フランス Bons vivants idées partout

cccahou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:recette レシピ ( 4 ) タグの人気記事


2016年 02月 22日

春のキャロットロールケーキ


f0330072_047323.jpg


春が近づくとなぜかオレンジ色のもの、
ニンジンやオレンジ…etc をたくさん食べたくなるのです!

そこで、ニンジンケーキの登場ですが、いつもはパウンドケーキにするところを
今回はロールケーキで食べましょう!と巻いてみましたが
ご覧の通り、素朴な見た目になりました。^^

ふわっとおいしいこのケーキ、春を呼び寄せる力がありそうです。ぜひお試しください♪

<材料>

卵 4個
砂糖 100g
小麦粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
すり下ろしたニンジン 2本分
しょうが 小さじ1
ナツメグ 小さじ1/4
シナモン 小さじ1
塩 一つまみ

マスカルポーネ 1パック(250g)
砂糖 大さじ4

<作り方>

1、オーブンを180℃に予熱する。
2、卵黄と卵白を分け、卵黄の中に砂糖を入れ、もったりと白っぽくなる前混ぜる。
3、すりおろしたニンジンを加える。
4、生姜、シナモン、ナツメグも入れ混ぜる。(私は生姜パウダーを使いました)
5、更にふるっておいた小麦粉、ベーキングパウダーも加えて混ぜる。
6、卵白に塩を加えて角が経つまで泡立て、少しずつ生地に混ぜていく。
7、天板の上にクッキングシートを敷き、生地を流し入れる。
8、180℃のオーブンで12分焼く。(オーブンにより時間調節してください)
9、湿らせた布巾の上に焼きあがった生地をひっくり返す。
10、クッキングシートを取り除き、生地を冷ます。
11、マスカルポーネに砂糖大さじ4を加えて、クリーム状になるまで混ぜる。
12、生地の上に均一に薄くマスカルポーネクリームを広げる。
13、生地を巻く。
14、端を切り落としてできあがり。

りんご姫のロールケーキのように素朴な見た目
(はっきり言えば生地が割れてるってことですねw)にならないようにするためには、
コツがあるようですね。→

f0330072_0473515.jpg


ウサギたちも跳ね回るおいしいキャロットロールケーキ、
ニンジンが大好きなかっちゃんも端っこをもらって大喜びでありました。


f0330072_137439.jpg


家ではケーキから春がやってきましたが
外では、足元の花たちが春を告げ始めました。
ヒメオドリコソウの小さいピンクの花たち、会うのは久しぶりね。

f0330072_1392416.jpg


明日はまた一日雨のようですが、その後は太陽がのぞくようになるらしいので
下のマレの洪水も落ち着いていくでしょう。

f0330072_1402537.jpg


今日の風は生温かく、重いコートをそろそろ脱ぎたいなと思う日

f0330072_1412327.jpg


時折小雨が降っていますが、畑の手入れに来ている人たちもいました。

f0330072_1421785.jpg


手の入ってない荒れてる島も、マレの野性的な面を見せてくれてそれはそれでいいのです。

f0330072_1432215.jpg


水を飲んでいたかっちゃんが、ムムっと首をかしげたのは、ネズミちゃんの匂いがしたからかもしれません。

f0330072_14498.jpg


お向かいさんのミモザは、いよいよ花が大きく開いて頭が重くなり、思いっきりお辞儀をしています。

f0330072_14457100.jpg


「キャロットケーキ、また作ってくださいね♪」 U^I^U*

[PR]

by echaloterre | 2016-02-22 23:45 | 日常の特別
2014年 10月 31日

Far breton ファーブルトンのレシピ


f0330072_2513786.jpg


Far breton ファーブルトンは、冷めても冷やしてもおいしいプルーン入りのフランです。
フランスの家庭の味、簡単おやつにどうぞ♪

材料 

プルーン 250g
* 濃い紅茶 300cc プルーンが硬い場合、紅茶に浸して柔らかくします。柔らかいプルーンであれば必要ありません。

小麦粉 250g
卵 4個
砂糖 100g (私は甘さ控えめで、80gぐらい)
牛乳 400cc
ブランデー等の蒸留酒 大匙1杯程度 (量はお好みで。私は自家製さくらんぼ酒を入れます。)
バター 40g (型にたっぷり塗るため + 上に散らす分)
塩 ひとつまみ


作り方

* プルーンが硬い場合は、紅茶に8時間ほど浸す。

1. オーブンを200℃で余熱。
2. 小麦粉と卵、お砂糖、お塩、牛乳を混ぜ、滑らかな生地にする。
3. 蒸留酒を加える。
4. プルーンを紅茶に浸した場合は、プルーンを取り出して水分を切る。
5. 大き目のグラタン皿にたっぷりとバターを塗る。
6. プルーンを5のお皿の上に並べて、生地を流し込む。
7. その上にところどころ、小さく切ったバターを乗せる。
8. オーブンに入れ15分間焼く。
9. オーブンの温度を170度に落として30分~40分焼く。
10. 焼き上がりはぷわーと膨らんで、オーブンから出してしばらくするとしゅーっと萎みます。

f0330072_2542993.jpg

奥の方には、ちょっとカシスも入れてみたら・・・もちろん、おいしい!

召し上がれ♪
オーブンに入れるとき「いってらっしゃーい」って声をかけると、必ずおいしく焼けます。^^*

クラフティに似ていますが、小麦粉の量がクラフティより多いので硬く焼きあがり、持ち運びに便利です。


f0330072_37250.jpg


「 あたしも、大好き!」 ^^
[PR]

by echaloterre | 2014-10-31 23:58 | 日常の特別
2014年 08月 03日

ミラベルのタルト


f0330072_2056325.jpg


ミラベルの収穫が続いています。
今年のミラベルで最初に作ったのは、タルト!
アーモンドともよくあって、おいしいったらありゃしない。^^

f0330072_210071.jpg


次回は、木を揺さぶって実を落として収穫する作戦実行かな。
かっちゃーん、応援頼みますよ~。


青いプラムのレーヌクロードの収穫も始まって

f0330072_21036100.jpg


キッチンには甘い香りがいっぱい。

f0330072_2113238.jpg



そんなキッチンにいる私たちを、姫りんごは雨の中で少し色づきながら見ているね。

f0330072_2122316.jpg


今年は秋が早くやってくるかな。

f0330072_2125011.jpg



f0330072_2132728.jpg


「あたしは、夏も秋も変わらず元気に走り回ります♪」 ^^


*写真のミラベルのタルトのレシピ

材料

ブリゼ生地 タルト型1つ分 (私はできあいのものを使ってます。手作りされる方、どうぞおいしい生地を作ってくださいね)
ミラベル 種を取り除いたもの750g
バター  50g
砂糖  100g
卵     1個

作り方

生地をタルト型に敷き、フォークで少し穴を開けておく。
ミラベルを並べる。
弱火でバターと砂糖を溶かす。
火からはずして溶き卵を加える、ミラベルの上へ注ぐ。
170度のオーブンで35~45分焼く。

あ~、なんて簡単なんでしょう♪

これはフランスのレシピサイトに載っていたレシピですが
このレシピの後に作ってみた感想などのコメントがいろいろ載っていて
お砂糖を50gにしたとか
バターを75gにしてお砂糖も75gにしたなど
好みに合わせて分量を変えて、それぞれおいしくできたと書いてありましたよ。
私もお砂糖はレシピより少なめ、バターも少なめにしました。
[PR]

by echaloterre | 2014-08-03 21:13 | 日常の特別
2014年 06月 27日

Tôt-fait aux abricots アプリコットのト・フェ のレシピ


f0330072_6285093.jpg


Tôt-fait ト・フェ は、素早くできる!という意味で、そのとおり簡単でさっとできておいしいのです。
ぜひ、いろんな果物で作ってみてくださいね。


材料 22cmのマンケ型 (パイ皿や深めの丸い耐熱皿でも大丈夫!)だいたい4人分

バター(型に塗る用)   15g
卵             3個
砂糖          100g (私はたいてい80gくらいで作ります。果物の甘さによって調節するといいと思います。)
小麦粉       大匙4杯
牛乳          400cc
キルシュ      大匙1杯 (量はお好みで。私は自家製さくらんぼ酒を入れます♪ 入れなくてもok!)
アプリコット      400g


作り方

1 オーブンを180度で余熱する。型にバターを塗っておく。

2 卵をオムレツを作る要領で泡立て、砂糖を加えさらに素早く泡立てる。小麦粉、牛乳、そして最後にキルシュを加える。

3 2をバターを塗った型に流し込む。だまができないように濾しながら流し込むとよい。

4 アプリコットを洗って、布巾などで水気をとる。二つに切って、種を取り除くき、3の上に並べる。

5 オーブンで30分焼く。


少し冷めた状態でも、冷蔵庫で冷たくしてもおいしいです。
切り分けなくてもすむように、小さいココット型で作るのも楽しいですね~。

さくらんぼやりんご、プラム、ベリー類でも作ってみてくださいね。
洋ナシでも作ったことがありますが、優しい味でおいしかったです。
さくらんぼを入れる場合は、種をとらないのが伝統的で、その方がおいしくできます。

f0330072_7191045.jpg


次はなんの果物で作ろうかな~
カシスをたっぷり入れてみようかな。 ^^


フランス語でもレシピを書いておきますね。上の日本語とは少々違ってるところがありますが
レシピは、フランス語の学習にとっても役に立つのであります!お勉強中の方、ぜひ活用してくださいませ♪


Ingrédients

15g de beurre
3 oeufs
100g de sucre
4 cuil.à soupe de farine
40cl de lait
1 petit verre de kirsch
400g d'abricots

Préparation : 20 minutes
Cuisson : 30 minutes
Pour 4 personnes


Faites chauffer le four à 180℃. Enduisez de beurre un moule à manqué de 22cm de diamètre.

Cassez les oeufs dans une terrine et battez-les en omelette. Ajoutez le sucre et battez vivement, puis incorporez la farine, le lait et, pour finir, le kirsch.

Versez la préparation dans le moule beurré, en la filtrant éventuellement à travers une passoire pour éliminer les grumeaux.

Lavez les abricots, essuyez-les, fendez-les en deux, dénoyautez-les et disposez-les sur la pâte.

Faites cuire 30min au four.
Servez tiède ou froid, dans le plat de cuisson.


f0330072_736217.jpg


道端のブラックベリーももうすぐ黒くなっていきます。 ^^
[PR]

by echaloterre | 2014-06-27 07:37 | 日常の特別