フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:heureuse 嬉しいな~ ( 40 ) タグの人気記事


2016年 05月 14日

薄紫に染まる桐の広場

f0330072_00304335.jpg


メインの通りから小さい通りを抜けて
ふっと目を上げたら
薄紫の木々が小雨降る空の下に広がっていました。



f0330072_00292265.jpg


21本の桐が植わっている広場です。



f0330072_00283415.jpg


桐の花の色は
もう少し濃い紫のようなイメージを持っていたけれど
かなり薄い紫なんだな。



f0330072_00271644.jpg


藤の花の色に近いかもしれませんね。



f0330072_00255828.jpg


少し上を向いて咲きたいな
そんな花の気持ちが見えるような咲き方です。



f0330072_00244375.jpg


蕾の方が色が濃く見えますね。



f0330072_00235233.jpg


桐について話す度に、必ずと言っていいほど書いていますが
フランスで初めて桐の木を見たのは

そして、その翌年、つまり昨年になって
実は
我が町にもこの桐の広場があったことに気が付いたのです。


f0330072_00231079.jpg


21本もの桐の木が植わっている広場というのは
フランスでも珍しいかと思います。

枝をたっぷりと広げて
花を咲かせている木々たちを見るのは、とても嬉しくて
胸もお腹もいっぱいになるような気がしました。



f0330072_00211974.jpg


5月7日に見たときは
青空の下でしたが、まだ花が咲き始めたばかりでした。



f0330072_00223878.jpg


青空の下の桐の広場もいいけれど
今日の小雨降る空の下のこの広場は
最高によかったな~。

桐を見るなら
こんな空の下で!とお薦めします。^^


f0330072_00571439.jpg






[PR]

by echaloterre | 2016-05-14 01:05 | 植物のアルバム
2016年 04月 22日

姫りんごの花、満開♪


f0330072_1925421.jpg


今年の姫りんごの満開は、21日!!

f0330072_19261795.jpg


散歩しながら、カシューとりんご姫で、そう宣言しました。^^

f0330072_19265627.jpg


ふわーっと甘い香り、そしてうるさいほどの蜂の羽音。

f0330072_192885.jpg


窓ガラスの魔法で、窓から離れれば離れるほど

f0330072_1931532.jpg


姫りんごが家の中に飛びこんできます。

f0330072_19285578.jpg


姫りんご満開の日、ただにこにことするばかり♪ 


f0330072_19293399.jpg

[PR]

by echaloterre | 2016-04-22 19:30 | 植物のアルバム
2016年 04月 14日

姫りんご、花開く♪


f0330072_23574372.jpg


開くと真っ白の美しい花

f0330072_23583692.jpg


赤い蕾からほろっと開いて

f0330072_23591148.jpg


そーっと空を見て

f0330072_23594474.jpg


姫りんご通りの姫りんごたちが

f0330072_001168.jpg


あちこちの枝で

f0330072_003426.jpg


花を開き始めました。

f0330072_01996.jpg


少しずつ少しずつ

f0330072_013554.jpg


ゆっくりゆっくり

f0330072_03442.jpg


開いてください。

f0330072_034852.jpg


大事なかわいい姫りんご♪

f0330072_04157.jpg


「あたしの鼻もかわいいでしょ。」U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-04-14 23:59 | 植物のアルバム
2016年 04月 13日

つま先から編む靴下


f0330072_19251746.jpg


春になっても編み物は続きます♪

f0330072_19254949.jpg


ドイツのレギアの毛糸で、今度はつま先から編む編み方で靴下を編んでいます。

f0330072_19264498.jpg


つま先の作り目とその後の増し目は、輪編み針で

f0330072_19272318.jpg


その後は、5本針で編み進めています。
大の仲良しになった5本針で編むのは、なんて楽しいことでしょう!!!

f0330072_19281924.jpg


つま先から編むのは、初めてですが
なかなか楽しいなと思い始めているところです。
カチューは一年中冬服ね。^^

f0330072_19291472.jpg


写真を撮っていたら、小包とともに素敵なワスレナグサのカードが届きました。
季節の花、本物もカードもきれいだな。
昨日載せた写真ですが、マレのワスレナグサももう一度!

f0330072_19303449.jpg



f0330072_19355633.jpg


「あたしのこともワスレナイデネ!」 U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-04-13 19:30 | 手しごと
2016年 03月 26日

美しき夕暮れ


f0330072_12303339.jpg


夕暮れの時間

f0330072_1231370.jpg


今日はマレを離れがたかった。

f0330072_12313531.jpg


この美しい夕焼けの中にずっといたかった。

f0330072_12321994.jpg


春の夕暮れ

f0330072_12324520.jpg


なんて気持ちがいいのだろう。

f0330072_12333862.jpg


カシューもいつまでもネズミちゃん探しを続けたいようだった。

f0330072_12341273.jpg


f0330072_12351156.jpg


f0330072_12352854.jpg


吸い込まれたくなる空である。

f0330072_12364547.jpg


かっちゃんも思わず佇んでしまうね。

f0330072_12371392.jpg


春の一日、いい一日。

f0330072_12374436.jpg


美しいものを見て空っぽになる心地よさ。

f0330072_12381662.jpg

[PR]

by echaloterre | 2016-03-26 23:58 | マレ仕事・マレ遊び
2016年 03月 20日

春分の日


f0330072_22142560.jpg


フランス人たちは、春分の日になると「春だー!」と言いだす。
昨日は「冬の最後の日」。
1月からすでに小さな春を感じるりんご姫は
「いやいや春はもうずっと前から顔を出しているのですよ」
とつぶやくのがしばしばだ。

f0330072_2216478.jpg


しかし、確かに!
フランスでは、春分の日には、しっかりと景色も天気も春らしくなっているのである。
あの暗くて日の短い長い冬がしっかりと終わったという気持ちになるのである。
フランス人たちが今日から「春だ!」と言いたくなる気持ちもわかるようになった。

f0330072_22175856.jpg


日本ではお彼岸のお中日。
お墓参りに行く時季ね。

f0330072_22185173.jpg


お墓参りに行くようなつもりで
マレの白いヒヤシンスを両親の写真の前に供えた。
今や、両親のお墓は、私にとって故郷そのものになった。

f0330072_22201937.jpg


またいつか、ゆっくりと手を合わせに行こう。
ヒヤシンスの香りの中でそう思う春分の日であります。

f0330072_22212975.jpg


「さあ、ゆっくりとマレに行きましょう♪」 U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-03-20 22:24 | 日常の特別
2016年 03月 15日

マロングラッセ色 et 古いものさし


f0330072_22573080.jpg

JOYFUL WORLD SAL - MARCH
Designed by The Snowflower Diaries
fil:DMC


MajaさんのSALの3月分のコウノトリの刺繍は、少しずつ進んでいます。

この3月分の刺繍をしていて、いいな〜と思う色は
コウノトリの嘴と脚、そして左側の花の花びらになっている色。
赤ともオレンジとも茶色とも言えないなんともいい色なのです。
では、何の色かと申しますと・・・
マロングラッセの色だそうです。
いいですね~。実にこの色の良さを表している色の名前です。^^


f0330072_2313220.jpg


MajaさんのSALの12か月分の刺繍をしていくためのリネンは、空色のものにしました。
3カ月分を横に並べて4段にします。
それだけ大きなリネンが必要になるわけです。

大きいリネンをカットするのに登場させたのは
古い長いものさし。

f0330072_23134241.jpg


母が、長年洋裁をするために使っていたこのものさしは
おそらく私が生まれる前から使っていたんじゃないかな。
ここでこんな風に登場するとは、母も思っていなかったことでしょう。

f0330072_2345420.jpg


マレにも
パクレット(ローンデージーとかイギリスデージーと呼ばれるもの)がかわいく咲き始めました。

f0330072_2362842.jpg


編み物友だちのRocoちゃんが送ってくれた春の便は
手芸の雑誌と春色のおこし!
部屋の中がますます明るくなる春の初めです。

この雑誌には、青木和子さんの刺繍の付録や
真田紐のことなどが書かれており、とても興味深いのです♪

f0330072_2391438.jpg


「あたしも、春の味を味見してみたいな…」 U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-03-15 23:58 | 手しごと
2016年 03月 10日

フンデルトヴァッサーの毛糸の靴下 ③ 完成!


f0330072_2144472.jpg


ドイツのOpal社の
オーストリア人フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーの描いた
「Save the City 都市を救え」というタイトルの絵画をもとにデザインされた毛糸

編んでいた靴下がようやく完成しました。

f0330072_21463966.jpg


左右の模様が同じになるように調整して編み始めましたが
ちょっとだけ詰めが甘く
つま先は似てるけどちょっと違う!それぞれの色で編み終えました。^^

f0330072_21481454.jpg


細い毛糸と細い編み針で編んだ靴下
なかなか進みませんでしたが、冬の終わりに編み終えることができて
これですっきりと春を迎えられる!そんな気持ちです♪

f0330072_2150453.jpg


カチューも毛糸から抜け出して、畑で駆けまわりたくなる季節のようです。

f0330072_21533668.jpg


「いえいえ、りんご姫の編みものは、春になっても続きます。
あたしもまだまだ登場しますよ♪」 ▽-^・^-▽

[PR]

by echaloterre | 2016-03-10 21:57 | 手しごと
2016年 02月 27日

マテオくんの手袋


f0330072_0454132.jpg


それは2月の初めのある日のことでした。
畑の間の道を散歩していると、かわいくて楽しい小さな手袋が
畑の垣根の木の枝にひっかけてあるのが見えました。
そして
この手袋の持ち主が現れるといいねと思いながらそこを通りすぎました。

3週間が経って、その手袋のことはすっかり忘れて同じ道を通ると
雨に濡れた道に真っ黒になったあの手袋が落ちていました。
あーあ、かわいそうにと思いつつそこを通りすぎましたが
3歩進んで引き返しました。
なんだかこの手袋も、この手袋の持ち主もかわいそうだなと思って
とりあえず、家に持って帰って洗おうと思ったのです。

何度か水に浸けて泥を落とし、いい香りのする洗剤で洗うと
手袋はふわふわになりました。
手作りでないことは、見てはっきりとわかりましたが
こんなにかわいい手袋です。持ち主もきっとがっかりしているだろうな。
畑のそばのどこかの掲示板に貼り付けたら持ち主が気が付いてくれるかな…

どうしようかな…
何気なく手袋の中を見てみると、なんと少し奥まったところからネームラベルが出てきました!

f0330072_054016.jpg


名前と苗字と電話番号まで書いてあります!!
マテオくんの手袋だ!
まさか、こんなにしっかりと持ち主のことがわかるとは思いませんでした。
それだけ大事にしていた手袋だったんだな。

そして、このネームラベルのおかげでマテオ君の家がどこにあるかがわかり
この手袋は、小さな封筒に入ってマテオ君の手元に戻っていったのでありました。
この手袋のことを思い出すと、目を星のように輝かせているマテオ君の姿が見えるようなな気がします。^^


f0330072_112163.jpg


下のマレの上には、気の弱そうな太陽が寒そうにしています。

f0330072_1123919.jpg


洪水の水が引いた畑の土は黒々としていました。

f0330072_1131549.jpg


小さな川の水はまだはみ出し気味です。

f0330072_1134450.jpg


溢れているところもあります。

f0330072_114918.jpg


ネコヤナギの銀色はとても美しいな。

f0330072_1144129.jpg


土手の上には、穏やかで大きな波のような雲

f0330072_1151364.jpg


お日さま、もう少し元気を出してくださいな。

f0330072_115448.jpg


そうしないと、マレの土や木々も元気が出ません・・・

f0330072_1161331.jpg


かっちゃんだけはやる気満々ですけれどね。

f0330072_1164422.jpg


「明日は大きな太陽に会えるかな?」U^I^U*

f0330072_1171992.jpg


曇り空の下の街では、木瓜がいつになくはっきりと咲いていました。^^

[PR]

by echaloterre | 2016-02-27 23:42 | 日常の特別
2016年 02月 13日

風に背中を押されて7年


f0330072_132238.jpg


いつの間にか、手術の日から7年が経ちました。
7年経ったとは思えないので、7年も経ったんだなという感慨は
少しずつお腹の底から湧いてきているところです。

南仏で療養していた時期も、その後も、今も
さまざまな形でたくさんの友人に助けられていることを思うと
7年の宝物は、とても大きなものに見えます。

友人たちが送ってくれた猿が浮き出たお懐紙と葉っぱの形のチョコレート。
元気の素をいただいて、またずんずんと前へ進みましょう。

2年前も雹が降る嵐の日だった13日、今日も嵐です。

強い風が吹いて春がやってくる。
風に背中を押されて、たまにぐーんと前進、普段は、一歩一歩楽しく前進♪

カシューも、治療の旅等によく付き合ってくれました。
一緒にまた元気に歩いていこうね。U^I^U*


f0330072_1435157.jpg

[PR]

by echaloterre | 2016-02-13 22:28 | 書いておきたいこと・健康