付
テロ対策としてどんなことをしていくべきなのかを考える。

☆ “あなたたちは私の憎しみを得ることはできない”
13日のテロ事件で妻を亡くしたアントワンヌ・レリス氏の手紙の訳を載せているDominick Chen氏のブログ


11月17日の投稿にも2つの記事を紹介しています。→ "パリ"
[PR]

by echaloterre | 2015-11-30 23:18 | 書いておきたいこと・社会
2015年 11月 20日

Fluctuat nec mergitur 揺蕩うとも沈まず


f0330072_9471147.jpg
(10月21日撮影)


Fluctuat nec mergitur フルクトゥアト・ネク・ メルギトゥル 揺蕩う(たゆたう)とも沈まず


f0330072_9505419.jpg


パリ市の紋章にあるこのラテン語の標語は、16世紀から続いているそうだ。
「どんなに強い風が吹いても、揺れるだけで沈みはしない」
11月13日のテロ事件以降、この標語が人々のひとつの支えのようにあちこちに現れている。

f0330072_9534053.jpg


事件現場のそばのサンマルタン運河脇に描かれたFluctuat nec mergitur。

f0330072_103633.jpg


本来は、こういう落書きは禁止されているけれど、これを見ていた警官もじっと見ている姿がニュースに映っていた。

f0330072_1085659.jpg


何があってもパリは生き続けるよ。

f0330072_1094875.jpg


怖がらない。

f0330072_10101540.jpg


このことは、そのまま民主主義についてもいえることだと思う。
大きく揺れても沈まないように、沈めないように
そのためには、やっぱり市民が頑張らないとね。

f0330072_10135838.jpg


舟の絵の横にあるのは、生命力や永続の象徴のヨーロッパナラ(オーク)の葉と勝利のシンボルの月桂樹の葉

f0330072_10124519.jpg


Fluctuat nec mergitur フルクトゥアト・ネク・ メルギトゥル 揺蕩う(たゆたう)とも沈まず!

*2枚目以降の写真は、パリ市の18日、20日の写真をお借りしました。
[PR]

by echaloterre | 2015-11-20 23:38 | 書いておきたいこと・社会
2015年 11月 17日

"パリ"


f0330072_8122523.jpg


Liberté 自由 ・ Egalité 平等 ・ Fraternité 友愛
これが簡単に実現するなら、国のdevise(モットー、標語)として掲げられたりはしない。

f0330072_8153374.jpg


パリの街には、いろんな意味合いが込められていると思う

f0330072_816713.jpg


開放的で自由で

f0330072_8164857.jpg


誰もが本音で話しあったり、冗談を言い合ったり

f0330072_8171834.jpg


そういうフランス的民主主義の象徴がパリであり

f0330072_8195936.jpg


カフェやレストランのテラスだったりするのだ。

f0330072_818191.jpg


民主主義の国と言いはするけれど

f0330072_8211871.jpg


フランスにせよ、日本にせよ、アメリカやドイツやイギリス、その他の国にせよ

f0330072_8222414.jpg


実はまだ本当の民主主義がどういうものなのだか、わかっていないのかもしれない。

f0330072_82349.jpg


明日の民主主義に向けて試行錯誤してる

f0330072_8233591.jpg


その試行錯誤してる姿の象徴もパリなのかもしれない。

f0330072_8242317.jpg


13日のパリのテロ事件は、決してパリやフランス、ヨーロッパだけの問題ではなく

f0330072_8253122.jpg


アメリカや日本、その他、世界全体の問題だ。

f0330072_8261028.jpg


まずは、誰もが、自分のいる場、生活の場で、
それぞれができるだけテロの事実を知ること、知るように努力することが大事だと思う。

日本にいるみなさんも、遠い国のことで「怖いわね」「どうしてこういうことがおきるのかしら」と言っているだけではなく
その「なぜ」を探ろうとしたり、「じゃあ、こういうことが起こらないようにするにはどうしたらいいのだろう」と
それぞれが考え始めないといけない時期なんじゃないかと思う。

f0330072_833407.jpg


テロの犠牲になって亡くなられた方々のご冥福を祈り、今も治療中の被害者の方々のことを思い、
パリの街、そしてフランスを愛するものとして、また祖国日本を愛するものとして、今思うことを書いてみた。

f0330072_8444056.jpg


トリコロールは、フランスを愛する心、大事に思う心、Liberté 自由 ・ Egalité 平等 ・ Fraternité 友愛を目指す心の象徴であるように思う。
(エッフェル塔のこの写真は、パリ市のページからお借りしました。その他の写真は、10月半ばにパリへ行ったときに撮ったものです。)

* テロのことや、フランスの事情を知る手がかりとして、冷静で的確に書かれていると思われる記事をいくつか載せます。

☆ 2015年11月16日放送 NHK クローズアップ現代 「緊急報告 パリ"同時テロ"の衝撃
放送内容の全てをテキストで読めます。

☆ なぜ事件は「東半分」で起きたか?「パリ同時テロ」の現場を歩く
  パリのどんな場所でテロが起きたかがわかります。

  
[PR]

by echaloterre | 2015-11-17 23:58 | 書いておきたいこと・社会
2015年 11月 13日

八ヶ岳の麓の紅葉 2015


f0330072_718824.jpg


八ヶ岳の麓に住むはたけ番さんが、今年はかつてなく見事な紅葉だと美しいノムラモミジの写真を送ってきてくれた。

それは5年前、2010年の11月、日本へ行った際に八ヶ岳までぶ~んとはたけ番さんに会いに行ったのであった。

東京では、イチョウの黄葉がとても眩しく、八ヶ岳や箱根では紅葉がとても美しかった。
あれから5年、モミジはさらに大きくなってこの秋も真っ赤になったのだな。

穏やかで静かで楽しい時間、おしゃべりの場面や出かけた先の様々な景色は今でも覚えている。
時が流れる間には、いろんなことがあるけれど、こうした嬉しい時間を思い出すことは、
通りを歩いていて、ふっと明りの付いた温かい部屋の窓をのぞくように、気持ちがほっとするものだな。


f0330072_7342753.jpg


また八つの風に吹かれに、はたけ番さんに会いに!行ける日を楽しみにしながら
大事な思い出のアルバムに、今年のこの赤い紅葉を加えておこう♪ ^^
[PR]

by echaloterre | 2015-11-13 22:15 | 書いておきたいこと・思い出